★★★★☆

ダーク・タワーII 運命の三人 上 (スティーヴン・キング (著)/風間 賢二/角川文庫)

投稿日:2018年2月10日 更新日:

  • いきなり超展開するキング流西部劇&ファンタジー
  • スリリングなシーンと比較的退屈なモノローグ
  • アイデア満載。確かにもっと認めて欲しい気持ちは分かる
  • おススメ度:★★★★☆

まずは、これを見て欲しい。

そうなのである。この作品は映画化され、今年公開されるらしい。が……!

予告を見る限り、ここまで読んできた私のダークタワーじゃない。キング自身は自分の一番のお気に入りであると同時に映画化する場合は好きにやってもらっても構わないと言っているので、どうも全体の「いいとこどり」をした作風になっているっぽい。ぽいというのは、この作品、けっこう面白くなってきたので検証サイトで原作との違いを読んでしまうとネタバレを食らってしまうからだ。と、いうわけで、ネタばれない範囲での紹介はこんな感じ。

(あらすじ)
ダークタワーを目指し、孤独な旅を続けるローランドという孤高のガンマン。どことも知らない浜辺に辿りついた彼は、夜ごと出現する異形のモンスター(まんまロブスター)に、大切な右手の2本の指を喰いちぎられ、敗血症で死にかける。その時、超展開が起こって、ドアが現れ、80年代のニューヨークに接続(超時空どこでもドア)。どこの誰とも分からない人間に乗り移ったはいいが、そいつは麻薬の運び屋でドラッグ中毒のエディという若者だった。図らずも彼を(自分のために)助けざるを得ないローランド。

前に紹介した1巻では、どうも西部劇風のハイファンタジー(完全な異世界)を目指していたような感じがあるが、2巻に入ると、いきなりキング節が炸裂する展開だ。ご存知ない方のために解説すると、キング節とは、非常にサスペンスに満ちた状況を生み出し、汚いスラングと激しいアクション、グロイ描写で畳みかける例のアレである。

この作品では、荒涼とした架空の西部劇の世界でまず、主人公のガンスリンガー=ローランドが死にかける描写から始まる。そこからなぜかドアが現れて、それをくぐると、ニューヨーク行きの航空機に乗っている麻薬の運び屋の意識に憑依するのである。

えっ? っていう展開である

もう一度書こう。なぜ、ニューヨーク? そこは、せっかく構築した世界でタイトルにある<3人の仲間>を探せばいいものを、どうして人間の屑っぽい麻薬の運び屋なんかに乗り移るんだ。しかも(当時の)現代に戻って。

えっ? っていう感じである。

余りの変転ぶりに、最初は何が起こっているのか良く分からなかったが、そこはやはりキング。徐々に読者をなだめすかして、このアイデアが実に素晴らしいかを分からせてくれる。導入の後のしばらくはちょっともたつくものの、後は麻薬の運び屋が遭遇する危機的状況をガンスリンガー(しかも死にかけ)と一緒に乗り切るストーリーになっている。

正直に言って途中からは非常に面白くなってくる。ものすごく下品ではあるが、確かにサスペンス・エンターテイメント要素としては十分だ。一巻を読み終えた読者なら、この展開にも納得できるはずだ。そして、まだ見ぬダークタワーへのはてしない旅を思うだろう。

ホラー要素としても、随所に残酷なシーンが出てくるので、その点は心配ない(?)。読む人間は選ぶが確かに、ちょっと読み続けてみたいシリーズだ。今後編を読んでいるが、後編もやっぱり……な展開だ。この路線で行くのかキング先生。

とにかく若きキングの情念が炸裂するダークタワーは一読の価値ありと言っておきたい。

ちなみに映画のイメージは全く原作とあっていない。何だよあの子供は。ガンスリンガーのキャラ設定もどうなんだ。地雷臭が半端ないが、キングの映画は「ショーシャンクの空に」一本で元が取れるのでそれでいいのだ。

では、いまから後半の続きを読んできます。

(きうら)


-★★★★☆
-, , , ,

執筆者:

関連記事

死の家の記録(ドストエフスキー[著]、望月哲男[訳]/光文社古典新訳文庫)

ドストエフスキーの体験を基にした記録的小説。 ロシアにおけるシベリア流刑(囚)の様子。 エピソードを連続的に描いていくので読みやすい。 おススメ度:★★★★☆ タイトルにある「死の家」とは、監獄のこと …

風の歌を聴け(村上春樹/講談社) 〜あらましと感想、軽いネタバレ

悟ったような青春の一夏の追憶 著者の自伝的デビュー作 すでに作家として完成している おススメ度:★★★★☆ 読む終わって感じるのは「これは全く村上春樹そのものじゃないか」という奇妙な感慨である。デビュ …

もののけの日本史(小山聡子/中公新書)~読書メモ(65)

「死霊、幽霊、妖怪の1000年」 通史的にみる「モノノケ」 多義化する「モノノケ」 オススメ度:★★★★☆ 【はじめに】 「モノノケ(もののけ)」とは、現代でよく見かけるワードだと思うけど、それがいつ …

『ネクロノミコン』の物語(H・P・ラヴクラフト、森瀬繚〔訳〕/星海社)~読書メモ(40)

読書メモ(040) 「新訳クトゥルー神話コレクション・2」 超ベタなゴシックホラーとして読める おススメ度:★★★★☆ 本書は、ラヴクラフト(と、一部の作品では別の人)が書いた、クトゥルーものから『ネ …

日本怪奇小説傑作集1 (創元推理文庫)

巨匠たちが描く怪奇・幻想・怪談短編集 万華鏡のような怪奇世界 読書の基本に戻られる良書 おススメ度:★★★★☆ 夏目漱石に森鴎外、芥川龍之介、川端康成、谷崎潤一郎、室生犀星……文学短編集かと思うほどの …

アーカイブ