★★★☆☆

ジーキル博士とハイド氏(スティーヴンスン[著]・村上博基[訳]/光文社古典新訳文庫) ~概略と感想、ネタバレあり

投稿日:2017年9月5日 更新日:

  • 超有名な架空の人物。
  • 何も知らずに読むと、ミステリーとして読めます。
  • 怖いというより、暗い感じの悲劇。
  • おススメ度:★★★☆☆

「ジキル(ジーキル)とハイド」は、その名前だけはベストセラーの域にあるほどの、有名作品でしょう。この名前が何を示すのが分からない人もそれほどいないと思います。

一応ネタバレとしていっておきますが、

この二人は同一人物で、現在では二重人格(または解離性同一性障害)の代名詞となっています。ジーキルとハイドには、名前の響きだけからして、ドラキュラやフランケンシュタインなどと同じように、怪物的人物の感じがあります。狂気の博士と、極悪な犯罪人というように。

私は、小学生の時に、学校の図書室(あるいは地域の図書館)で片端から本を借りていた時期に、児童向けの『ジキルとハイド』を読んだような記憶がありますが、内容は覚えておらず、上記のような人物像しかもっていませんでした。しかし、この『ジーキル博士とハイド氏』を読むと、必ずしもそうではありませんでした。ジーキル博士とは身なりのよいきちんとした人物で、ハイド氏とはそのジーキル博士に潜んでいた、「わが精神の内なる下等な要素」であったのです。

まあ、ジーキル博士のとった行動(実験)は狂気じみたといえるでしょう。今読むと、ちょっと稚拙というか分かりやすい二元論だなと思うのですが、ジーキル博士が自己の内面に巣くう衝動を実際にどう処理したのか、というところは面白いです。ところで『ジーキル博士とハイド氏』に、この頃のフロイトの仕事が何か影響を与えたのでしょうか。それと、ジーキル博士とハイド氏とに分離して変化することは、それぞれがイギリスの社会階級の差をあらわしてもいるのでしょうか。

内容はそれほど難しくはありません。アタスンという、ジーキル博士の友人が、立て続けに起こる事件と「異形な」ハイド氏との関連を知ることによって、それら事件の真相に迫っていくのが、本筋です。アタスンに謎が明かされていくさまと、「ドクター・ラニヨン」の行動の解明とが、ミステリーのようにもなっています。ジーキル博士とハイド氏のことを知っていても、それなりに楽しく読めると思います。作品名は知られているのに、読まれたことのない作品は数あるでしょうが、本作品はその中でも実際に読んでほしい一冊です。怖くはないですけど。

(成城比丘太郎)



(楽天ブックス)

-★★★☆☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

ザ・スタンド(3)(スティーヴン・キング/文春文庫) ※レビューとおススメ度、軽いネタバレあり

疫病による「崩壊後」の世界に現れる善と悪の組織が描かれる 初登場の人物が多い、宗教観が強く分かりにくい等の理由で前半はややダレる 中盤からは再びスリリングに。キング節全開のエピソード満載 おススメ度: …

魔法使いの弟子 (ジョルジュ・バタイユ[著]・酒井健[訳]/景文館書店) ~紹介と考察

バタイユの「恋愛論」についての感想。 失われた実存の総合性を回復させるものとは。 デュカスの同名交響詩に少し触れられている。ちなみにダンセイニの小説とは関係ない。 おススメ度:★★★☆☆ (編者注)本 …

怒る技術(中島義道/PHP研究所・角川文庫)

中島流「怒る(いかる)」技術の伝授。 怒り方の倫理学ともいえる。 不必要に怒ると、怖いことになる。 おススメ度:★★★☆☆ 怒る(おこる)人を客観的に見ると、怖いものがあります。誰かを恫喝するかのよう …

ビッグドライバー(スティーヴン・キング(著)/ 高橋恭美子、風間賢二 (訳))

レイプされた女性の復習劇 と、夫の連続猟奇殺人に気付いた妻の苦悩 キング節たっぷり、いい意味で不愉快 オススメ度:★★★☆☆ 稀代のモダンホラー作家・スティーヴン・キングの作品を一つも読まれていないな …

第三の女(夏樹静子/集英社文庫)~あらすじとそれに関する軽いネタバレ、感想

交換殺人がテーマのミステリ ホラー要素と呼べるものは無し 実態はラブストーリー おススメ度:★★★☆☆ アガサ・クリスティーにもひらがなで読むと同名の本があり、内容を見る限り、「自分が誰を殺したのか分 …

アーカイブ