★★★★☆

ディケンズ短篇集(ディケンズ、小池滋・石塚裕子〔訳〕/岩波文庫)

投稿日:2018年6月7日 更新日:

  • ちょっと暗めの短篇集。
  • ホラーや幻想小説要素も混じっています。
  • 不安や、幻想に捉われた登場人物の心理は現代人向きかも。
  • おススメ度:★★★★☆

ディケンズは、19世紀イギリスの作家です。有名なので、ここで何か説明することもないでしょう。ディケンズは、長編小説(や中編小説)で有名なうえに、かなりの量の短篇小説ものこしたそうです。本書は、その中から次のような特徴のあるものを選んで集めたようです(「解説」より)。

一.超自然的で、ホラーとコミックが奇妙に混在していること。
二.ミステリー的要素が強いこと。
三.人間の異常心理の追究。

以上の三つが混在している作品を収録していて、さらに文学的価値が高いものを選んだようです。
では、以下に簡単ながら、私の備忘録的なものを書きます。

『墓掘り男をさらった鬼の話』の、「鬼」は「Goblin」のことです。クリスマスの頃に話された怪談のことが、書かれています。まあまあファンタスティック。
『旅商人の話』は、老人になった椅子と、べらべら話す旅商人の話で、コミカルです。
『奇妙な依頼人の話』は、復讐にもえる男の話ですが、おそろしいほどに暗く陰惨な挿話です。どうやら、ディケンズの(父親に関する)実体験が影響しているようです。これは、なかなかのおそろしさ。

『狂人の手記』は、妻を狂気においやり死なせた男の話。そして、自らも狂った男のことです。「倒叙型ミステリー小説」と呼ばれてるジャンルの「先駆的」なものになるようです。
『グロッグヴィッヒの男爵』は、結婚して妻の尻にしかれる男爵の話。貧しくなって自殺しようとする男爵のもとに、絶望と自殺の守り神があらわれるのですが。この男爵の名前は、英語の意味的に「吹きだす」くらいに、おもしろいそうです。
『チャールズ二世の時代に獄中で発見された告白書』は、継子を殺した男の告白書。「これも倒叙型ミステリーの一つであり、劇的独白の形をとっている」ようです。

『ある自虐者の物語』は、女性の自虐的な独白的物語。「作中人物の一人ミス・ウェイドの手記であり、孤独な魂の劇的独白である」のです。ちょっと個人的にはイヤな話でした。
『追いつめられて』は、保険金殺人をたくらむ男を追い詰めていくさまがおもしろい。復讐の話。「エラリー・クイーンが二十世紀になってから発掘し」、自らの雑誌に掲載して、「本格的推理小説の傑作と絶賛してから、かなり知られるようになった」一編のようです。
『子守女の話』は、子守女が「ぼく」にする、不思議で怖い話の数々。「子供時代の思い出を語ったもの」として読めるそうですが、「ホラーとコミックの混ざった」もので、どこか民話的なかんじもしました。

『信号手』は、集中で一番有名で怖い話です。信号手が幽霊に事故の前兆を見て不安になり、最後になって「私」の言葉が彼の身に呼び寄せるものとは……。
『ジョージ・シルヴァーマンの釈明』は、孤独な男の釈明が書かれています。彼は日陰からこっそり見ているような人物です。かなり数奇な人生のようにも見えるが、60歳になってからの思い出話と読んでみると、なんだかどうでもいい話に思えるのはなぜだろう。

(成城比丘太郎)


-★★★★☆
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

火車(宮部みゆき/新潮社)

カードローン破産がテーマの本格サスペンス 時代設定は古くなったがテーマは不変 無駄のない緻密な文章と展開 おススメ度:★★★★☆ 今更といえば余りに今更だが、本書を読み終えて「これぞ本物のサスペンス小 …

凍(トーマス・ベルンハルト、池田信雄[訳]/河出書房新社)

ベルンハルトの長編小説第1作 研修医が、とある画家を観察する 何もかもが凍てついた集落での呪詛のごとき言葉 おススメ度:★★★★☆ 【はじめに、本書紹介など】 トーマス・ベルンハルト(1931-198 …

幽霊海賊(ウィリアム・ホープ・ホジスン、夏来健次〔訳〕/ナイトランド叢書)

ホジスンの海洋奇譚 謎の影につきまとわれる恐怖 徐々におとずれる怪異 おススメ度:★★★★☆ 【物語のあらすじ】 「わたし」ことジェソップが、自らの遭遇した怪異体験を語るという内容の物語です。サンフラ …

天使の囀り (貴志祐介・角川文庫)

気持ち悪いとはこういうことだ 貴志作品で二回読みたくないのはこれだけ 意外に読みにくい文章が惜しい おススメ度:★★★✩✩ (あらすじ)主人公の北島早苗は、終末期医療に携わる精神科医だ。その恋人で作家 …

吉増剛造詩集 (吉増剛造/ハルキ文庫)

(異例の編者冒頭注)今回は詩集ということで、一般の読者の方には敷居が高いと思われるが、この紹介文を書いた私の盟友の文章も相当ぶっ飛んでいる。どこからどこまでが原典で、どこからが感想なのかが良くわからな …

アーカイブ