★★★☆☆

ダークゾーン(貴志祐介/祥伝社文庫) ~感想と軽いネタばれ

投稿日:2017年7月14日 更新日:

  • 人間将棋というトリッキーなテーマ
  • 非常にタクティカルな展開、オチはまあ
  • 貴志作品最強の飛び道具。将棋ペンクラブ大賞で特別賞受賞。
  • おススメ度:★★★☆☆

刊行された貴志作品はほぼ読んでいるが、その中であっても異色の出来なのが、このダークゾーンだ。傑作SF「新世界より」やよくできたサスペンス「クリムゾンの迷宮」などにも、ゲーム的な戦略要素は多分にあったが、この作品はその「ゲーム的要素」だけにフォーカスした作品だ。貴志氏の筆力であるから、一通り面白く読めるが、その設定といい、内容といい、オチといい、異色作であるのは間違いない。まさに飛び道具である。

(あらまし)男女取り混ぜて18人が突然、良く分からない場所で覚醒する。そして、頭の中に響くのは「戦え。戦い続けろ。」という言葉だ。かくしてプロ将棋棋士の卵・塚田は、赤い異形の戦士として、青い軍団との戦いを強要されるようになる。その理由は一体何か。ルールはチェスとも将棋ともつかないものだが、敵を取って「駒」にできる点や、戦いに応じてレベルアップするなどまさにゲームそのもの。勝負は七番。このバトルの結末はいかに――。出だしだけ読むと、全く漫画の「ガンツ」っぽいが、もっとストイックに勝負が繰り広げられる。

彼らが戦うフィールドには詳細な設定があり、それぞれの特性や相性などが細かく設定されている。上記に書いた通り七番勝負なので、一回負けても復活して次の勝負に挑むことになる。この設定が非常に微妙で、一回死んだら終わりだった「クリムゾンの迷宮」などと比べると、どうしても緊張感が削がれるのは否めない。もちろん、倒されることによるペナルティは存在するが、ヒリヒリするような緊張感というよりは、まさに将棋のような心理戦を楽しむような内容になっている。

微妙といえば、やはり本作の恋愛要素だろう。私はかねがね、貴志氏は恋愛要素には向いていないと感じている。これは「スター・ウォーズ」のジョージ・ルーカスに感じた違和感と同じもので、人には向き不向きというものがある。通り一遍のポイントは抑えられているが、いわゆる「萌える」要素に欠くのは仕方ないだろう。

総じて「奇書」足りえる要素は多分に持っているし、ホラー小説としても十分に機能しているので、今話題の将棋ネタ(2017年07月現在)でもあるし、一読してみてはどうだろうか。ただし、結構長いので覚悟が必要だ。

蛇足になるが、実力+容貌+話題性が重なると普段はメディアで取り上げられることが少ない競技でも必ず話題なると実感する。今の将棋や若貴ブームの相撲を思い出す。そういえば、「月下の棋士」というこれもとんでもない内容の漫画もあった……。

(きうら)



ダークゾーン [ 貴志祐介 ]

-★★★☆☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

書物と電気自動車について(成城比丘太郎のコラム-03)

書店のディスプレイは編集力の見せ所? 「千夜千冊」の再編集? 本と自動車産業の未来を横断的に語りたい(無理) おススメ度:★★★☆☆ 4年に一度おこなわれるものとはなんでしょか、と訊いたとしたらおそら …

水の精(ウンディーネ)(フケー[著]・識名章喜[訳]/光文社古典新訳文庫)~あらすじと軽いネタばれあり

人間の魂を得た美しい女性の悲恋。 三角関係に巻き込まれたダメ騎士? 怪異は出てくるも、メルヘンのようです。 おススメ度:★★★☆☆ 騎士のフルトブラントは、ある女性の要請により「妖しの森」への「肝試し …

幻視(米山公啓/角川ホラー文庫)

比較的スリリングな医療系ホラー テンポが速くて読みやすい 落ちはちょっと おススメ度:★★★☆☆ (あらすじ)ライブ会場でいきなり頭から血が噴き出してロックシンガーが死亡した。同時期、同様の症状で死亡 …

「幽霊屋敷」の文化史(加藤耕一/講談社現代新書)

「TDL」にあるアトラクションについて 「ホーンテッド・マンション」の成立史 ゴシック小説から、幽霊出現装置までを簡単に見る おススメ度:★★★☆☆ 【はじめに】 東京ディズニーランド(以下、TDL) …

怒る技術(中島義道/PHP研究所・角川文庫)

中島流「怒る(いかる)」技術の伝授。 怒り方の倫理学ともいえる。 不必要に怒ると、怖いことになる。 おススメ度:★★★☆☆ 怒る(おこる)人を客観的に見ると、怖いものがあります。誰かを恫喝するかのよう …

アーカイブ