★★★★☆

ディケンズ短篇集(ディケンズ、小池滋・石塚裕子〔訳〕/岩波文庫)

投稿日:2018年6月7日 更新日:

  • ちょっと暗めの短篇集。
  • ホラーや幻想小説要素も混じっています。
  • 不安や、幻想に捉われた登場人物の心理は現代人向きかも。
  • おススメ度:★★★★☆

ディケンズは、19世紀イギリスの作家です。有名なので、ここで何か説明することもないでしょう。ディケンズは、長編小説(や中編小説)で有名なうえに、かなりの量の短篇小説ものこしたそうです。本書は、その中から次のような特徴のあるものを選んで集めたようです(「解説」より)。

一.超自然的で、ホラーとコミックが奇妙に混在していること。
二.ミステリー的要素が強いこと。
三.人間の異常心理の追究。

以上の三つが混在している作品を収録していて、さらに文学的価値が高いものを選んだようです。
では、以下に簡単ながら、私の備忘録的なものを書きます。

『墓掘り男をさらった鬼の話』の、「鬼」は「Goblin」のことです。クリスマスの頃に話された怪談のことが、書かれています。まあまあファンタスティック。
『旅商人の話』は、老人になった椅子と、べらべら話す旅商人の話で、コミカルです。
『奇妙な依頼人の話』は、復讐にもえる男の話ですが、おそろしいほどに暗く陰惨な挿話です。どうやら、ディケンズの(父親に関する)実体験が影響しているようです。これは、なかなかのおそろしさ。

『狂人の手記』は、妻を狂気においやり死なせた男の話。そして、自らも狂った男のことです。「倒叙型ミステリー小説」と呼ばれてるジャンルの「先駆的」なものになるようです。
『グロッグヴィッヒの男爵』は、結婚して妻の尻にしかれる男爵の話。貧しくなって自殺しようとする男爵のもとに、絶望と自殺の守り神があらわれるのですが。この男爵の名前は、英語の意味的に「吹きだす」くらいに、おもしろいそうです。
『チャールズ二世の時代に獄中で発見された告白書』は、継子を殺した男の告白書。「これも倒叙型ミステリーの一つであり、劇的独白の形をとっている」ようです。

『ある自虐者の物語』は、女性の自虐的な独白的物語。「作中人物の一人ミス・ウェイドの手記であり、孤独な魂の劇的独白である」のです。ちょっと個人的にはイヤな話でした。
『追いつめられて』は、保険金殺人をたくらむ男を追い詰めていくさまがおもしろい。復讐の話。「エラリー・クイーンが二十世紀になってから発掘し」、自らの雑誌に掲載して、「本格的推理小説の傑作と絶賛してから、かなり知られるようになった」一編のようです。
『子守女の話』は、子守女が「ぼく」にする、不思議で怖い話の数々。「子供時代の思い出を語ったもの」として読めるそうですが、「ホラーとコミックの混ざった」もので、どこか民話的なかんじもしました。

『信号手』は、集中で一番有名で怖い話です。信号手が幽霊に事故の前兆を見て不安になり、最後になって「私」の言葉が彼の身に呼び寄せるものとは……。
『ジョージ・シルヴァーマンの釈明』は、孤独な男の釈明が書かれています。彼は日陰からこっそり見ているような人物です。かなり数奇な人生のようにも見えるが、60歳になってからの思い出話と読んでみると、なんだかどうでもいい話に思えるのはなぜだろう。

(成城比丘太郎)


-★★★★☆
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

地獄変(地獄変・偸盗 (芥川龍之介/新潮文庫)より) ~概要と感想

希代の絵師がゾッとする方法で描いた「地獄変」の屏風の話 芸術と人間の業を鋭く描く ホラー的にはむしろお殿様が怖い おススメ度:★★★★☆ 芥川龍之介の著名な作品の一つ「地獄変」。ただ、その内容から、タ …

銀河英雄伝説 1 黎明編 (田中芳樹/創元SF文庫)

壮大な宇宙戦争をタクティカルに描く著者の代表作 多数のキャラクターが縦横無尽に活躍する ヘビーライトノベルとでも言うべき重厚さと読みやすさと少年の心をくすぐる設定 おススメ度:★★★★☆ 時々、無性に …

夏の花(原民喜/集英社文庫<青空文庫>) ~紹介と感想、軽いネタばれ

「壊滅」の予感を三人称で書く。 「私」が妻の墓に供えた花と、その後の惨禍と。 「廃墟」になった街を歩き回る「私」。 おススメ度:★★★★☆ この集英社文庫版には、『夏の花』三部作が収められています。ち …

水域(椎名誠/講談社)

怪しくも美しい水のディストピア 椎名誠史上、最高の抒情性 美しいラスト、SFファン必読 おススメ度:★★★★✩ この小説を読もうと思った方、それは正解だ。ハルキストがいるとすれば、私はシーナリスト。そ …

【再読】自分の中に毒を持て(岡本太郎・青春文庫)

ある種の人間にはまるでバイブル 実際に道を踏み外し(踏み出し)た人も 全ての満足できない「今」を持つ人に おススメ度:★★★★☆ このサイトでわざわざ再読と記して同じ本を紹介するのは初めてだ。それには …

アーカイブ