★★★★☆

ダーク・タワーII 運命の三人〈下〉 (スティーヴン・キング (著)/風間賢二/角川文庫)

投稿日:2018年2月26日 更新日:

  • 相変わらずの超展開ファンタジー
  • ロクでもない仲間ばかり集まる
  • 物語の行方は全く見えないまま
  • おススメ度:★★★★☆

第1巻では、西部劇風の架空の世界を舞台に、華麗にガンマンとして活躍するローランドの姿を描いていたが、第2巻は上下とも、そのローランドが重篤な病気にかかり、死にかけた状態で、必死に謎の仲間を探し回るという展開である。<上>では「囚われの男」として、麻薬常習犯のエディを仲間に入れたが、この2巻でも強烈なキャラクターが登場する。

まずは、この小説の構造を話すと、1巻で完璧な虚構の世界を構築し、その後、2巻では、「(当時の)現代」と混ぜて、物語を進めるという手法がとられている。途中にシャッフルという言葉が出てくるが、現代サスペンスと西部劇風のファンタジーがそれこそシャッフルしているという構造で、その中に登場するのは人間の屑ばかりという、確かにキングにしか書けない内容になっている。

簡単な紹介になるが、2巻では二人目の仲間となる、オデッタという黒人女性が登場してくる。この黒人女性は美人で差別活動家、セレブという設定だが、両足がなく、非常に美しいという造詣だが、実は二重人格者で恐ろしく下品で邪悪な「デッタ」という人格が取り付いている。まあこれが、登場するたびに機関銃のように罵詈雑言を浴びせかけるのである。

これには百戦錬磨のガンスリンガー=ローランドも、気は抜けないし、麻薬常用者のエディなど最初の人格の「オデッタ」といい感じになってしまうという悲劇(喜劇)である。そして、3人目の仲間の扉をくぐって乗り移ったのは快楽殺人者。この絶望的な状況で、ガンスリンガーは銃と薬の確保に奔走するという内容だ。

書いてしまえば、大したことが無いように思えるが、実際に読んでみれば「キング節」が堪能できる出色のペーパーバック小説になっている。着想のもとになった指輪物語では、フロドのもとにメリーとピピン、サム、アラゴルン、ガンダルフ、ギムリなど頼りになる「旅の仲間」が集まってくるが、ローランドのもとに集まってくる奴らは本当にダメ人間ばかり。しかし、この低俗さというか裏返しの世界が、中々痛快でハードボイルドな世界観を堪能できる。

先日読んだ「神聖喜劇」は文章をもって世界と対峙してやろうという気概があったが、このシリーズはそんな高尚な理念は微塵もなく、とにかく本能の赴くままにキングの趣味・嗜好がさく裂するある意味清々しい小説だ。

新刊でもないので、慌てて読む必要はないが、私のような比較的歴史の浅いキングファンなら、ゆっくりと読み進めていくのがいいだろう。

終わりの見えないこの世界で、どんな結末が待っているのか。もう少し、たどってみたいという欲求にかられる。

(きうら)


-★★★★☆
-, , , ,

執筆者:

関連記事

千霊一霊物語(アレクサンドル・デュマ、前山悠〔訳〕/光文社古典新訳文庫)

「語り手」デュマによる「枠物語」 殺人事件から始まる怪奇譚の披露 まさに19世紀オカルティズムの潮流 おススメ度:★★★★☆ 【あらすじ】 時は19世紀フランス。語り手のデュマは20代の劇作家。彼はあ …

新装増補版 自動車絶望工場(鎌田慧 (著)/講談社)

1972年にトヨタで期間工務めた日記 それに付随する非人間的労働の批判 確かに絶望を感じた おススメ度:★★★★☆ 現代に於ける労働問題の根源を知ることのできる一冊だ。大多数の社会人にとっての悪夢的世 …

エンドレスエイトの驚愕(三浦俊彦/春秋社)

「ハルヒ@人間原理を考える」 「エンドレスエイト」の解釈可能性を芸術哲学的に、分析哲学的に探る 後半の記事は、2019年冬アニメの感想まとめです おススメ度:★★★★☆(ハルヒが好きなら) 【はじめに …

ガルヴェイアスの犬(ジョゼ・ルイス・ペイショット、木下眞穂[訳]/新潮クレスト・ブックス)

ペイショット作品の初邦訳 ポルトガルの一寒村に落下した物体(のにおい)があばく村人の生活 土地に積み重ねられた記憶の層と、生命のつながり おススメ度:★★★★☆ 一九八四年一月、ポルトガルの寒村である …

十の物語(高橋克彦/角川ホラー文庫)

古いが正統派の日本ホラー バラエティ豊かな10篇プラス1 古いのを除けば割と楽しい おススメ度:★★★★☆ 平成5年刊行と相当古いが、現代ホラー傑作選・第3集と銘打たれている。当時でもクラシックなライ …

アーカイブ