★★★★☆

地を這う虫 (高村薫/文春文庫)

投稿日:2017年5月18日 更新日:

  • 報われない男の諦めない物語
  • 4つの短編を収録
  • 人生は勝ち負けではない
  • おススメ度:★★★★✩

(あらまし)「人生の大きさは悔しさの大きさで計るんだ」。文庫本の裏面にあるフレーズ。最近気が付いたが、人生とは基本「うまくいかない」。逆説的に言うと、うまくいくことを追求すればするほど「不幸になる」。この本は守衛や運転手、サラ金の取り立て屋など、心ならずも望まない職に奉職する人々を、愛情たっぷりに描く短編集。人生経験が有ればあるほどグッと来る。

例えば、表題作の短編は、家族とも別居し、前職を首になり、守衛と倉庫番を務める冴えない中年が、ある事件の真相に警察より先にたどり着くという筋立て。社会的には落伍した主人公が、自分自身の矜持をかけて、犯人を推理する。しかし、その行為はむしろ迷惑がられる。あまつさえ、犯人に間違えられたりする。しかし、主人公は簡単に諦めたりしない。

あなたは自分が幸せと思いますか? うん。あまり思っていませんね。では、この「不幸せ感」に有効なものは何か。みんな笑って生きているけれど、それは底板の薄い小舟に乗って漂っているようなもの。誤って踏み抜けば、底知れぬ暗い海が広がっている。これを恐怖と言わず何と言おう。じゃあ、どうすれば。

それに対抗するものは、プライドしかない。誰が認めなくても、自分が認めればいい。それが虚しいかどうかは関係ない。私も含め、凡百の人間はそれを胸に、今日も些末な仕事に対峙するのだ。それを小説として堪能できるのが、本作の内容。それでも生きろと言われる。何のために? それはもちろん生きるために生きるのだ。

恐怖の種類は違うが、この本の主人公になることを想像してみよう。ゾッとするはずだ。誰だってサラ金の取り立て屋にはなりたくない。でも、そうなる可能性はある。ただ、生きていればそれでいい。そう全肯定してくれる一冊。もし、人生に疲れているなら、ぜひ、沢木耕太郎ではないが、この「敗れざる者たち」(敗れざる者たち (文春文庫)沢木耕太郎/Ama)の物語を紐解いてほしい。

(きうら)



(楽天)

-★★★★☆
-,

執筆者:

関連記事

文学入門 (桑原武夫/岩波新書 青版)

非常に分かりやすい文学論 未読であれば深い感銘を受ける しかし、文学、進歩してないんじゃ…… おススメ度:★★★★☆ これまで娯楽小説好きを自称し、ブンガクというものとは一線を画して生活してきたのだが …

ヒトでなし: 金剛界の章 (京極夏彦/新潮文庫)

不幸な男が非積極的に人を救う話 ヒトでなしとは善で悪でも無い極北のこと 異様にハマってしまった おススメ度:★★★★☆ 久しぶりに本を読んでいて心地良かった。読まなければならない、という主体性を求めら …

ねじの回転(ヘンリー・ジェイムズ[著]・土屋政雄[訳]/光文社古典新訳文庫) ~あらすじと感想

クリスマスイブに古い屋敷で行われた怪奇譚。 二人の美しい子どもたちと、二人の亡霊と、家庭教師の女性と。 (ゴシック小説風)ホラーとして読めます。 おススメ度:★★★★☆ 本書は、聞き手の「私」を含む何 …

死ねばいいのに(京極夏彦/講談社)~あらましと感想

殺害された女性を取り巻く人間たちの業を描く 一種のミステリで、一定のパターンを繰り返す 京極作品としては珍しい作風と独特の読後感 おススメ度:★★★★☆ インパクトの強いタイトルだが、これがメインテー …

メドゥーサ(E・H・ヴィシャック、安原和見〔訳〕/ナイトランド叢書)~読書メモ(46)

「幻の海洋奇譚」 海洋冒険ものの序盤から、怪奇ものの後半へ 恐怖とは暗示に満ちた不定形なもの おススメ度:★★★★☆ 【はじめに】 『メドゥーサ』は1929年発表で、海洋冒険を装った怪奇幻想小説。本書 …

アーカイブ