★★★★☆

アカギ 〜闇に降り立った天才〜 [1-36巻](福本伸行/竹書房)

投稿日:2020年7月20日 更新日:

完結したらどこかで感想を書こうと思っていたら、2020年になってしまった。本作「アカギ」は、大体の方がご存じの通り「カイジ」などで有名な福本伸行の麻雀漫画である。連載は1992に始まり、2018年に終わっている。26年に及ぶ長期連載ギャンブル漫画であるが、構成が極端に偏っていることでも有名だ。

アカギという男は、著者の別の漫画(天 天和通りの快男児)に出てくる「伝説の麻雀打ちの老人」であり、この作品はスピンオフという位置づけ。人気があったので、少年時代~青年時代が描かれているが、通常の麻雀漫画の「テンポ」として進行するのは6巻までで、7巻からラストまでは、いわゆる「鷲巣麻雀編」として知られるとてつもなく長い半荘(6局)が描かれている。

「鷲巣麻雀編」は負けたらアカギの血液を抜かれるというルールで50億円以上をかけた狂ったギャンブルだが、とにかく長い。一打打つのに1巻費やすなんてざらで、後半は敵である鷲巣が地獄で革命を起こしすなど、訳が分からない部分も多い。その過剰とも言える心理描写が肝で、それゆえ、勝負を決した時の快感はすごいが、リアルタイムで読むのは非常につらい作品とはいえる。とはいえ、完結してくれたのはうれしい。うれしいと思いつつ、22巻でストップし、10年以上放置して、結局今日まで読まず、一気読みしたという次第である。

ただ、1~6巻だけとってみれば、まぎれもなく傑作麻雀漫画で、とにかくアカギが恰好いい。その無頼ぶりは、男であれば一度はあこがれる天性の勝負師として描かれている。展開もスリリングで、当時人気が爆発したのもよくわかる気がする。

しかし、このテンポのいい展開が「鷲巣編」で急にストップし、とにかく、20年にわたって一つの勝負を続けるという、一種異様な展開をする漫画である。竜頭蛇尾という言葉があるが竜頭のまま、しっぽがとんでもなく長いような漫画になっている。

麻雀漫画の醍醐味は意外な勝負の行方とそのロジカルな思考、そして運が絡み合う展開だと思う。鷲巣麻雀も最初はそういう展開だが、徐々に心理描写が増えていき、ほとんど、禅問答のようなシーンが繰り返されることも多い。最後はロジックも消え、運だの天命だの、そんな話に流れていく。それゆえ、私は一度、脱落してしまったのだ。

改めて一気読みしてみると分かるが、ちゃんと起伏はあるのである。ただ、これだけ長い期間にわたると、もう少し圧縮できたのではないかとは思ってしまう。「鷲巣の地獄編」などは、蛇足だと思うが、作者も乗ってきて歯止めが聞かなかったのだろう。

この漫画では、ギャンブルの持つ怖さも十分に味わうことができる。ただ、全巻を読み通すと、それ以上に奇妙な感慨がある。結局、生きるとはギャンブルではないか、という、作者の哲学のようなものを感じることができるだろう。それについては特別な人生観ではないし、概ね共感できるので、私は満足している。

こうして積み上げてみるとなかなか愉快だ。20年間、ずっと同じ対戦相手と戦ってきた物語である。最後、敵である鷲巣がアカギを失うことに涙するシーンがあるが、なるほど、その歳月の積み重ねを思うと、そういう境地に至るのもわかる気がする。このわかる気がするという点が重要で、それがつまりこの漫画の面白さなのだ。

個人的には6巻で読むのをやめても十分楽しめると思っている。もちろん全館通して「死ねば助かるのに」「狂気の沙汰ほど面白い」など、この漫画でしか聞けない名台詞に酔いしれるもいい。

胡乱な話になるが、結局、生きているということはこういう作品を最後まで読めた、ということであるのかも知れない。そして、その作品で得た「明日はどうとでも変わりうる」という感想こそ、私が得た重要なものだろう。ま、ホラーでないのは申し訳ないが、広義のホラーっぽいシーンは随所に出てくるのも確か。ギャンブルは怖いね。

(きうら)


-★★★★☆
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

巷説百物語(京極夏彦/角川文庫)~あらましと感想、軽いネタバレ

人工怪談とでも言うべき怪奇短編集 江戸の世を舞台に悪人を非合法(妖怪的?)に罰する 著者の博識ぶりが発揮されているが、衒学的に過ぎず読みやすい おススメ度:★★★★☆ 著者の京極夏彦氏の著作は本サイト …

見えるもの見えざるもの(E・F・ベンスン、山田蘭〔訳〕/ナイトランド叢書)

科学者(や学者然とした者たち)の分析がおもしろい 降霊会や、幽霊や、雪男(怪物)や、吸血鬼など様々な題材 死ぬことがそれほど怖くないと錯覚できるホラー おススメ度:★★★★☆ この前『塔の中の部屋』を …

下妻物語(嶽本野ばら/小学館)〜あらすじと軽いネタバレ、感想

ど田舎のロリータとヤンキーの友情 露悪的でユーモア満載 残酷さを笑いに昇華 オススメ度:★★★★☆ (あらすじ)ロリータファッションに魅力された高校二年生の桃子はダメ親父の失敗のせいで茨城県の下妻の祖 …

うなぎ鬼(高田侑/角川ホラー文庫)

裏社会系正統派(?)エログロホラー 本当にあった「ヤバい話」風でもあり、都市伝説風でもあり 最後、微妙に狙いがズレた気がするが…… おススメ度:★★★★☆ 過激なものから、純文学まで振れ幅が激しくなっ …

『ネクロノミコン』の物語(H・P・ラヴクラフト、森瀬繚〔訳〕/星海社)~読書メモ(40)

読書メモ(040) 「新訳クトゥルー神話コレクション・2」 超ベタなゴシックホラーとして読める おススメ度:★★★★☆ 本書は、ラヴクラフト(と、一部の作品では別の人)が書いた、クトゥルーものから『ネ …

アーカイブ