★★★☆☆

もちもちの木(斎藤隆介 (著)/‎ 滝平二郎(イラスト) /創作絵本6) ~怖いけど怪談じゃなかった

投稿日:2018年3月1日 更新日:

  • 心温まる話と知って驚愕した
  • 小学生時代のトラウマ絵本
  • 今ならわかる、分かるが。
  • おススメ度:★★★☆☆

この作品は私の小学生時代のトラウマ作品で、表紙の画像を見るだけで、無意識に恐怖がこみ上げてくるという状態だ。そんなわけで、つい先ほどまで、私はずっとこれはホラー童話だと思っていた(笑)。あらすじを読んで驚愕した。ただのいい話なのである。と、すれば私はあの切り絵のもつ異様な画風に恐怖を感じていたというのだろうか。

今調べてみると、娘(小三)の教科書にもしっかり収録されていた。教科書の転載はコードに触れるかどうかどうか分からないが、一応雰囲気だけ。

あらすじも驚くほど簡単で、爺様と暮らす豆太は気が小さく、夜に見る家の外のでかい木(もちもちの木)が怖い。ある日、爺様が病気になり、医者を呼びに行くために勇気を振り絞って夜にもちもちの木を通り過ぎる。そして帰ってくると、もちもちの木に明かりがともっていて(山の神様の祭り)美しい光景を見る。が、豆太の気は小さいままであった。

という、シンプルな内容で、どちらかというと少年のやさしさと成長を描く「いい話」でホラー要素が全くない。しかし、何度も言うが、滝平二郎のイラストが怖かったのだろう。

ここで振り返ってみると、おそらく私は、同時期にテレビで放送されていた「まんが日本昔ばなし」と混同しているのではないかと思えてきた。昔ばなしは自由な画風だったため、こういう切り絵風の回も度々あった。

細い細い記憶をたどっていくと、おそらく私は「キジも鳴かずば」という昔ばなしのアニメと混同している。こちらの話は、川が毎年氾濫する村に弥平とお千代という親子がいた。ある時、お千代が病気になるが貧乏で医者も呼べない。これを見た父親は娘がおはぎを食べたいというのを聞いて、盗みを働きおはぎを作る。それを食べた娘は回復するが、そのことを手まり歌で「あずきまんまたべた」と歌ってしまう。これが村人にばれて弥平は結局人柱として殺されてしまう。川の氾濫は治まるが、長じたお千代は「キジも鳴かずば」という落ちになる。

この病気というキーワードを通じて、もちもちの木のイラストレーションと「キジも鳴かずば」のエピソードが脳内結合し、結果として、ホラーとして記憶されていたのだろう。因みにどちらも含蓄のある話なので、大人が読んでも面白いと思う。

よくよく考えてみるとガチンコホラーが教科書に載っている訳はなく、初めから間違っていたことになるが長年の疑問が氷解した。一人探偵ナイトスクープのような展開になってしまったが、一番の驚きは「もちもちの木」が30幾余年を経ても読まれ続けていることだった。そして、子どもの記憶というのは長く残るもの。いま、小さい人たちは、自分たちが思っている以上に学習に向いた体質だということを自覚して、勉強してほしい。今は、何でも覚えるのが大変だ。

(きうら)


-★★★☆☆
-,

執筆者:

関連記事

オペラ座の怪人(ガストン・ルルー、平岡敦〔訳〕/光文社古典新訳文庫)

リのオペラ座を舞台にした憎しみと愛の劇 怪人の境遇に同情できるか 恐怖譚の中にひそむ滑稽さ おススメ度:★★★☆☆ 【簡単なあらすじ】 オペラ座に怪人(ファントム)が出没するという目撃情報が流れだした …

地下鉄道(コルソン・ホワイトヘッド、谷崎由依〔訳〕/早川書房)

黒人少女コーラが奴隷のくびきから「逃げる」 逃亡奴隷を追う奴隷狩り人の執拗さと凶悪さ 19世紀アメリカ南部にはびこる奴隷制を、虚実をまじえて描く おススメ度:★★★☆☆ 【あらすじ】 ジョージアのとあ …

首ざぶとん (朱雀門 出/角川ホラー文庫)

妖怪(?)連作短編小説集 推理もののようなファンタジーのような テーマは「迷い込む」余り怖くはない おススメ度:★★★☆☆ 出だしは本格的な怪奇小説っぽいのだが、途中から「怪異があることが前提の話」と …

夜の夢見の川(中村融・編/創元推理文庫) ~あらましと感想、軽いネタバレ

12編の「奇妙な物語」。 ホラー要素もあるが、どこかとらえどころのない話。 翻訳ものに向かない人には、あわないかも。 おススメ度:★★★☆☆ 『麻酔』(クリストファー・ファウラー)…歯科治療にきた「サ …

怪書探訪(古書山たかし/東洋経済新報社)

古書蒐集に心血を注ぐ著者によるオモシロ話 古本が取り結ぶ縁ですね 探偵小説とクラシック音楽と おススメ度:★★★☆☆ タイトルの『怪書探訪』とは一体どういう意味なのだろうか。字面だけから判断すると、「 …

アーカイブ