★★★☆☆

スタートボタンを押してください(アンソロジー、中原尚哉・古沢嘉通〔訳〕/創元SF文庫)

投稿日:2018年4月12日 更新日:

  • 「ゲームSF傑作選」という副題。
  • ビデオゲームの小説化であるとともに、フィクションがゲームと人間の未来を描きだす。
  • 人生そのものもゲームのよう(月並み)。
  • おススメ度:★★★☆☆

ビデオゲームが登場してから数十年以上経ったと思います。ファミコン世代である私はその出現当時ゲームが人間の意識を変えるのではないかとは思ったわけもないのですが、現在の(ネットを介した)ゲームのありようを見ていると、確かに人生を変えるような何かがゲームにありそうな気がします。とくに、たんなる物語消費的なゲームから、人間同士の双方向性を軸にすえたゲーム(の隆盛)へと移行するに従って、コミュニケーションのありようから、人間の生活そのものもゲーム的な発想にとらわれ、より一層ゲームが人生に欠かすことのできないものになってきているようです。それは単にビデオゲームが人間の時間を奪ったり、それが有益なものとして機能したりするだけではなくて、ゲーム自体が人生と不可分なものになってくるという、まあ月並みな感想としての未来が見えてきそうです。
ヴァーチャル・リアリティーのヴァーチャルとは、本来、現実と見紛うほどの感覚を与えるものということを意味するようですが、そうした感覚を本書で少しだけでも味わえるかもしれません。では以下に、私にとっての備忘録的な解説を書きます。

『リスポーン』(桜坂洋・著)……主人公の「おれ」が殺されるたびに近くにいる人物に「おれ」の意識が乗り移っていくという内容。場面転換があっさりしていてゲームのよう。どういった原理でこんなことが起こっているのかといった問題は抜きにしてのゲーム感覚。いったい、いくつもの人物(視点)を通過した「おれ」の同一性を保つものは何か?桜坂洋の映像作品でいうと、『よくわかる現代魔法』は結構好きだった。『All-You-Need-Is-Kill』はほんまゲームアニメ的だったが、この短編と似ているような気もする。
『救助よろ』(デヴィッド・バー・カートリー・著)……MMORPG(=「大規模多人数同時参加型オンラインRPG」)にのめりこみ大学を辞めたデボン。彼の別れた恋人であるメグは、そのゲームにログインして彼からの救助要請を受けてそこへ向かうのだが……。
『1アップ』(ホリー・ブラック・著)……ネトゲ上の友人が亡くなり、彼の葬儀に向かった三人のゲーム仲間は、彼の部屋のパソコンに自作ゲームを見つけて、その指示通りに進む。そして、三人はあるおそろしい事実に気付くのだが……。

『NPC』(チャールズ・ユウ・著)……NPC(ノンプレイヤーキャラクター)がPCになるというフシギさを味わう短編。ただ少し読みにくかった。
『猫の王権』(チャーリー・ジェーン・アンダース・著)……「わたし」が、病気で脳に障害をおった同性カップルのシェアリーのために、認知症患者に有効だと言われる「猫の王権」というゲームをプレイさせる。そこで彼女は驚くほどのゲームの才能を発揮する。VRゲームが認知機能の弱った者たちの新たな生活の場になるのかどうか。
『神モード』(ダニエル・H・ウィルソン・著)……「ヴァーチャル世界の構築法」を学ぶ「僕」がサラという女性と出会ってから、現実が変容していくという内容。ラストは、これでいいのかなぁというもの。

『リコイル!』(ミッキー・ニールソン・著)……会社内でFPSゲーム(=一人称視点シューティング)を息抜きのためにするジミー。深夜誰もいない社内に侵入者が現れて、彼はまるで『メタルギアソリッド』あたり(多分)を小規模にしたような緊迫感のあるゲーム的状況に追い込まれる。
『サバイバルホラー』(ショーナン・マグワイア・著)……アニーとそのイトコのアーティはサバイバルホラー系のパズルゲームをプレイしようとしたところ、部屋の照明が消えて……。実際にあるダークファンタジーのスピンオフ短編なので設定が分からないと十分には楽しめない。
『キャラクター選択』(ヒュー・ハウイー・著)……夫のいない昼間に、夫のゲーム(FPS)をする「わたし」。彼女のプレイの仕方は、ゲーム本来のもつ高得点をあげるという第一義的なものとは反していた。「わたし」のゲームクリアを無視したゲーム内でゲーム空間を楽しむかのような行動が、後にある重要な転機をむかえる。こういう楽しみ方もまたイイと思わせてくれる。

『ツウォリア』(アンディ・ウィアー・著)……ジェイクとコンピュータープログラムとの対話ですすむ話。その内容がネットスラングを多用していてオモロイ。
『アンダのゲーム』(コリイ・ドクトロウ・著)……『エンダーのゲーム』は未読未見なので、この短編となにか関係があるのかは不明。内容は、アンダという少女がネットゲーム内のとあるプレイヤー集団に入り、リアルマネーをかけた戦闘に関わるのだが……。
『時計仕掛けの兵隊』(ケン・リュウ・著)……「テキストアドベンチャーゲーム」を題材にとったもの。ちょっとピンとこなかった。

(成城比丘太郎)


-★★★☆☆
-, , , ,

執筆者:

関連記事

TENGU (祥伝社文/柴田 哲孝) ~あらすじ・レビュー

「天狗」をテーマにした大真面目なサスペンス・推理系小説 超常現象には極力頼らず、合理的結論が用意されている 社会情勢などの時事ネタ要素もあり。文章は読みやすい おススメ度:★★★☆☆ インパクト抜群の …

草枕(夏目漱石/新潮社)~漱石先生が語る人生の真理

超有名な冒頭の美文は人生の核心を突く 話の筋はさほど面白くない 味わい深い漱石の美学を楽しむ おススメ度:★★★☆☆ いやもう、この作品は冒頭の文章が全て。あらゆる時代、あらゆる大人の人生についての実 …

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。【映画】(アンディ・ムスキエティ監督)

キングの有名な原作の「一部」を描く 特別怖くもキモくないのは文化が違う? 少年たちの友情物語としてはまずまず おススメ度:★★★☆☆ 映画化されたスティーブン・キングの作品では、ミザリーやグリーン・マ …

<ひとり死>時代のお葬式とお墓(小谷みどり/岩波新書)

葬式のありようが変わる。 お墓(埋葬)の多様化。 <ひとり死>の弔いをどうするのか。 おススメ度:★★★☆☆ <死>のことを、まず、自分が死んだらどうなるのかという実存的な問題として考えたことのある人 …

生ける屍(ピーター・ディキンスン[著]・神鳥統夫[訳]/ちくま文庫) ~印象と感想

ある島(国家)で行われる実験と、それに携わる男の行末。 ミステリーの要素が付け加わっている、社会派小説のよう。 紹介文というより、印象と感想を。 おススメ度:★★★☆☆ 私は、ディキンスンの作品は一度 …

アーカイブ