★★★☆☆

とにかくうちに帰ります(津村記久子/新潮文庫)

投稿日:2017年9月29日 更新日:

  • (小さな)職場という狭い範囲での出来事。
  • あるフィギュア選手をめぐる話。
  • 豪雨の中で必死に歩く姿が、人生の謂を思わせる。
  • おススメ度:★★★☆☆

『職場の作法』……「私」こと、「鳥飼」の視点から職場の人間関係を描いた、短編連作。私は一見他人の行動を観察するだけかと思いきや、「ブラックホール」という話では、ある混乱から自らその関係の網の中に入り込んでしまいます。規模の大きくない職場なので、同僚たちの細かいマイルールや、ちょっとした嫌悪感といった、(ある意味)身近に感じられる出来事の数々です。最後の「小規模なパンデミック」というインフルエンザの蔓延を題材にした話は、その内容を考えるとあぶないものです。さらにいうと、「私」はインフルエンザと推測するだけで、体調不良の人に詳しく病名を聞くわけではないのがおそろしいところです。そういうラフさがこの一編にはあります。

『バリローチェのファン・カルロス・モリーナ』……ふと見かけたフィギュア選手に関心を持った「私」の話。職場の「浄之内」さんは、自分が関心を持ったスポーツ選手は必ずダメになるという、何らかの「厄」がつくといいます。私はその選手のことを「浄乃内」さんに話さないでおこうとするのですが……。津村作品にはスポーツ選手に関する話がよくありますが、だいたいはその人のパーソナルなこととか、(プレイとは関係のない)周辺情報からふくらました妄想などが描かれて面白いです。

『とにかくうちに帰ります』……大雨のため交通機関(バス等)に乗れなくなってしまい、「洲(埋立地)」にとり残される形になってしまった人たちが何とかして帰宅しようとする話。主に、三人の大人と一人の子供(この子供がこまっしゃくれていて面白い)とが、「本土」にたどり着こうと橋を目指して、協力しあいながら徒行するさまを描いています。彼らは雨に濡れながら、家にたどり着いた時の日常の光景をまるで「奇蹟」だと思います。この感覚はよく分かります。私も大雨の中歩いている時には、この苦難・苦行の果てにあるはずの明るい部屋には、汗を流すためのシャワー、自分を待つ人々、まるで《ネクタル》のごときビール、バカバカしいテレビのアホっぽい笑い声などが待っていると思い込んだものです。ちょっとした苦難の最中にふと浮かぶ何気ない日常が遠い空想のように思えてくることはあるでしょう。

(成城比丘太郎)


-★★★☆☆
-,

執筆者:

関連記事

ヒロシマの人々の物語(ジョルジュ・バタイユ[著]・酒井健[訳]/景文館書店)~概要と感想

バタイユの「ヒロシマ」論。 ナガサキにも通じるものがある。 後半はバタイユの思想についてさかれている。 おススメ度:★★★☆☆ 本書は、バタイユが、ハーシーのルポルタージュ『ヒロシマ』(1946年)を …

眼の壁 (松本清張/新潮文庫) ~あらすじとそれに関する軽いネタバレ、感想

手形詐欺の真相を探る社会派エンターテイメント小説 流麗な文章できわめて読みやすい ちょっと強引なトリックと時代性のギャップを感じる おススメ度:★★★☆☆ もはや説明の必要のないくらい「砂の器」「点と …

翳りゆく夏(赤井三尋/講談社) ~概要と感想、おススメ点など

20年前の誘拐事件の謎を追う 錯綜する人間関係をスピーディに 意外性と引き替えに、ラストにも疑問も おススメ度:★★★✩✩ (あらすじ)「誘拐犯の娘が新聞社の記者に内定」という「事件」をきっかけに、2 …

放送禁止(長江俊和/角川ホラー文庫)

放送禁止のドキュメンタリーのレポートという形式 もともとがフェイク・ドキュメンタリー どちらかというと意味が分かると怖い話 おススメ度:★★★☆☆ 発行されたのが10年以上前だが、あまりそんなことは感 …

エデン郡物語(ジョイス・キャロル・オーツ、中村一夫〔訳〕/文化書房博文社)~読書メモ(42)

(Amazonに画像無) 読書メモ(042) 「ジョイス・キャロル・オーツ初期短編選集」 「北部のフォークナー」 おススメ度:★★★☆☆ 去年ようやくレムの『エデン』を読んで、そのことを調べているとき …

アーカイブ