★★★☆☆

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(EP9) ~今更ネタバレありレビュー

投稿日:2020年5月18日 更新日:

  • 無難にまとまりすぎて印象薄
  • ラスボス復活は禁じ手では!?
  • スター・ウォーズに限りなく近いスター・ウォーズもどき
  • おススメ度:★★★☆☆

私のスター・ウォーズ観はEP8の時の記事にほぼ書いているので、純粋にEP9の感想を書きたい。

去年末の大作映画だったが、イマイチ盛り上がらなかった。これは制作のディズニーも認めている通り、スター・ウォーズ関連作品を乱発しすぎた(ハン・ソロの失敗は記憶に新しい)。私も盛り上がらなかった一人で、今頃、サブスクリプション系からレンタルして観ている始末だ。

内容もご察しの通り、実にスター・ウォーズらしい…というか必死にスター・ウォーズらしさを出そうとしている。レイア姫も奇跡の復活で前半に出てくるし、派手な空中戦から懐かしのスピーダー風バイクでのチェイスもある。これだけ観るとスター・ウォーズなのだが、やはり主役のレイとカイロ・レンがネック。この二人も血縁と思わせておいて、実は善悪裏返った出自を持つ設定、というのはかまわない。

しかし、最大のネックは、二人とも「弱そう」なのである。私が感じていたSWの大きな魅力はライトセイバーという光の剣による華麗な剣劇である。とにもかくにも、ジェダイがライトセイバーを抜いたら無敵というのが王道であった。そして、雑魚敵をなぎ倒したら相手の手強いライトセイバー使いが登場するというのもお約束だったのである。

この映画に足りないのは、やはりジェダイマスターなのだ。これまでのシリーズには少なくとも、ヨーダやオビ=ワン・ケノービ、クワイ=ガン・ジン、ダースベイダーやダースモールなどの手練れがいた。EP2のグリーヴァス将軍なども、ジェダイではないが、少なくとも強そうには見えた。今回、空中戦はよくできているが、ライトセイバーのシーンにカタルシスが全くない。特に時空を超えてレイとカイロ・レンがライトセイバーをやり取りするのも軽い印象に拍車をかける。要するにジェダイのいないスター・ウォーズはやはり面白くない。

悪役のシスのクローンとかも、安直すぎて覚めた。画面的には派手だが、そりゃないよ、というのが本音である。あんなバリバリ謎の電撃を出せるならさっさと使えと言いたい。ジェダイでもないハン・ソロが幻影で現れたり、C3-POの記憶喪失設定が滑ってたりするなど、随所に綻びが目立つのが残念だった。

とはいえ、監督のJ・J・エイブラムスはよくやったとは思う。この作品のコアなファンの意地悪な批判に耐え、一応、破綻しない形でシリーズを一旦完結に導いた。それだけでもファンは満足すべきなのかもしれない。

結局、若き日のジョージ・ルーカスのパッションが爆発したEP4-6が伝説的なのであり、その情熱を「再現」したEP1-3は蛇足であり、EP7-9は「別物」だということだろう。ディズニーは続きを作るつもりだったらしいが、昨今のコロナ騒ぎでエンタメ業界は大打撃を受けている。もし、コロナが1年早ければ、EP9は幻に終わったかもしれない。

今後も大作映画が続々延期されている今、EP9が一応ちゃんと終わったのは良かったかもしれない。

ここからは個人的な雑感。

見せ場は少ないが、圧倒的な存在感で、ジェダイを体現するEP4のオビ=ワン・ケノービが一番好きなキャラクターだ。雑魚が出てきた時の落ち着きぶりなど、素晴らしいと思う。

また、ラストはレイアとルークだけ出てきたのでがっかりしたが、歴代ジェダイ総結集というのもカッコ悪いのでまあ仕方ない。

ハン・ソロは切られ損だな。あそこでレンに殺させたのは明らかなミステイクだろう。実は生きていた設定で、幻影じゃなくて、本物が止めに来たらまだ盛り上がった。

また、思い出したら何か書きます。

そんなわけで、これまでのシリーズにケリをつけるためにみてもいいかな、程度です。(またホラーじゃないけど…)

(きうら)


-★★★☆☆
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ノロイ―小林雅文の取材ノート(林巧/角川ホラー文庫)【※注 決定的なネタバレあり】

自宅が焼失・失踪した作家の取材ノートの中身 呪いは存在するのかというテーマ 中々テクニカルである おススメ度:★★★☆☆(予備知識が無ければもう半個★プラス) ある実在の怪談蒐集作家の自宅が全焼し、妻 …

ジーキル博士とハイド氏(スティーヴンスン[著]・村上博基[訳]/光文社古典新訳文庫) ~概略と感想、ネタバレあり

超有名な架空の人物。 何も知らずに読むと、ミステリーとして読めます。 怖いというより、暗い感じの悲劇。 おススメ度:★★★☆☆ 「ジキル(ジーキル)とハイド」は、その名前だけはベストセラーの域にあるほ …

ニーチェと世界と、いろんな謎 ~ニーチェ入門(清水真木/ちくま学芸文庫)/なぜ世界は存在しないのか(マルクス・ガブリエル、清水一浩〔訳〕/講談社選書メチエ)

他人の〔ニーチェ〕解釈を、自らの論文で批判しかしてこなかったという著者による初の入門書。 ニーチェという人物への入口として分かりやすい。 二人の〔かなり長い〕会話が繰り広げる、ある存在の謎。 おススメ …

おろおろ草紙(三浦哲郎・著)

「三浦文学の最高傑作」 大飢饉による共食いの実態 記録のような小説 おススメ度:★★★☆☆ 2020年は、作家三浦哲郎(みうらてつお)の没後10年にあたります。三浦哲郎は青森県八戸市生まれですが、青森 …

「幻想文学――転覆の文学」『幻想と怪奇の英文学・3』(ローズマリー・ジャクスン、下楠昌哉[訳]/春風社)~読書メモ(33)

読書メモ(033) 「幻想文学」とはジャンルではなく、「様式(モード)」である 「幻想文学」ファン必携の本 おススメ度:★★★☆☆ 【はじめに】 幻想文学(幻想小説・ファンタジー)という用語をよく使う …

アーカイブ