★★★★☆

ブラッドボーン(PS4/フロム・ソフトウェア)

投稿日:2017年5月19日 更新日:

  • ホラーアクションRPG
  • 細部までこだわった世界美術
  • 遊べば遊ぶほど良さがわかる
  • おススメ度:★★★★☆

(あらまし)19世紀ヴィクトリア朝をモチーフにした血みどろアクションRPG。このシリーズでは「ダークソウル」が有名だが、モチーフを変えて大幅に味付けが変わり別物のゲーム性になっている。

とにかく防御という概念がない。この手のRPGとしては思い切った仕様だ。あまつさえ攻撃によって体力が回復するという過激なシステム。ビビっている暇があったら攻撃しろというメッセージが明確に感じられる。

そのため動きが素早い。避けて避けて、隙を見て強力な一撃を加える。このスタイルは実に爽快感がある。ただ、ダークソウルの盾を前提にしたプレイに慣れたユーザーには馴染まないだろう。

敵キャラクターのデザインも秀逸。海外のモンスターにクトゥルフを混ぜたキモかっこいいキャラが満載。さらにジャンルはホラーなので、このサイトを訪れる人にもまさにぴったりの内容。遊んでいると、何度も驚かされますよ。

変形する武器と銃を持って強力な敵に対峙する勇躍感も素晴らしい。もちろん協力プレイなどの救済措置もあるので、最初さえ乗り切れれば楽しく遊べる。クリアだけならいうほど難易度も高くない。

難点は最初が難しく、次第に難易度が下がること。特に最初のボス2体は苦労するだろう。これが逆なら良かったのだが。

合わない人には合わない。しかし一度魅了されれば150時間遊べる一本。今なら追加コンテンツも収録された「完全版」が遊べる。この追加分だけでも十分楽しめるので、一度クリアした方もトライしてみる価値がある。

今が旬のゲームクリエーターは宮本茂でも、野村哲也でも松野泰己でもなく、宮崎英高だ。氏の次回作には本当に期待している。

因みにほぼ同じシステムの「仁王」でも、防御せずに逃げまくる私。これはこれで楽しい。

(きうら)



Bloodborne The Old Hunters Edition 通常版

-★★★★☆
-, ,

執筆者:

関連記事

大長編ドラえもん (Vol.5) のび太の魔界大冒険 (藤子・F・不二雄/てんとう虫コミックス)

ドラえもん中ホラーと言える演出とアイデア 特に前半の描写が素晴らしい 小ネタも満載。大人も楽しめるSFファンタジー劇 おすすめ度:★★★★☆ 僭越ながら、巨匠と呼ばれる漫画家にも旬の時期というものがあ …

神聖喜劇(1)(大西巨人[原作]・のぞゑのぶひさ[漫画]/幻冬舎)~紹介と感想

大西巨人の大作の漫画化作品。 軍隊内の克明な記録。 主人公東堂太郎の博覧強記ぶり。 おススメ度:★★★★☆ 今回取り上げる本は、大西巨人(wiki)が執筆に25年もかけた大作『神聖喜劇』の漫画化作品で …

黒い家(貴志裕介/角川ホラー文庫)

「やっぱり生きた人間が一番怖い」をたっぷり楽しめる リアルな設定と抑えた文章 スリリングな展開で抜群の没入感 おススメ度:★★★★☆ 保険会社に支払査定主任として勤める主人公とその顧客である不気味な登 …

グスコーブドリの伝記(宮沢賢治/ちくま文庫) ~あらましと感想

残酷で美しい少年の成長記 静かなラストに深い余韻 宮沢賢治史上、最大のエンターテイメント小説 おススメ度:★★★★✩ 私の母が宮沢賢治のファンで、幼いころに「銀河鉄道の夜」を読めと、私に盛んに薦めてき …

狂骨の夢(京極夏彦/講談社) ~あらすじと感想、軽いネタバレ

清涼感のある猟奇系ホラーという特異な存在 前半は少々、まどろっこしいところも 読み返すと味のある展開。文庫版は多数加筆。 おススメ度:★★★★✩ 「姑獲鳥の夏」「魍魎の匣」に次ぐ、百鬼夜行シリーズ3作 …

アーカイブ