インテルメッツォ

インテルメッツォ 01-ふたり(4コマ漫画)

投稿日:2018年4月17日 更新日:

今年正月の年賀状に友達に送った自作の4コマ漫画を少々改造して載せてみた。そうだ、私は中学生の時には漫画家にもなりたかったのだ。しかし、漫画はストーリーを語るのに時間がかかりすぎるので、小説の方に傾いたという事情がある。これは遠回しの言い訳で、つまり画力については突っ込まないで欲しい。

タイトルは間奏曲で、気が向けばまたなんか書いてみたい。特にテーマはないので何を書くかは分からない。

ちなみに私が最も優れた4コマ漫画の作者だと思っているのは「ぼのぼの」で有名な「いがらしきみきお」。「ぼのぼの」以前のその作風は、恐ろしいほど先鋭的だ。いがらしみきお自選集 (1)Amazon

当時、名を馳せていた吉田戦車の10年先を行く破滅的作風。破綻とはこういうことだということを実感できるはずだ。
ではまた。感想は特に期待していない。

(きうら)

-インテルメッツォ
-,

執筆者:

関連記事

インテルメッツォ 08-みやう(4コマ漫画)

ネコも犬も飼ったことが無い。そもそも人間とも分かり合えないのに、多種族と分かり合えるのだろうか? と、いつも疑問に思うのであった。とはいえ苦手でもなく、将来一人になったら犬と暮らすのも悪くないな、と思 …

インテルメッツォ 03-さとり(4コマ漫画)

中学生の落書きのように見えるだろうが、たぶん、それであってる。こういう漫画をよく中学校時代に描いていた。自らの進歩のなさに感動すら覚える。青年は大人になっても「馬鹿」のままなのだろう。でもまあ、馬鹿な …

インテルメッツォ 09-ながい(4コマ漫画)

ペンの調子が悪くて、書きにくくてしょうがなかった。作風にもそんな「スムーズにいってない」感が出ているような気がする。無学の若者が銀行の頭取になれるかどうかは分からないが、「私の履歴書」とかに書いてあっ …

インテルメッツォ 06-はかい(4コマ漫画)

サラリーマンなら、朝起きたら職場が倒壊してくれないかと一度は願ったはず。いや、一度ではないか。私の中での破壊のイメージは未だに「アキラ」の各シーンか巨神兵のビームだな。私はディザスタームービーも大好き …

インテルメッツォ 04-うどん(4コマ漫画)

こういうサイトを運営しているくらいなので妖怪は大好きだ。雪女と言えば何といっても「ドロロンえん魔くん」の雪子姫を思い出す。魅力的なキャラだった。雪女は元の話が話だけに、大体悪役で出てくるような気がする …

アーカイブ