★★★☆☆

ゾンビ・パラサイト(小澤祥司/岩波科学ライブラリー) ~あらましと軽いネタバレ

投稿日:2017年6月23日 更新日:

  • 「ホスト(=寄生先の生物)を操る寄生生物たち」について。
  • ゾンビというタイトルだが、生ける屍のことではない。
  • 特に怖がる要素はない。
  • おススメ度:★★★☆☆

タイトルに「ゾンビ」とあるので、なんか物騒なかんじもするが、これは「ブードゥー教」のそれではないし、ホラー映画などでおなじみのものとも違う。寄生した相手を乗っ取り、行動を操る寄生生物(パラサイト)のことについて書かれた本。パラサイトの能力の一つである、「パラサイト・マニピュレーション(ホストを操りゾンビ化する)」について主に書かれている。

本書の中で最初にのべられ、一番印象的なのが、「ゾンビアリ」。例えば、「タイのジャングルに生息するダイクアリ」に寄生する「オフィオコルディケプス・ユニラテラリス」という冬虫夏草菌の一種は、感染したアリの行動を奪い、自らの菌の増殖に適した環境へと導いていく。この「ゾンビアリ」については、以前に何度も本などで見たことがあるのだが、一度ネット検索で、その感染した姿を見てみてください。アリの頭から、まち針のようなものがつきだしていて、《操られてる感》がよくわかります。

ところで、著者は、この後に続いて、人間にも感染してゾンビ化する(人を操る)菌が出現しないとも限らないと書いているが、別に今は見つかっていないとも書いているし(どっちやねん)、そもそも、「ゾンビアリ」自体は死んでから生き返らされたわけでもないので、厳密にはゾンビではない。章の最後で、「菌類とアルツハイマー病」との何らかの関係性をとりあげて、「人類を含む哺乳類と菌類との攻防は今まさに進行中」と書いてあるのだが、それくらいの表現でよかったのでは、と思う。

カマキリやカマドウマに寄生するハリガネムは、ホストを操って、水辺へと導いて(いるように見えるらしい)、最終的に池や川などに飛び込ませ溺死させ、その身体からハリガネムシはとび出してくる。私は、散歩中に、その側をよく通る池で、何回もこのハリガネムシを見かけたのだが、一度も池に飛び込むカマキリの姿は見たことがない。小川を泳ぐカマキリなら見たことはあるが、ネットで調べたところ、カマキリが川を泳ぎきる姿は、よく見かけられているようだ。

ホストを食い尽くす昆虫の「捕食寄生」もなかなかショッキングだ。私は、小学生の時に飼っていた、蝶の幼虫(名前は忘れた)に、何かのハチが卵をうみつけて、その幼虫から小バエのようなハチが、うじゃうじゃ湧きだして来たのを見た時は、かなしかった。その他、「体の中のエイリアン」という章題の、「ゾンビ化したホストをボディーガードに」する項目や、「クモをゾンビ化するクモヒメバチ」の項目は、興味深い。

最後の章は、ネコを「終宿主」とする「トキソプラズマ」と、「中間宿主」であるヒトとの関係。この「トキソプラズマ」は、全人類の約3割に寄生しているといわれる、「われわれの身近で“最も繁栄したパラサイト”」。これに感染したネズミはネコを恐れなくなるという。そのネズミをネコが捕食することで、この「トキソプラズマ」は、ネズミからネコへと移動しているようだ。また、「トキソプラズマ」と人間の精神疾患との関係もあるようなのだが、まだ「仮説」らしいので、私もなんとも言えない。著者が言う、一万年前からはじまった、ネコ・ネズミ・ヒトとの共生に関する「想像」も、結果論であって、これまたなんとも言えない。別に「トキソプラズマ」がヒトを操ったというわけではあるまいし……。

(成城比丘太郎)



(楽天)

-★★★☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

魔法使いの弟子 (ジョルジュ・バタイユ[著]・酒井健[訳]/景文館書店) ~紹介と考察

バタイユの「恋愛論」についての感想。 失われた実存の総合性を回復させるものとは。 デュカスの同名交響詩に少し触れられている。ちなみにダンセイニの小説とは関係ない。 おススメ度:★★★☆☆ (編者注)本 …

メドゥサ、鏡をごらん(井上夢人/講談社) ~ほぼネタバレなしの感想

コンクリート詰めで絶命した作家の死の謎を追う 興味深い設定と読みやすい文章 ネタバレ嫌いの方は、一切の事前情報を絶って読って読むべし おススメ度:★★★☆☆ 導入部はこんな感じの小説。作家である藤井陽 …

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ と ゴジラ(後編)【完全ネタバレ】

中途半端な娯楽観は見抜かれる ゴジラと恐怖 それでも怪獣映画は嫌いになれない おススメ度: ★★★☆☆(ゴジラ キング・オブ・モンスターズ) ★★★★★(ゴジラ) 【承前】 「本」ではなく、2019年 …

君主論(マキャヴェッリ〔著〕森川辰文〔訳〕/光文社古典新訳文庫)

マキャヴェリズムの語源となった書物です。 当時のイタリア(ルネサンス)に、新しい君主像という処方箋を。 はっきり言うと、本書の訳文には読みにくい部分があります。 おススメ度:★★★☆☆ 「マキャヴェリ …

慟哭(貫井徳郎/創元推理文庫) ~あらましと感想とちょっとした後悔

連続幼女殺人事件をめぐるミステリ 新興宗教がテーマ いわゆる「あれ」が登場する おススメ度:★★★☆☆ (あらまし)捜査一課課長の佐伯は、連続幼女誘事件の捜査が行き詰まり懊悩する。警察内部にも、組織特 …

アーカイブ