3行で探せる本当に怖い本

ホラーを中心に様々な作品を紹介します

★★★☆☆

タイトルに書けるほど感想に自信がない短い感想

投稿日:

  • 鬼滅の刃無限列車編
  • TVで観ました
  • 原作は読んでません
  • おススメ度:★★★☆☆

うーん、この映画がファンに熱烈に受けた程度なら分かる。しかし日本映画の興行成績を塗り替えてしまったという事実を知っているので、それなりに身構えて観てしまった。

一応アニメ版は全て観たうえでの感想だが、煉獄(さん)が主役の外伝映画で、主人公たちにとってそれほど重要な場面とは思えなかった。本当にこれがそんなに受けたのだろうか? 感想を眺めているとリピーターが多かったので、恐らくこのド直球ぶりが一定の層にハマった……のかな。

列車自体も良くあるアイデアであるし何より暗くて変化がない。列車はCG丸出しでよくできた深夜アニメのクオリティ。前半の雑魚ボスを倒してから炭治郎たちの活躍はほとんどなく、伊之助はともかく、善逸なんかはほとんど寝てた(それだけに禰豆子を救った一閃はカッコよかったが)。煉獄も正真正銘の一騎打ちで負けてしまっているし、持って行きようのないモヤモヤが残るラストであった。原作ではまだ中盤の手間というところで、全体的なストーリーとしては出し惜しみのない衝撃的な「柱」の敗北を見せることは意味があったのかもしれないが。

古い話だがまだアナ雪(観てない)や千と千尋の神隠しが受けるのは分かる気がするが、日本はいつからこんな猟奇アニメが老若男女に受けるようになったのか。小学生やおじいちゃんや主婦的に日本刀を首に食い込ませる映像はOKなのか。

などとケチをつけてはみたものの、アニメからの流れならこれと言って不満はないし、炭治郎の異常な正直ぶりは吹っ切れていて好きだ。ただ、あんなウユニ塩田みたいな心の持ち主なんて世の中に存在するのかどうか、その点を疑う老いたライターであった。

という訳で、この作品がここまで受け入れられたポイントを探り当て、また打ち抜けるのならまだ良かったが、こんなヨレヨレの感想になってしまい、なんだか申し訳ない。かといってアンチではないのでそこまで貶す気にもなれず……いっそ原作マンガを一気読みした方がスッキリするような気がしてきた。そうなのだ。この作品を単品で完結している作品と思うから分からなくなるのであって、その前からのアニメからの盛り上がりも考慮しないといけない。しかし世間的にはそのブームも去っているというのは幾重にも残念な気分だ。アニメでは盛り上げる気満々のようだったので、第2ムーブメントが来るかもしれないとは思う。

とにかく全部読むか観た後にタイトルに「鬼滅の刃」を入れてちゃんと感想を書きたい。

(きうら)


-★★★☆☆
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

幻視(米山公啓/角川ホラー文庫)

比較的スリリングな医療系ホラー テンポが速くて読みやすい 落ちはちょっと おススメ度:★★★☆☆ (あらすじ)ライブ会場でいきなり頭から血が噴き出してロックシンガーが死亡した。同時期、同様の症状で死亡 …

魔法使いの弟子 (ジョルジュ・バタイユ[著]・酒井健[訳]/景文館書店) ~紹介と考察

バタイユの「恋愛論」についての感想。 失われた実存の総合性を回復させるものとは。 デュカスの同名交響詩に少し触れられている。ちなみにダンセイニの小説とは関係ない。 おススメ度:★★★☆☆ (編者注)本 …

隣の不安、目前の恐怖(アンソロジー/双葉文庫)

「日本推理作家協会賞受賞作家短編集」 隣人や家族における、不安や恐怖または異変 まあまあのおもしろさ おススメ度:★★★☆☆ アンソロジー(異なる作家の作品をテーマ別などでまとめたもの)を読むおもしろ …

鼻(曽根圭介/角川ホラー文庫)~あらましと感想、軽いネタバレ

「ブタ」と「テング」に分けられた奇妙な現代社会を描く表題作 経済寓話的な「暴落」とワンシチュエーションホラーの「受難」も収録 やや幻想的な作風、虐げられたものの不幸が主なテーマに語られる 上記に表題作 …

ビッグドライバー(スティーヴン・キング(著)/ 高橋恭美子、風間賢二 (訳))

レイプされた女性の復習劇 と、夫の連続猟奇殺人に気付いた妻の苦悩 キング節たっぷり、いい意味で不愉快 オススメ度:★★★☆☆ 稀代のモダンホラー作家・スティーヴン・キングの作品を一つも読まれていないな …

アーカイブ