★★★☆☆

仮面病棟(知念実希人/実業之日本社) 〜あらましと感想、軽いネタバレ

投稿日:2017年6月9日 更新日:

  • 病院に立て籠もった犯人と医者のサスペンス
  • 文章は読みやすい。キャラもわかりやすい
  • そこそこ楽しいがもう一捻り欲しい
  • おススメ度:★★★☆☆

(あらまし)アルバイトである病院の夜勤についた主人公の外科医・速水秀悟。その病院にピエロの仮面を被った強盗が押し入り、拉致して来た女を拳銃で打つ。その女の治療を速水はさせられるが、やがてこの病院の真の秘密に近づいていく……という筋立て。

最近、変化球が多かったので、初心に帰って怖い本を求めて本屋で買って来た一冊。実はその本屋の店長さんにオススメを聞いてみたのだが、俄かに慌てて「最近、本を読んでなくて……」などと意味不明な供述を始めたので、一番近くにあったこの本の裏の紹介文とオビを読んで選んで買ったのが真相だ。仕方ない。紺屋の白袴ということにしておこう。

本作の長所は適度な距離感で読みやすい文章とテンポの良い展開だ。ホテルなら程よく空調が効いた部屋という感じ。冒頭から簡潔に状況を説明し、ちゃんとフェアに伏線を張りつつ、所々に見せ場を作る。概ね作者の狙い通りのことを読者は感じるだろう。

ただ、余りにサスペンスのお手本通りに組み立ててしまった為に、この手の本になれた読者には、売りであるどんでん返しが透けて見える。その前の病院の真相も早い時点で粗方予想できる。章のタイトルが「最初の犠牲者」はさすがに頂けないと思ったが……。

終盤に向かって、物語の場面は結構複雑に入れ替わるのたが、帰着点がある程度わかる為に少々煩わしい。所々、読者も含めて登場人物をフェイクにかけようとするのだが、それが成功しているとは言えない。この辺が大きな欠点で、思わず分かったから先へ進めよ、と思ってしまった。

全体的には褒めているようには思えないと感じるだろうが、正統派のサスペンスとして成立しているし、私のようなヒネた読者ばかりではないだろうから「少しドキドキする軽いサスペンス」としてはよく出来ていると思う。Amazonの評価は低めだが、そんなに悪くないと思う。

ただ、最後のオチに何とも言えないモヤモヤが残る。多分、ステレオタイプのキャラとして描き過ぎたが由縁に唐突さがある。もう一捻りして、読者の度肝を抜いて欲しかった。このシリーズは趣向を変えた続編があるが、読みたいかどうかと言われれば、言葉を濁してしまう。

あと、やっぱり本屋の店長はどんなジャンルでも一冊くらいはオススメを持っていて欲しいなぁ。

(きうら)



(楽天ブックス)

-★★★☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

櫛の火(古井由吉/新潮文庫)

死んだ女性を裡に秘めつつ、生きる女性と交わる 『行隠れ』の発展的変奏 古井文学的には過渡期にあたるものか おススメ度:★★★☆☆ 【はじめに】 本書は、古井由吉が出した単行本としては、『杳子・妻隠(過 …

出口のない海(横山秀夫/講談社文庫)

人間魚雷の乗組員の半生 戦争×野球という珍しい組み合わせ 娯楽作品として読めば楽しい。メッセージ性は弱い。 おススメ度:★★★☆☆ 第二次世界大戦時、人間魚雷こと特攻兵器「回天」の乗組員がいかにして自 …

残穢(小野不由美/新潮文庫)~読書メモ(011)&クロスレビュー

読書メモ(11) ドキュメンタリータッチですすむホラー 現代史の見取り図に沿って語られる おススメ度:★★★☆☆ あちこちのホラーサイトで「怖い」と紹介されていて(確か)、当ブログでもきうら氏が「久々 …

拝み屋怪談 鬼神の岩戸 (郷内心瞳/角川ホラー文庫) ~軽いネタバレ

安定のシリーズもの怪談集 単発怪談+連作怪談 思わせぶりな分、少し肩透かし感 おススメ度:★★★☆☆ この著者の作品は過去にも紹介(拝み屋郷内 花嫁の家拝み屋)している。現役の拝み屋が自分自身の体験か …

未来の年表(河合雅司/講談社現代新書)

止められない少子化(人口減少)の実情と、それへの「処方箋」。 「静かなる有事」という、人口減少による(日本)社会崩壊の危機。 日本の「おそるべき未来を時系列にそって、かつ体系的に」ときあかす。 おスス …

アーカイブ