★★★★★

あしたのジョー 〜力石戦まで(梶原一騎・原作/ちばてつや・画/講談社)

投稿日:

  • 孤独な男の不屈の闘志
  • 前半はややスローな展開
  • ジョーと力石の魂の交流に感動
  • オススメ度:★★★★★

(あらまし)私以上のお年の読者の方には説明不要と思うが、天涯孤独の流れ者、不良少年ジョーが汚いドヤ街で、夢破れた元ボクサーの丹下段平と出会い、やがてボクシングにのめり込む。20巻の復刻版だとちょうど8巻の辺りで、「力石編(原作では第1部と表記)」が終わる。物語の触りはむしろジョーの悪党ぶりに辟易するし、少年院編も後の展開よりは退屈だ。だが、実際にジョーがプロデビューした辺りから物語は急加速する。

とにかく、ジョーは肉体的には決して打たれ強くないので、本当によくダウンする。その度に丹下段平を始め「立て!」と絶叫する。そしてジョーは薄笑いを浮かべながら懸命に立ち上がる。彼は戦いをやめない。酷い目にもあう。しかし、自分を信じ、孤独を押さえ込み、ひたすらに立ち上がって戦うのだ。

思えばその単純な繰り返しなのだが、余りにも何も持っていないジョーと丹下段平が、ボクシングを通じて、何かを得つつ、そして何故か更に不幸に陥っていく。まるで悪魔に魅入られたよう。ジョーに思いを寄せる少女も現れるが、力石編ではそれすらも歯牙にもかけない。

立て! そして、戦え!

全ての男に響くこの力強いメッセージ。俺たちはリングを会社に変え、今日も血みどろの戦いを演じている。血と汗にまみれ、全身ボロボロになっても拳を振るうことしかできない……血反吐を吐いても死ぬまで立ち上がるしかないと、ジョーは語りかけてくる。

それが結実するのが力石との戦い。結果は明白な事実だが、もし小学生が読んでいたら可哀想なので書かない。このシーンはぜひ、予備知識無しに読むべきだ。

そして、ジョーは力石の正体を知る。それは唯一の魂の友だったのだ。ヌルい毎日を生きていては分からない究極の到達点。しかし、同時に背負わされる十字架。ここで完結しても構わないほどの出色の出来だ。本当によくできている。
ちなみに、ちばてつやの描く女性はカワイイ。葉子も紀子も、魅力的だ。

未読の方は少ないと思うが、名作の名に恥じない繊細かつダイナミックな物語をぜひ。ホラー要素としては、その辺のスプラッター漫画より強烈な肉体的ダメージの様子が流麗なタッチで描かれる。

蛇足・ボクシング漫画もそれなりに読んだが、これに匹敵する感動を得られるのは「はじめの一歩」が日本チャンピオンになるまでだ。その後は色々あるのだが……「リングにかけろ」や「太郎」「1ポンドの福音」はそこまでではなかった。良ければそちらもどうぞ。ジョーよりずっと明るい作風だ。

(きうら)


kobo

-★★★★★
-, , , ,

執筆者:

関連記事

模倣犯 (宮部みゆき/新潮文庫)

圧倒的な「読ませる力」を持った小説 連続誘拐事件をテーマにした宮部みゆき最大級の力作 深遠なテーマと深い感動を保証する おススメ度:★★★★★ 「なんだこれは?」と、第1部の途中で感じた。「これはヤバ …

ザ・スタンド(5) (スティーヴン・キング/文春文庫) ~あらすじとおススメ度

大長編パンデミック系ホラーの完結編 善と悪が交錯するダイナミックな展開 不思議な後味と感動 おススメ度:★★★★★ 第5巻は、強力なインフルエンザ・ウイルス<スーパーフルー>が実験施設から漏洩したこと …

茄子 スーツケースの渡り鳥(黒田硫黄:原作/高坂希太郎:監督) ~無限の住人との比較・感想

茄子 アンダルシアの夏の続編映画 原作の良さをさらに伸長 経済と芸術について深く考えさせられる おススメ度:★★★★✩ 前日の「映画 無限の住人」について、改めて思い返してみたが、やはり、三池監督(あ …

わしらは怪しい探険隊 (椎名誠/角川文庫)~お正月限定企画「怖くない」本(きうら)

離れ小島での男だけのキャンプ・エッセイ 「昭和軽薄体」と称された椎名誠の文章技術の真骨頂 笑いとスリルと優しい感動も味わえる おススメ度:★★★★★ 昨年、本サイトをご覧頂いた方もそうでない方も、この …

海豹島(久生十蘭/ゴマブックスor青空文庫) ~あらすじメイン・一部ネタバレあり

絶海の孤島での、ミステリ的挿話。 読みやすい文章。 かなしげなラスト。 おススメ度:★★★★★ 舞台は、「樺太の東海岸、オホーツク海にうかぶ絶海の孤島」である「海豹島」。時は大正元年三月、「樺太庁農林 …

アーカイブ