★★★★☆

ブラッドボーン(PS4/フロム・ソフトウェア)

投稿日:2017年5月19日 更新日:

  • ホラーアクションRPG
  • 細部までこだわった世界美術
  • 遊べば遊ぶほど良さがわかる
  • おススメ度:★★★★☆

(あらまし)19世紀ヴィクトリア朝をモチーフにした血みどろアクションRPG。このシリーズでは「ダークソウル」が有名だが、モチーフを変えて大幅に味付けが変わり別物のゲーム性になっている。

とにかく防御という概念がない。この手のRPGとしては思い切った仕様だ。あまつさえ攻撃によって体力が回復するという過激なシステム。ビビっている暇があったら攻撃しろというメッセージが明確に感じられる。

そのため動きが素早い。避けて避けて、隙を見て強力な一撃を加える。このスタイルは実に爽快感がある。ただ、ダークソウルの盾を前提にしたプレイに慣れたユーザーには馴染まないだろう。

敵キャラクターのデザインも秀逸。海外のモンスターにクトゥルフを混ぜたキモかっこいいキャラが満載。さらにジャンルはホラーなので、このサイトを訪れる人にもまさにぴったりの内容。遊んでいると、何度も驚かされますよ。

変形する武器と銃を持って強力な敵に対峙する勇躍感も素晴らしい。もちろん協力プレイなどの救済措置もあるので、最初さえ乗り切れれば楽しく遊べる。クリアだけならいうほど難易度も高くない。

難点は最初が難しく、次第に難易度が下がること。特に最初のボス2体は苦労するだろう。これが逆なら良かったのだが。

合わない人には合わない。しかし一度魅了されれば150時間遊べる一本。今なら追加コンテンツも収録された「完全版」が遊べる。この追加分だけでも十分楽しめるので、一度クリアした方もトライしてみる価値がある。

今が旬のゲームクリエーターは宮本茂でも、野村哲也でも松野泰己でもなく、宮崎英高だ。氏の次回作には本当に期待している。

因みにほぼ同じシステムの「仁王」でも、防御せずに逃げまくる私。これはこれで楽しい。

(きうら)



Bloodborne The Old Hunters Edition 通常版

-★★★★☆
-, ,

執筆者:

関連記事

哲学塾の風景(中島義道/講談社学術文庫)

実況感覚でおくる哲学書読解と、<哲学>実践。 特に何かに役立つわけではないのが、この塾のミソ。 哲学的センスのない人は、哲学書を読む必要がない。 おススメ度:★★★★☆ 哲学者中島義道が、<本当に>哲 …

杳子・妻隠(古井由吉/新潮文庫)

世間から閉じこもりがちの、一組の男女の奇妙な恋愛。 病の物語といえる。 匂い立つようなエロスが少々。 おススメ度:★★★★☆ 『杳子』は、古井由吉の芥川賞受賞作品です。粗筋としてはこれといった複雑なも …

ピアノ・レッスン(ジェーン・カンピオン監督) ~あらましと感想

驚愕するほど美しい情景と音楽 脊髄を突き抜けるエロス 愛を問う残酷な物語 おススメ度:★★★★✩ (あらまし)舞台は19世紀半ば。主人公の未亡人エイダは娘とともに、荒ぶる海を隔てた野蛮な土地へと嫁いで …

夏休みにおすすめする短編〔文学〕(成城比丘太郎のコラム-04)

夏休みによんでみてほしい短編 もちろん夏休みでなくてもよい 小学生から大人まで楽しめる怖くて暗くてイヤな短編 おススメ度:★★★★☆ ラジオの「夏休み子ども科学相談」というオモシロイ番組がある。科学に …

パシフィック・リム(ギレルモ・デル・トロ監督)~あらすじと感想、続編について

清く正しい「怪獣」映画 日本アニメxハリウッド映画 穴もあるが日本人「男子」にはいい映画 おススメ度:★★★★☆ ギレルモ・デル・トロ監督と言えば、メキシコ出身の元はマニアックなホラー系映画監督である …

アーカイブ