★★★☆☆

ダーク・タワー1 ガンスリンガー (スティーブン・キング(著),‎ 風間賢二 (著)/新潮文庫)~あらましと感想

投稿日:2017年11月9日 更新日:

  • 西部劇風のロードムービー風娯楽小説
  • ファンタジー要素が多数
  • キング作品の根幹となるシリーズ
  • おススメ度:★★★☆☆

キング作品ではおなじみの長い前書きで書かれているが、この作品はJ.R.R.トールキンの「指輪物語」にインスパイアされて、キング流の神話あるいは、冒険要素のある叙事詩大作を書こうとして出来上がった作品。実に19歳の時ということなので、作品の出来からすると流石のクオリティだ。ただしそこはモダンホラーの帝王。指輪物語的な上品さはカケラも無く、荒廃した世界に西部劇の雰囲気を持ち込み、血と悪魔と性的な描写が盛り込まれた何とも形容しがたい内容になっている。一巻はプロローグだが、いわばファンタジー西部劇というイメージだ。

(あらすじ)ガンスリンガーは暗黒の塔を目指し謎の暗黒の男を追って、荒廃した世界を旅している。彼は二丁拳銃を操る達人で、悪人やミュータント達と果敢に戦う。旅の途中で立ち寄る町、共に旅することになる少年……。黒衣の男の痕跡を追って旅は続く。因みにガンスリンガーは称号の様なもので、名前では無い。一応、彼の幼年期の回想からするとローランドと言うようだ。

読者は比較的長い前書きが終わると、文字通りガンスリンガーと共に荒野に放り出される。そこは悪魔草が生え、生物の気配が乏しい開拓前の荒野の世界。よくイメージする西部劇の世界に酷似しているが、同時に魔法めいたものも存在していてゾンビ化した住人なども出てくる。

一言で言えば、ホラーやファンタジーを混ぜたロードムービー風小説で、ひたすら乾いた世界が描かれる。怪物も出てくるし、キング流のお下品描写も満載だ。途中、ガンスリンガーの出自なども描写されるので、徐々に感情移入できる様になってくる。

しかし、これは全部で7冊ある長編小説のプロローグに過ぎず、お話は最後まで読んでもどこに向かっているのかはよく分からない。面白くなりそうな要素は沢山あるので、2巻以降を読んでくれ! というキングの声が聞こえる。

バトルシーンも多いが、この辺は若い時の作品だけあってアイデアも満載。俗な言い方をするとキングなりの厨二病小説ということになるが、その辺の素人の黒歴史に終わっていないのはプロ。

それにしても指輪物語からどうしてこんな血みどろファンタジーが生まれるのか。キングは事あるごとに「ザ・スタンド」が他の作品より愛されるのか半ば不満げに語っているが、読者からすれば簡単だ。話がわかりやすくて怖くて、キャラクターが魅力的だからだ。ガンスリンガーの一巻はまだその辺が弱い。ただ、ザ・スタンドも本格的にエンジンがかかるのは中盤辺りからなので、キング長編作品は焦らずじっくり付き合うべきなんだろうと思う。

最後に訳者後書きでも触れられているが、この作品の構想が後の作品と多数リンクしているので、そういう意味でもキングファンとしては読まねばならないと思い手に取ってみた。取り敢えず二巻を探しにいこうとは思っている。

(きうら)


-★★★☆☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

朝の少女 (マイケル ドリス(著)/灰谷健次郎(訳)/新潮文庫) ~ややネタバレ気味感想

灰谷健次郎っぽい児童文学と思わせて…… とんでもないオチを仕込んでいる食わせ物 基本的には美しい人間賛歌、基本的には。 おススメ度:★★★☆☆ 最初に書いておきたいが、この本の真の読書体験をされたい方 …

ゴドーを待ちながら(サミュエル・ベケット[作]、安堂信也・高橋康也[訳]/白水uブックス)

ゴドーを待ちながら、あれこれする二人組。 その二人に絡む変な人たち。 原作だけではこの演劇の良さは分からない、かも。 おススメ度:★★★☆☆ 先日の「アニメに出てくる本」でいうと、この『ゴドーを待ちな …

自殺の歴史(ロミ、土屋和之[訳]/国書刊行会)~読書メモ(017)

読書メモ(17) 古今東西自殺のエピソード あまりこわくはない おススメ度:★★★☆☆ 【本書について】 図書館で借りてきて、ちまちまと読みすすめていった本。読む前は、それほど怖い本ではないだろうなと …

死の病いと生の哲学(船木亨/ちくま新書)~読書メモ(62)

読書メモ(062) がん療養の日記 がんになってから考える死と生 オススメ度:★★★☆☆ 著者は、フランス現代哲学専攻の学者。この人の著作はひとつくらいしか読んだことがなかったので、どういう哲学的信念 …

中島らものたまらん人々 (中島らも/双葉文庫)

いそうでいない変なヒトビトの図鑑 絶妙な文章とイラスト 今話題のコンプライアンス的には猛烈にアウト おススメ度:★★★☆☆ 【はじめに】 本書は、著者(故人)自身とその周囲の「コワい」人々を語るエッセ …

アーカイブ