★★★★☆

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(任天堂/Nintendo Switch) ~初代をリアルタイムで遊んだ40代のファーストインプレッション

投稿日:2017年6月15日 更新日:

  • 初代を彷彿とさせる厳しい難易度。死にまくる
  • 再序盤。派手さはないが、物理演算が地味に面白い
  • ゼルダでもあり、ゼルダでもなし
  • おススメ度:★★★★☆

(はじまり)今回のリンクは、どうやら100年の永い眠りから覚めたようだ。謎のハイバネーションシステムから覚醒したリンクは、全ての記憶を失い、パンツ一枚からのスタート。例によってゼルダの声に導かれながら、冒険はスタートする……。スマホ(WiiU?)を思わせるガジェットを操るロストテクノロジー的な要素を持つ世界で、やはり宿敵ガノンを追うリンクの冒険はどこへ向かうのか――。

初めてディスクシステムで遊んだゼルダの伝説は正に衝撃的な作品だった。何に驚いたのか? それはオープニングの重厚なFM音源(死語)のテーマ曲だった。その響きは軽薄なPCM音源を遥に凌駕し、これから始まる壮大な冒険を予感させるものだった。今でいえば、ショボいドット絵のリンクは、当時の小学生にとって、まさに異次元の存在だった。ゼルダの伝説は実は、生みの親の宮本茂は「RPG」とは定義しておらず「アクション・アドベンチャー」と位置付けていた。そのため、そのころ一般的になりつつあった経験値が存在しないという特徴があった。さらに、プレイヤーに「工夫」させるという新しいアプローチは、「クリア」を前提としたゲームに新しい概念を持ち込んだのだった。時に1986年。2017年から遡れば、実に約30年前のお話だ。

そして、最新作「ブレス オブ ザ ワイルド」は、初代の再現のようにいきなり世界に放り出される。誰もいない荒涼とした大地に、導き手として出てくるの謎の爺さんだけ。裸一貫で始まり、武器や食料(ライフ回復)アイテムを手に入れるが、すぐに壊れたりなくなったり。この「勝手にやって下さい」感は、実に原点回帰的。「ゼルダの当り前を壊す」というのが今回のテーマだったらしいが、結局、一周回って元に戻った感がある。

前作「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」は、ある意味「箱庭ゼルダ」として完成された作品だった。それまでに蓄えたゼルダ的ノウハウを最大限ユーザーに還元し、モーションコントロールという操作で革命を狙っていた。しかし、連綿と続く「ゼルダ」に、長年のファンは激しい既視感に襲われ、その「様式美」がひたすら苦痛になっていた。ゼルダ姫は、歴代のゼルダ姫の中でも抜群に可愛かったのだが……。

まだ1時間程度しか遊んでいないので、クリアしてから完全なレビューを書きたいと思うが、長年のファンとしては、ゼルダとスカイリム(オープンワールド(Wiki))が混じった世界は中々新鮮で面白い。大量の敵が出てこないところや草刈り要素は残しつつ、武器の耐久度やアイテムの使用感を大幅に刷新し、新しいゼルダの演出に挑んでいる。そして、長年のファンはいわゆる効果音「ごまだれ」を聞いてこれがゼルダだと納得するようになっている。

ただ、グラフィックは、最新のゲームに慣れたファンには物足りないものがある。Nintendo Switch(WiiUコンパチ)ということを考慮しても、前世代的に感じる。センス自体は素晴らしいので、ゲームをする上では気にならないが、口さがない連中には「トゥーンに逃げた」と言われるだろう。ここは正面突破して、時代の最先端を突っ走っていたころの任天堂に戻って欲しいとは思う。

初代から始まって、冒険、神々のトライフォース、夢を見る島、不思議のぼうし、大地の章、時のオカリナ、トワイライト、夢幻の砂時計、風のタクト、神々のトライフォース2……自分のゲーム人生はだいたいゼルダと共に進行している。

もう一度初代の感動がよみがえるのか。それは、もう少し遊んでから結論を出したい。

(きうら)



ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド Nintendo Switch版

-★★★★☆
-, ,

執筆者:

関連記事

抗生物質と人間(山本太郎/岩波新書)

抗生物質がうまれた簡単な歴史。 ヒトの身体を細菌との共生から捉える。 抗生物質の過剰使用による危険性。 おススメ度:★★★★☆ 結核をはじめとして、人間の病をなおし、生を支えてきた抗生物質ですが、最近 …

短篇集-死神とのインタヴュー(ノサック、神品芳夫〔訳〕/岩波文庫)

ノサックの第二次大戦から戦後(西)ドイツを舞台にした作品集 SFや寓話や神話の読み替えまで、ヴァラエティーに富む 喪失や窮乏にさらされた人々 おススメ度:★★★★☆ 岩波書店から無料配布(?)されてい …

ムーたち(1)(榎本俊二/講談社)

ナンセンス風だが、(屁)理屈の通ったギャグ漫画(エログロなし)。 ある家族を中心にした連作短編。 登場人物の思考や行動に、共感する部分が、ひとつはあるはず。 おススメ度:★★★★☆ 「虚山(むなやま) …

犯人に告ぐ(雫井脩介/二葉文庫)

劇場型犯罪を追う警察小説の傑作 多少のけれん味はあるが緊迫した展開 真に迫るラスト。読ませる。 おススメ度;★★★★☆ これも映画化もされているようなので、有名な作品だ。いわゆる「劇場型犯罪(Wiki …

動きの悪魔(ステファン・グラビンスキ、芝田文乃〔訳〕/国書刊行会) ~ネタバレあり感想

グラビンスキ短篇集の本格的な初邦訳 鉄道にまつわる(神秘主義的)怪談集 鉄道のもつ「動き」や怖さが感じられる おススメ度:★★★★☆ 【まえがき】 グラビンスキという、「ポーランド文学史上ほぼ唯一の恐 …

アーカイブ