★★★☆☆

シェアメイト(角川ホラー文庫/新津 きよみ ) ~【新刊】2018/3/24発刊

投稿日:2018年4月18日 更新日:

  • 恐怖というより不安の物語
  • 女性の一人称で語られる家にまつわる短編6つ
  • はっきりと幸不幸が決まらない不思議な読み心地
  • おススメ度:★★★☆☆(3.5という感じ)

角川ホラー文庫というのは非常に貴重な存在で、このようなホラーを題材にしているサイトでは、良く取り上げれていると思う。ちゃんと調べたわけではないが、メジャーレーベルでホラーの新刊を毎月出しているというのはこれだけだと思う。それに、本屋に行くと背表紙が黒一色なので、非常に分かりやすい。古本屋で本を探すとき、黒い背表紙の本を選ぶと高確率でホラー、そして、角川ホラー文庫だ(黒豹シリーズ(特命武装検事・黒木豹介/門田泰明)も黒いがそれは分かる)。

(あらすじ)女性と家をテーマに取ったホラー小説。心理ホラーあり、幽霊系ホラーあり、社会系ホラーあり、不条理ホラーありと結構バラエティに富んだテーマを扱っている。表題作は、幼友達と長じてからルームシェアをした女性の遭遇するある奇禍を描く。全体的な作風としては、直接的な残酷描写や性的な表現はほとんどなく、心理的な微妙なニュアンスを扱ったホラー集になっている。その他、家に取り憑かれた家政婦の話、定年後に田舎に移り住んだ夫婦とその娘の話、幽霊が見える女性のあるミステリなどが収録されている。

面白いのは、単純に「恐怖」と言ったもので片づけられない感情を扱っていること。好意と悪意が入り混じった物語になっていて、ハッピーエンドにもバッドエンドにも、もっていっていないのが気に入った。題材的に、ホラーとして片づけてしまうこともできるのだが、そういう風に結論付けない。例えば、表題作は、主人公が被害を被るのだが、実は主人公側にも非が無いわけでないというのがポイント。ラストの「楽園」という話も、ハッピーエンドで終わらせられたはずだが、そうはせずに終わらせる辺りに面白さを感じる。私の一番嫌いな話は「さあ、思い切り感動してください」という系の小説だ。

ベタ褒め出来ないのは、設定の細部が甘いところだ。「魔取り」というエピソードがあるが、家政婦の取る行動は、非常に衝動的かつ単純で、こんなことを3回やって無事なはずがない。そういった脇の甘さがあるのが残念だ。ここは徹底的に、もっと言えばミステリ的にリアリティを追及してほしかった。そうすればこの短編ももっと味わい深いものになっていただろう。「我を忘れる」の落ちも何だかなぁと思ったりした。

しかし、平易な文章と設定、細かい章分けのおかげ(短編なのに7つに分かれていたりする)で、大変読みやすい読み物ではある。女性作家ではあるが「女性の暗い情念を描く」と言ったこだわりもなく、すんなりと設定が頭に入ってくる。短編なので、主人公や設定は切り替わるが、特に混乱せずに楽しめるのは軽い読書にピッタリだと思う。

この短編小説集のテーマを敢えて表現すれば「何気ない悪意」だろうか。それは私たちにとって非常に身近なものだ。本人が意識しなくても、人間は人と付き合う以上、悪意にさらされている。それが親しい人間であったらなおさら堪えるだろう。そんな心の弱い部分を刺激するような変化球のようなホラー小説集。設定は平凡だが、思った以上に面白みがあるように感じた。

関係ないが、新刊を取り上げることが少ないので、わざわざ新刊とつけてみた。最近、サイトの趣旨を忘れているので初心に帰ってみた。まあ、初心は忘れるものだ。だからこそ、諺があるわけで。と、いう訳で今後ともよろしくお願いします。

(きうら)


-★★★☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

櫛の火(古井由吉/新潮文庫)

死んだ女性を裡に秘めつつ、生きる女性と交わる 『行隠れ』の発展的変奏 古井文学的には過渡期にあたるものか おススメ度:★★★☆☆ 【はじめに】 本書は、古井由吉が出した単行本としては、『杳子・妻隠(過 …

ランゴリアーズ (スティーヴン・キング/文春文庫)

11人を残し乗客が消失したジャンボジェットというイントロ 異世界に迷い込んだ人々の恐怖が精緻に描かれる キング作品好きなら、読んで損はない一冊 おススメ度:★★★☆☆ 飛行中のジャンボジェットの乗客が …

ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者(前後編)[3DSで遊べるファミリーコンピュータソフト][オンラインコード]

ゲームで初めて本気で恐怖を感じた作品 さすがに古いがよく出来たシステムと音楽 いまのスマホゲームに慣れた世代はお勧めできないが…… おススメ度:★★★☆☆ 思い返してみると、私の約40数年の人生で「恐 …

感染領域(くろきすがや/宝島社)

珍しい植物バイオ系サスペンス 途中までは傑作! 不満は無いわけでは無い おススメ度:★★★☆☆ 1/3くらいまで読んだ時は★5でも良いかと思うほど、久しぶりに楽しい作品だった。定番だが、自分の知らない …

にんじん(ルナール[著]・中条省平[訳]/光文社古典新訳文庫) 

「にんじん」とよばれる少年と、その家族の「短編連作」。 何事にもめげない「にんじん」の逞しさ、強情さ。 時折みられる残酷さ。 おススメ度:★★★☆☆ 家族から「にんじん」と呼ばれて、いつもからかわれて …

アーカイブ