★★★☆☆

インキュバス(レイ・ラッセル ・著、大伴墨人・翻訳/ハヤカワ文庫) ~感想とあらまし、軽いネタバレ

投稿日:2017年6月13日 更新日:

  • あるアメリカの町を襲う強姦魔の正体とは?
  • 強いエロ・グロ傾向あり。閲覧注意。
  • ミステリとしての落ちはまあまあ。
  • おススメ度:★★★☆☆

(あらまし)ある田舎町であるガレンで、連続強姦事件が起きる。強姦魔は並外れた凶悪性で、襲われた女性はほとんどが死に至る。その死因は最初から示唆されているが、犯人の巨根と並外れた性欲にあるのだ。封鎖された町の中で、いったい誰が女性を襲っているのか。16歳から40歳まで、ほとんど見境なく襲い掛かる強姦魔の恐怖。人類学者のトラスクは、その正体を伝説の淫魔「インキュバス」と呼び、正体を追うが……。

冒頭から物語の終了まで、ほとんど間断なく強姦シーンが登場するという相当な小説だ。しかも、間に中世の魔女狩りに行われた際の拷問シーンの挿話などが入るのだが、これもサディズムを通り越して、ただただグロいだけの代物だ。と、言うようなわけで女性や少年少女はもちろん「ちょっとエッチなホラー」を期待して読む男性読者にもお勧めできない。いわゆる「胸糞」小説の部類に入るからだ。

他にも、基本的にキリスト教的宗教観を下敷きに物語が進行するため、日本人には抵抗があるかもしれない。とはいえ、決して読みにくい文章というわけではなく、翻訳物としては十分に読みやすい。その点は評価できる点だ。探偵役は上記のトラスクと医者のジェンキンスが行うのだが、なかなか真相が分かりそうで分からないという、いい感じのテンポで進んでいく。二人の推理が行き詰まったら、誰かが強姦されるというある種の様式美さえ感じる展開だ。

かと言って、最後の最後に明かされる真実は後半に入ればだいたい、予想はつくし、あまり科学的に納得できるようなものでもないのだが、書かれた時代(米国初版は1976年)を考慮すれば、十分に意外性があるといえるだろう。そういうわけで、底が見える展開ではあるが、ある程度、退屈することはないだろう。

いまや日本といえば、ネット上では知らぬ者のいないほど有名な「変態」大国だ。ありとあらゆる性的倒錯が様々なメディアで展開されている。この国、この時代においても本書はある程度のインパクトを持つのは中々素晴らしいと思う。

ただ、「素晴らしいという」評価が通用するのは、かなりの「エロ・グロ」耐性が有り、「隣の家の少女」の様な救いのない小説を読んでも悪夢を見ないという自信を持つホラー愛好家に限る。「面白いミステリ」「エッチな小説」ならいくらでもあるので、それが目的であればお勧めできない一冊だ。

(きうら)


-★★★☆☆
-, , , ,

執筆者:

関連記事

怪書探訪(古書山たかし/東洋経済新報社)

古書蒐集に心血を注ぐ著者によるオモシロ話 古本が取り結ぶ縁ですね 探偵小説とクラシック音楽と おススメ度:★★★☆☆ タイトルの『怪書探訪』とは一体どういう意味なのだろうか。字面だけから判断すると、「 …

深海のYrr〈上〉(フランク・シェッツィング(著)、北川和代(訳)/ハヤカワ文庫)~概略と軽いネタバレ感想

世界の海で起こる異常事態を描くSF海洋ディザスター系 謎のゴカイ、人を襲うクジラなど「海」が人を襲う 3分冊の第1冊目なので、全体のプロローグに過ぎない内容 おススメ度:★★★☆☆ 結構前に上巻と中巻 …

覘き小平次 (京極夏彦/角川文庫) ~あらすじとおススメ度、ネタバレなし

「嗤う伊右衛門」に続く古典怪談の京極風リメイク インパクトはないが、ダメな主人公を魅力たっぷりに描く 残酷描写は軽めで読みやすい おススメ度:★★★☆☆ 四谷怪談を再構築した「嗤う伊右衛門」に続いて、 …

「ゆるキャン△」の秋(成城比丘太郎のコラム-07)

「コラム」という名の穴埋め企画(三度目) 「ゆるキャン△7巻」から アニメに出てくる飯や、本屋のことなど おススメ度:★★★☆☆ 【はじめに】 10月に入り、私は強烈な秋の花粉症に悩まされていたのです …

現代百物語 因果 (岩井志麻子/角川ホラー文庫)

2ページ完結の短編ホラー99話 密度の濃い一味違う短編ホラー 恐怖よりも悪意を感じる作風 おススメ度:★★★☆☆ このブログでも良く取り上げている「本当にあった怖い話」系の本だが、今回は、あの「ぼっけ …

アーカイブ