★★★☆☆

【特別投稿】PlayStation 5体験記 ~家庭用ゲーム機への思い

投稿日:

  • 基本的に性能の上がったPS4
  • 絶対的な専用コンテンツ不足
  • でかい、そして、変わらない
  • おススメ度:★★★☆☆

この40年、ゲーム機は私にとって科学技術の進歩、素晴らしい未来と同義であった。今の幼児がiPadをオモチャにするように、私は幼少期にモノクロ液晶の電卓やLEDのみのハンディゲーム機で遊んでいた。1980年に発売されたゲームウォッチよりさらに前の話である。その後、ファミリーコンピュータという大革命が起こり、現在のNintendo switch、MicrosoftのXbox Series S/X、PlayStation5(以下PS5)へと家庭用ゲーム機の歴史はしぶとく連綿と続いている。

そして私は普段のツキの無さからは考えられないことに、2週間前、抽選販売でPS5を手に入れた。それから、毎日ではないが遊んでいる。

しかし、そこには10年ぐらい前から感じている停滞感が濃厚に漂っていた。進歩はあるが、素晴らしい未来とは到底断言できない。

その原因はソフトラインナップにある。実はPS5はPS4と下位互換系があり、ほとんどのPS4のゲームが遊べる。そのため、ローンチ(発売日)に発売されたPS5完全独占の新作は

Demon’s Souls(デモンズソウル リメイク)【独占】
リビッツ!ビッグ・アドベンチャー【独占】
スパイダーマン:マイルズ・モラレス

の3本のみ。「Demon’s souls」はPS3(!)のソフトのリメイクであり、実質2本のみが完全新作と言える。しかし、衰退した日本市場はターゲットにされておらず(いいゲームかも知れないが)洋ゲーアクション2本のみという寂しさ。ちなみに3Dマリオもどきの技術デモ的なアクションゲーム「アストロプレイルーム」がプリインストールされているので、コントローラーの新しい触感機能などはこれで試せる。

もちろん、そこはSONYもその弱点を把握しており、年5000円程度のサブスク(PlayStation Plus )に入るとPS4時代を代表する20本程度の名作がダウンロードできる。FF、バイオハザード、モンハン、ブラッドボーン、ラスアスまで揃っている。しかも、手持ちのPS4のゲームやデータを移行できるので、PS4からの乗り換えに最適。(ただ、世界標準に合わせて決定ボタンとキャンセルボタンが入れ替わったので、これは混乱する改悪。キーコンフィグはぜひ欲しい)。

私はPS4用ソフト「仁王2」を移行して遊んでいるが、ゲーム画面だけ見ていると、当たり前だがPS4と何ら変わらず、本当にPS5を遊んでいるのか分からなくなる。PS4も自分でSSDに換装したので、PS5自慢のロードの速さもあまり変わらない。

とは言え、スペック的には15〜20万のゲーミングPCと同等程度の性能を誇っており、コストパフォーマンスは異常に高い。それは分かるので、買ったのだが……。

かつて任天堂の山内社長は「ハードはやりたいソフトを遊ぶためにむりやり買うもの」という旨の発言をしていた。

果たして、いまPS5を買う必要はあるのだろうか?

個人的には「ある」が、ソシャゲ世代のゲーマーには余り刺さらないのでは無いか。私は逆に課金やガチャという「公式チートを買う」「ゲームではなく射幸心にフォーカスする」ソシャゲとの相性が悪い。それにやはりゲームにはコントローラーが必要だ。

そういう訳で、転売目的やディープな家庭用ゲーム機ファンの需要が一巡すれば、品薄は意外に早く解消されるだろう。キラーと呼べるソフトが登場すれば別だが、今のところ、お抱えソフトハウス以外のメーカーは製作費の回収の為に、大作ソフトほど、PCも含め、複数のプラットフォームで展開するしか無くなっている。かつて提起されていたグラフィック機能の向上=製作費の高騰問題があるからだ。だからと言ってSwitchレベルのグラフィックスで打ち止めというのも寂しいが、ゲームの本質はやはり革新的なアイデアやシステムで、グラフィックスは必須では無い(マイクラやテトリス、マリカーが未だに現役でいられるのがそれを示している)。

ただ、これで本格的にVRを動かせるパワーは備わったと思っているので、そっち方面に伸び代があるのではないか。

それでも私は新しいゲーム機=新しい未来だと信じている。そんな私に今まで、見たことのないものを見せてくれ。まだまだいけるはずだ。

(以下、PS5雑感)
・Amazonでは品薄すぎて、リンクが張れなかった。平日の午前中とかに入荷しているらしいが…遭遇出来たらかなりのラッキーマン。
AmazonのPlayStation5専用コーナー(商売抜き。ここから売れてもインセンティブは入ってこない。
・本体でかい。でも、ちゃんと横置きにも対応している。
・決定キーがソフトによって違う。ちがーう!
・スリープモード(レストモード)に入りにくくなってしまった。
・上記の通り、感覚的にはでかいPS4なので、あまり感想がない…。


-★★★☆☆
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

クマにあったらどうするか: アイヌ民族最後の狩人 姉崎等(姉崎等(語り)/片山龍峯(文))

熊ハンターへのインタビュー 日本における熊の生活・生態が良くわかる 重複が目立つところも オススメ度:★★★☆☆ アイヌ民族最後という凄腕熊ハンターと対談形式で語られる「熊」の実態。手に取った動機は単 …

海の底(有川浩/角川文庫)~あらすじとそれに関する軽いネタバレ、感想

SFパニックエンターテイメント小説 男の友情、というかそっち系 残酷描写あり。軽い読書向き。 おススメ度:★★★☆☆ 今回はSFで現代を舞台にしたモンスター・パニック系の小説を紹介。随分有名なので、ご …

第三の女(夏樹静子/集英社文庫)~あらすじとそれに関する軽いネタバレ、感想

交換殺人がテーマのミステリ ホラー要素と呼べるものは無し 実態はラブストーリー おススメ度:★★★☆☆ アガサ・クリスティーにもひらがなで読むと同名の本があり、内容を見る限り、「自分が誰を殺したのか分 …

ずうのめ人形(澤村 伊智/角川ホラー文庫)ネタバレなし~ありまで

呪いと都市伝説がテーマ 二つの物語が交錯する サスペンスとしては面白い おススメ度:★★★☆☆ 「ぼぎわんが、来る」の著者のデビュー2作目。前作は自分でも内容を忘れていたので、概要を確認したが、何とな …

TENGU (祥伝社文/柴田 哲孝) ~あらすじ・レビュー

「天狗」をテーマにした大真面目なサスペンス・推理系小説 超常現象には極力頼らず、合理的結論が用意されている 社会情勢などの時事ネタ要素もあり。文章は読みやすい おススメ度:★★★☆☆ インパクト抜群の …

アーカイブ