★★★☆☆

夜の夢見の川(中村融・編/創元推理文庫) ~あらましと感想、軽いネタバレ

投稿日:2017年5月30日 更新日:

  • 12編の「奇妙な物語」。
  • ホラー要素もあるが、どこかとらえどころのない話。
  • 翻訳ものに向かない人には、あわないかも。
  • おススメ度:★★★☆☆

『麻酔』(クリストファー・ファウラー)…歯科治療にきた「サーロウ」は、歯科医を名乗る「マシュウズ」から治療を受ける。その治療はだんだんエスカレートしていく。歯科治療のおそろしさを戯画化したものと思いきや、日常に潜む陥穽をえがく。ラストの「キネティック・アート」の完成は凄惨でおそろしい光景だが、なぜか美しい。志賀直哉の「剃刀」には緊張感があったが、こちらは悪意だけを感じる。

『バラと手袋』(ハーヴィー・ジェイコブズ)…「わたし」は子供時代に「オートバイのおもちゃ」を、友人の「ヒューバーマン」と交換した。大人になってその「オートバイ」を買い戻しに行くのだが…。「わたし」と、収集家である「ヒューバーマン」との旧交をあたためあうはずのやり取りが<奇妙>といえる。物質文明への皮肉といえばありきたりだが、「わたし」のラストの決意は、読みようによってはなんだが怖い。

『お待ち』(キット・リード)…車で観光旅行中の母娘が、ある町に迷い込む。そこでは「奇妙な風習」が隠然と続いていた。母は食虫植物に取り込まれるように、町に染まっていく。最初は抵抗しようとした娘も、最後は町の慣習に従うことになる。

『終りの始まり』(フィリス・アイゼンシュタイン)…死んだはずの母から電話が掛ってくる。母の誘いによって、離れていた兄妹たちが集まり、そこで彼らは母にまつわる苦い思い出をぶつけあう。はじまりは奇妙な感じなのだが…。もし死んだはずの母から連絡が来たら、心の変化はどうなるだろうか。喜ぶのか、怖がるのか。作品ラストの意味を考えてみると、感動ものといえるだろう。死んだ母を結節点としての、兄妹の和解の物語といえる。

ある男が家族とともにハイウェイへと向かい、道路脇に停車する無人車群の仲間入りをする『ハイウェイ漂泊』。これは都市に生きる拠りどころのなさをあらわしたのだろうか。漂泊して存在が漂白していくといったところだろうか。

主婦の「ローズ・エレン」が、不安の塊をあらわすような、二匹の銀色の犬に付きまとわれることによって、夫婦間に口論が起こる『銀の猟犬』。これはこの作品群の中では、あまり感心しなかった。不気味な雰囲気だけを書いている感じがした。

その他いくつかを簡単に紹介します。ある女性から聞いた、短くて切ない話である『心臓』。ある町で女性に魅せられた若者の、奇妙で苦い体験談をえがいた『剣』。人語を解する飼い犬が、飼い主である家族(特に父親)の内情を暴きだし、一家のバランスが崩れるさまをえがいた『イズリントンの犬』。

『夜の夢見の川』(カール・エドワード・ワグナー)…護送車の事故で逃走した女性が、助けを求めて入り込んだ屋敷でみかけた、住人のあやしい習慣と、それからの一切が転倒したかのような真相。最初の不気味でしずかな町並みはなんだったのだろうか。よく分からないところではあるが、印象に残る作品。

そんなに強くは薦めませんが、後味のよくない(オチがよく分からないとか、ブラックユーモアとか、そういうの)話が好きな人には、おススメです。

(成城比丘太郎)


(楽天)

-★★★☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

クトゥルー(2)(オーガスト・ダーレス/青心社)

クトゥルー復活を阻止する博士と、五人の若者。 だいたい似たような話。 軽くネタバレしてます。 おススメ度:★★★☆☆ 青心社の「暗黒神話体系シリーズ(クトゥルー神話)」の第二巻です。一巻はラヴクラフト …

昆虫を食べる!(水野壮[監修]/洋泉社新書y)/食べられる虫ハンドブック(内山昭一[監修]/自由国民社) ~食糧難と昆虫

歴史ある昆虫食の文化。 これからの食糧難に向けてひとつの解決策となるか。 簡単な「食べられる虫」の写真付きガイド。 おススメ度:★★★☆☆ 『未来の年表』の本の中でも危惧されていた「食糧難」を解決する …

中島らものたまらん人々 (中島らも/双葉文庫)

いそうでいない変なヒトビトの図鑑 絶妙な文章とイラスト 今話題のコンプライアンス的には猛烈にアウト おススメ度:★★★☆☆ 【はじめに】 本書は、著者(故人)自身とその周囲の「コワい」人々を語るエッセ …

リアル王様ゲーム~女子高生.com (しろいちじく/竹書房文庫) ~ややネタバレ気味

「真面目な」サスペンスミステリ 時代を感じる設定(2010年) 面白いような、恥ずかしいような…… おススメ度:★★★☆☆ なんか、ゴメン……基本的に読む本を選ぶときは、内容はあまり確認せず、タイトル …

仁王2(コーエーテクモゲームス/PS4)

序盤のみだが難易度高過ぎ 前作の使い回し感 でも嫌いじゃない おススメ度:★★★☆☆ 仁王2は、戦国時代の史実と妖怪のいる世界をミックスした日本を舞台にしたいわゆるソウルライクゲーム。ご存知の方もいる …

アーカイブ