★★★☆☆

ワルプルギスの夜(グスタフ・マイリンク、垂野創一郎[訳]/国書刊行会)

投稿日:2017年11月19日 更新日:

  • 長篇2本と、短篇・エッセイ各数篇。
  • 幻想的で、神秘主義的な作品群。
  • ユーモアのあるものもあります。
  • おススメ度:★★★☆☆

本書は、「マイリンク幻想小説集」と題された、マイリンクの長篇と短篇〔とエッセイ〕をあつめたものです。マイリンクというと『ゴーレム 』(白水uブックス/Ama)が有名です。私は『ゴーレム』だけ読んだ記憶があります(短篇については、読んだはずなのですが内容はおぼえていません)。『ゴーレム』を読んでいるときは、ずっと茫漠とした世界に包まれているような、霧か靄のなかを手探りですすむような、怖いというより何だか得体の知れない雰囲気を感じていました。

まず長篇の二つ。表題作の『ワルプルギスの夜』は、解説のことばをかりると、「終末感の色濃い作品で、若者が戦争に駆り出され閑散となった第一次大戦のプラハを舞台に、すでに生きる化石となった老貴族たちが各人各様に破滅していく様子が語られている」作品です。時代的には違いますが世紀末感があるようにも思いました。(おそらく違うでしょうが)「世紀末芸術」からの影響は何かしらあるのか、またはないのか。それは措いて、物語はズルチャドロという夢遊病者の闖入からはじまります。彼の名は<鏡>という意味をもっていて、また死者の様相をときに帯びてその身に不思議な変化をあらわし、彼を前にした人たちは<鏡>に映ったものを見るように、彼の中に「本人の自覚しない<わたし>」を見るのです。

もう一つの長篇である『白いドミニコ僧』は、一読してよく分からず、解説を読んでみても分からず、ただ最後の幻視ともいえるシーンは凄いと感じました。物語は、創作すること(小説を書くこと)の不可思議さを説くことからはじまり、わたし(=マイリンク)を創作に駆り立てる、いやわたしの手をとって物語をつむがせる「クリストファー・タウベンシュラーク」のことについて書かれます。物語の重点は、道教思想とキリスト(教)思想とが響きあうものとなっているところでしょうか。仙術の最終奥義である「尸解(しかい)」と、聖者になるということとが対比になっているのでしょうか。印象的なのは、後半で一気に時間が経過して、いろいろな状況が変化したところでしょうか。本作品は、正直にいって要再読作品です。

長篇に比べると、短篇とエッセイは非常に読みすすめやすいです。初期短篇は、頭にうかんだものがフラスコに具現化し何でも吸い込むブラックホールのようなものが現れる『黒い玉』を筆頭に、作風としては、隠れた何かを現出させようとするものや、何らかの夢遊状態にあったものが現実に覚めた後のそれとの折り合いに苦労するものなど、茫漠としたものが目立ちます。

後期短篇は三つ。『鏡像』……過去が現在に押し入って、鏡像のような世界が内省的に描かれた味わい深い一品。『白昼夢』……ある博士との会話をめぐる、「アルフレート・クビーン」との謎めいたやりとり。このクビーンは画家であり、『裏面』の作者のことでしょう。『時計作り』……祖父の持ち物であった時計をめぐる話。それを骨董屋は「<狂った人>」の作ったものと言いますが…。

エッセイはさらに面白いです。本当のことかどうか分からない不思議な体験談や、ちょっとした小話に、幻視にまつわる話にと楽しめるものばかりです。特に、『いかにしてわたしはプラハで黄金を作ろうとしたか』は、ユーモアたっぷりで笑えます。もう少しエッセイを読んでみたいです。

ボルヘスはマイリンクから影響を受けているようですが、マイリンクの短篇はボルヘスよりも分かりやすい部分があります。まあ、そんなに強くはおススメしませんが、図書館などで見かけた時はちょっとページをめくってみて下さい。短編・エッセイは簡単に読めますので。もしくは、一度『ゴーレム』を読んでみて面白ければ(怖ければ)、本書を手にとってみて下さい。

(成城比丘太郎)


ワルプルギスの夜 (マイリンク幻想小説集) [ グスタフ・マイリンク ]


-★★★☆☆
-,

執筆者:

関連記事

『ゆるキャン△』と「日常感」(2)<後篇>

   前回【『ゆるキャン△』と「日常感」(1)】のつづきです。 今回もとりとめのない会話です。 「日常感」の説明と、それを感じさせるアニメについてダラダラと話されます。 おススメ度:★★★☆☆ (編者 …

死の棘(島尾敏雄/新潮文庫)

壮大な夫婦の痴話喧嘩の詳細 妻の狂いっぷりが凄い ひたすら繰り返される嫉妬の恐怖 おススメ度:★★★☆☆ この本もいつもの本屋の女性店員さんに推薦頂いた一冊だ。本の帯には「絶望的煉獄か 究極の夫婦愛か …

ヒロシマの人々の物語(ジョルジュ・バタイユ[著]・酒井健[訳]/景文館書店)~概要と感想

バタイユの「ヒロシマ」論。 ナガサキにも通じるものがある。 後半はバタイユの思想についてさかれている。 おススメ度:★★★☆☆ 本書は、バタイユが、ハーシーのルポルタージュ『ヒロシマ』(1946年)を …

幸運の25セント硬貨(スティーヴン・キング/新潮文庫)

ジャンルが異なる7つの話を収録した短編集 SF、怪談、スプラッターから、表題作のようなホラー要素のないものも スティーブン・キングの作品を一つでも読んでいる方ならおススメ おススメ度:★★★☆☆ 本作 …

ベルセルク 40(三浦健太郎/ヤングアニマルコミックス)

本当に長いファンタジー漫画の一つのターニングポイント 簡単に言えばふりだし(13)に戻る うっすらと虚無感も…… おススメ度:★★★☆☆ まず、この漫画をご存知ない方は過去記事の「ベルセルク 1」を、 …

アーカイブ