★★★☆☆

ハラサキ(野城亮/角川ホラー文庫)

投稿日:2017年11月23日 更新日:

  • 記憶を一部欠落した女性。
  • 迷い込んだ異空間で起こるおそろしい出来事。
  • ミステリーの要素もあります。
  • おススメ度:★★★☆☆

以前旧サイトの、「勝手に新刊予想」というコーナーにて紹介された本を読んでみました。イラストの絵的に、ライトな読者層向けと予想したようで、実際に一読したところ、シンプルな内容で文章も簡素で、いい意味でよく出来た作品です。「ライトな読者」向けかは分りませんが、「ライト」に読むことができました。著者は本作で「第24回日本ホラー小説大賞読者賞」を受賞したようで、おそらくこれがデビュー作なのではないかと思います。非常に基本に忠実につくられた構成〔と文章〕ですね。

あらすじは旧サイトの方にも書いていますが、簡単に導入説明します。「百崎日向(ももさきひなた)」は十年ぶりに故郷の竹之山温泉街を訪れます。彼女にはこの十年間の記憶がなく、覚えているのは黄金色の光景だけです。ホームで竹之山行きの電車を待つ日向は、同級生の「相原沙耶子」に声をかけられ一緒に車内に乗り込みます。車内でぎこちない会話をするうちに、急に目の前が暗転し、気がつくと沙耶子とともに竹之山に着いていました。しかし、そこには人の気配はなく雪景色が広がるばかりでした。彼女たちの他には誰もいない竹之山の町で、二人は女性の死体を発見したり、影の化け物に襲われたりするのです。日向を待ち受けていたのは、彼女の封じられた記憶に眠る過去に関することだったのです……。

ストーリーとしては、この日向が迷うことになる異空間のラインと、彼女の婚約者である神原正樹がいる現実〔の竹之山〕のラインが交互に描かれて進んでいきます。この異空間というのは、竹之山そのままの街並みが広がる無人の世界です。人がいないことによって、多少の不気味さが演出されているのはオーソドックスでありながら効果的です。とくに、降り続ける雪の中、日向たちをおいて無人の電車が発車するシーンなどは、唯一個人的に怖さを感じました。この世界で、日向と沙耶子は元の世界に戻るべく尽力するのですが、襲い来る影の化け物から逃れ、そのうちに不穏なヴィジョンや、失われた記憶に関するおそろしい真実を目の当たりにしていきます。そのあたりまでのうちに、日向への感情移入ができれば、さらさらと読みすすめることができます。

一方、日向を竹之山温泉で待つ正樹は、なかなかやって来ない日向の行方を捜すうちにこの町に伝わる迷信と、彼女に関するある事実を知ることになります。物語はこの日向と正樹を交互に描くことで、幻想の世界のようなものに捉われたものと、現実世界にいるものとのコントラストをうみだしています。そして、それが最終的な結末に繋がる回路にもなっていて、なかなかよいです。

細かいツッコミは、まああります。日向の過去のことが明かされていくさまはノベルゲームを読んでいるようで、また、ミステリーにもなっているのですが、勘のいい読者なら大体誰が日向を異空間に引っ張りこんだか分かるでしょうし、叙述トリックめいたところもあるのですが、それも簡単に見破れるかもしれません。その他にも疑問点や、粗もあります。例えば、捜査に関しての詰めの甘さとか、迷信のこととか。詳しくいうとネタバレにもなるので書きませんが、まあそれらは本筋を壊すほどのものでもないので、気にしなければどうということはないです。

文章自体が読みやすいので、そういった意味ではおススメです。個人的には、本編よりもこの物語が終わった後の日向の〔ある意味絶望的な〕未来を思うと、そちらのほうが怖いですね。なかなか楽しめる作品でした。

(成城比丘太郎)



ハラサキ (角川ホラー文庫) [ 野城 亮 ]

-★★★☆☆
-,

執筆者:

関連記事

シュナの旅 (宮崎駿/アニメージュ文庫)

初期・宮崎駿の絵物語 ナウシカ+もののけ姫の原点 地味だが惹かれるものはある おススメ度:★★★☆☆ 若さとは変化を捉える感受性のことではないか、などと史上最長のGWを終えて考えて腐っていた。何しろ仕 …

ワルプルギスの夜(グスタフ・マイリンク、垂野創一郎[訳]/国書刊行会)

長篇2本と、短篇・エッセイ各数篇。 幻想的で、神秘主義的な作品群。 ユーモアのあるものもあります。 おススメ度:★★★☆☆ 本書は、「マイリンク幻想小説集」と題された、マイリンクの長篇と短篇〔とエッセ …

ベルセルク 40(三浦健太郎/ヤングアニマルコミックス)

本当に長いファンタジー漫画の一つのターニングポイント 簡単に言えばふりだし(13)に戻る うっすらと虚無感も…… おススメ度:★★★☆☆ まず、この漫画をご存知ない方は過去記事の「ベルセルク 1」を、 …

オブ・ザ・ベースボール(円城塔/文春文庫)

一年に一回人が落ちてくる。それをバットで打ち返す人の話 不条理小説とも単純な人生の比喩とも取れる シャープな文章。怖くはないが少しだけグロイ所も おススメ度:★★★☆☆ 文學界新人賞受賞作、ということ …

三丁目の地獄工場(岩城裕明/角川ホラー文庫)

不条理系スプラッタホラー短編集 最後の1作を除けば凡庸な印象 ホラーとは何を表現すべきか オススメ度:★★★☆☆ もちろん、読書の動機はタイトルである。注目したのは露骨な「三丁目の地獄」の方ではなく「 …

アーカイブ