★★★★☆

伊藤潤二自選傑作集(伊藤潤二/朝日新聞出版) 〜あらすじと感想、軽いネタバレ

投稿日:2017年6月21日 更新日:

  • 作者の「自作解説」付き9編と、書き下ろし新作1編。
  • 顔芸の要素もあるが、発想をうまく生かしていた良作もあります。
  • ホラー漫画をあまり読まない人にはちょうど良いかも。
  • おススメ度:★★★★☆

おススメしといてなんですが、私は、最近はホラー漫画は読みません。特にこれといった理由はないですが、漫画自体、中年になってからあまり読まなくなってしまったこともあります。といっても、昔は、ホラー漫画をよく読んでいたわけではありませんが。ですので、今回の紹介本も、(いいわけですが)ホラー漫画を読まない人の感想とおとりください。伊藤潤二作品に関しても、以前『うずまき』をよんだくらいで、その時の感想は、《まあまあ面白い、もし「うずまき恐怖症」なるものがあったら、怖いだろうな》くらいのものでした。では、いくつか作品の感想を書きます。

「中古レコード」……死の直後に吹き込んだとされる歌声の入ったレコード。そのメロディに魅了されたものたちの惨劇。

「寒気」……「ぼく」の隣に住む「梨奈」ちゃんの腕には、無数の穴があいていて、それは、「ぼく」の亡き祖父が、無数の穴に苦しめられて死んだものと同じものだった。その病気の原因には、あるものが関係していたのだが……。この漫画の中で、私はこれが(穴あきの描写)一番生理的にうけつけなかった。競走馬のかかる病気に「蟻洞」という、蹄に空洞が生じるものがありますが、それを思い出しました。

「ファッションモデル」……ある大学生が、たまたま見かけた雑誌に、異様な風貌のモデルをみつけ、怯える。その後、映画サークルの主演女優に応募してきた一人に、そのモデルの女性がいて……。なんだか、ホラーというより、ギャグかと思った。とくに、全員で映画の撮影地に向かう車内での一コマには、思わず噴き出した。

「首吊り気球」……ある日「和子」の友人で、アイドルの「輝美」が首つり自殺をした。やがて「和子」は彼女の死の真相に気づく。それは、人の顔を持った気球が、その顔に該当する人物を首吊りにしようと襲ってくるというものだった。自分の顔に襲われるというアイデアをうまくいかした一編。

「長い夢」……実際の睡眠時間とは違う時間を、夢の中で過ごす男の話。彼の夢の中で過ごす時間は、はじめは数日だったのが、徐々に一年、数十年、数千年と増えていき、それに応じるように、男の風体も進化したかのように、異形のものに変わっていく。やがて、男の夢中時間は永遠をむかえ……。睡眠と覚醒との懸隔を描いた、集中一の傑作。この作品は、漫画としても面白いが、文章(小説)にしても面白いのではないかと思う。

その他に、人形使いが、逆に人形に操られる様をえがいた「あやつり屋敷」。先祖の積み重なった記憶が、頭蓋を重ねるというかたちで視覚化された「ご先祖様」。油まみれの一家と、その不快感(夏の暑い日の汗がべたべたした感じ)をかいた「グリセリド」などがあります。

紹介していない作品もありますが、どれも読みやすいです。作品全体としては、グロ表現はそれほどありません。

(成城比丘太郎)



伊藤潤二自選傑作集

-★★★★☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(フロムソフトウェア/PS4)

ストロングな和風3Dアクション 美麗な絵、軽快な動き 社会人殺しの難易度 オススメ度:★★★☆☆ ホラーを読むと言っておきながら、ゲームのレビューになるのだが、このゲームには言いたいことがいっぱいある …

ヒトごろし(京極夏彦/講談社) 【感想編】ネタばれあり

土方歳三目線の新撰組伝の感想 「ヒトごろし」とは何か 殺人鬼が平和主義? おススメ度:★★★★☆ 「ヒトごろし」は新撰組をテーマにした京極夏彦の小説である。新撰組・副長、「鬼の」土方歳三を主人公に、一 …

今夜、すベてのバーで(中島らも/講談社文庫)~感想とあらすじ、読書メモより

中島らものアルコール依存症の自伝的小説 実際にアルコールが原因で亡くなっている 最強のドラックとしてのアルコール! おススメ度:★★★★☆ 旧サイトに「読書メモ」として投稿した内容を加筆・修正して転載 …

2666(ロベルト・ボラーニョ/白水社)

850ページを超える分量。しかも二段組。 謎の作家をめぐる、重層的なストーリー。 読書に辛抱強い人向けの本。 おススメ度:★★★★☆ (はじめに)チリ出身の作家ロベルト・ボラーニョの遺作である本書は、 …

玉藻の前 岡本綺堂伝奇小説集(岡本綺堂 /原書房)

妖怪をテーマにした悲恋 古典調だが読みやすい 予想以上に二転三転する物語 おススメ度:★★★★☆ 玉藻の前といえば、妖怪ファンにはお馴染みの九尾の狐、そして那須の殺生石。文学全集にも名を連ねる岡本綺堂 …

アーカイブ