★★★☆☆

モロー博士の島(H・G・ウェルズ[著]・中村融[訳]/創元SF文庫) ~あらすじと感想

投稿日:2017年6月29日 更新日:

  • 孤島で行われる、狂気のような実験。
  • 人間と獣の境目とは?
  • エンターテインメントとしても読める。
  • おススメ度:★★★☆☆

(あらすじ)「エドワード・プレンディック」は、「海難事故」にあい、とある「貨物船」に救助される。かんしゃく持ちの船長が運ぶものは、生物や、一人の人間と奇怪な風貌の従者だった。船は目的地の島に着くと、船長はそこへ、積み荷とともにエドワードをもおろす。彼を待ち受けていたのは、「傑出した生理学者」と評された「モロー博士」。その島は、博士の実験場となっていて、エドワードがそこで見たものとは……。

島には、モロー博士が作りだした(つぎはぎした)クリーチャーで溢れていて、そいつらは動物とも人間ともいえない存在である。とはいえ、人間の言葉を話すこともできるので、見た目はともかく、やろうとすることは人間と変わらない。もちろん姿がイラストなので描かれているわけではないので、想像するしかないのだが、なかなかのおそろしさである。映画化もされているようだが、未だ観たことがないので、どのような姿形で映像化されているかはわからない。(ちなみに、今流行りの『けものフレンズ』のようなかわいさはない、と思う)。

訳者解説では、モロー博士は、数ある「マッド・サイエンティストの代名詞」とされている。もちろんそうなのだろうが、現代の遺伝子工学の発展とかを考えると、単にマッドとはいえないのだろうか。モロー博士(ウェルズ)も、当時最新科学の「進化論」をとりいれたものだろうし、自分が狂っているとは思っていないだろう。

後半がこの作品のメインともいえる。エドワードは、つくりだされた獣人たちと接触を持ちつつ、彼らがやがて人間性を失っていくのを、おそれながらみつめている。このあたりは、人間と獣との違いを峻別させたものになっているのだが、エドワードが後に人間の顔に動物性の萌芽を見る(ような妄想)ところは示唆的で、これが本書の肝であるといえる。

ここで取り上げた「創元SF文庫」版は現在絶版のようです。異なる出版社からでていますが、どうやら、岩波文庫版は「抄訳(原文の一部を抜き出して翻訳すること)」のよう(私は未確認)ですので、読む際には、ご注意ください。

(成城比丘太郎)



モロー博士の島 (偕成社文庫) [ ハ-バ-ト・ジョ-ジ・ウェルズ ]

-★★★☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

死の病いと生の哲学(船木亨/ちくま新書)~読書メモ(62)

読書メモ(062) がん療養の日記 がんになってから考える死と生 オススメ度:★★★☆☆ 著者は、フランス現代哲学専攻の学者。この人の著作はひとつくらいしか読んだことがなかったので、どういう哲学的信念 …

月影の迷路(リズ・ベリー[著]・田中美保子[訳]/国書刊行会) ~紹介と感想、軽いネタバレ

イギリスの「丘陵地帯」を舞台にしたファンタジー。 (歴史ある)土地のパワーに翻弄される人々。 読みやすい文章と、単純な構図。 おススメ度:★★★☆☆ (簡単な導入説明)大学入試試験を終えた「クレア」が …

深い河 (遠藤周作/講談社文庫)

インドで人生の意味を問う群像劇 深い……のかどうなのか、私にはわからない 基督教への分かりやすい考察 おススメ度:★★★☆☆ (あらすじ)妻をがんで亡くした男、基督教徒の男を弄んだ女、ビルマの戦場で地 …

ギガントマキア(三浦建太郎/ジェッツコミックス) ~あらすじと感想、軽いネタバレ

ベルセルクの作者による異色格闘漫画 恐らくプロレスとロリータが描きたかったと思われる 一巻だけで完結。少し惜しい気も。 おススメ度:★★★☆☆ 前に紹介した「ベルセルク」の作者による一巻限りの読み切り …

「怪奇実話集」を読んだ~読書メモ(63)

  読書メモ(063) 日本と世界の怪奇実話集 なんか、なつかしさを感じる オススメ度:★★★☆☆ 【怪奇実話集とは】 最近、2冊の「怪奇実話」に関するアンソロジーを読んだ。ひとつ目は、かの平井呈一が …

アーカイブ