★★★★☆

妖怪ハンター 1 地の巻(諸星大二郎/ヤングジャンプコミックス) ~あらましと感想

投稿日:2017年7月10日 更新日:

  • 独自の世界観と画風のホラー漫画
  • 民俗学的知識が下敷きになっている
  • ホラーにとどまらない深みのあるストーリー
  • おススメ度:★★★★☆

かの「漫画の神様」手塚治虫が「僕は誰の絵もまねて書くことができるが、君の絵だけは難しい」と言わしめたという諸星大二郎氏の代表作。嘘か真かは分からないが、確かに本文を読めばその理由はよくわかる。どこかにありそうで絶対にまねて描くことができない絵だ。多分、デッサンの感覚が通常の人間とは大きく変わっているからだろう。古い本だが、丁寧に作画されているので、古さは感じない。

(あらまし)新進の考古学者である稗田礼次郎は、考古学に名を借りて、各地の奇妙な事件を調査していた。謎の古墳の調査や、古くから続く祭りの禁断の儀式から、スケバンにとりついた謎の怪現象の正体まで、研究対象は様々だ。稗田はクールな長髪姿で冷静な視点で事件の真相と解決に迫っていく。絵だけ見ると小学生でも読めそうだが、中身はかなり大人向けに書かれていて、グロい表現やある種のエロティシズムなどもあるので、小学生にはあまり勧められる内容ではない。

テーマもきわどいネタを結構扱っていて「生命の木」というエピソードでは、基督教の日本での普及に鋭く踏み込んでいるが、知的障碍者を扱っていることもあり、現在の漫画のコードから言えば、完全にアウトっぽいネタだ。それだけにオチはインパクト十分。この「地の章」では、最も評価の高いエピソードで、その不気味な雰囲気と言い難解なストーリーと言い、少年漫画の域を完全に超えている。

個人的には、怪獣漫画の要素を持つ「闇の客人(まろうど)」が一番面白い。ある地方で、観光の目玉として古い祭りを復活させようと試みるのだが、そのやり方を間違ってしまい、福の神ではなく、悪魔を召喚してしまう。この過程が実にダイナミック。大技、小技取り混ぜてホラー漫画の神髄を味わえる傑作で、ラストの虚無感といい、素晴らしい作品と言える。

テーマがテーマだけに上記の手塚治虫や藤子不二雄、水木しげるなどの作家ほど、一般には知られていないが、その面白さはむしろ大人の方が楽しめるだろう。ディティールに手抜きがないので、何度か読み返しても新しい発見があるのもいい漫画の証拠だ。他の代表作品「西遊妖猿伝 大唐篇(1)」もぜひ読んでみたいと思う。大人のホラー漫画ファンにおススメしたい上品で上質な作品だ。

(きうら)

 



妖怪ハンター 1 地の巻【電子書籍】[ 諸星大二郎 ]

-★★★★☆
-, ,

執筆者:

関連記事

パシフィック・リム(ギレルモ・デル・トロ監督)~あらすじと感想、続編について

清く正しい「怪獣」映画 日本アニメxハリウッド映画 穴もあるが日本人「男子」にはいい映画 おススメ度:★★★★☆ ギレルモ・デル・トロ監督と言えば、メキシコ出身の元はマニアックなホラー系映画監督である …

人間椅子 江戸川乱歩ベストセレクション(1) (江戸川乱歩/角川ホラー文庫)

乱歩入門に最適な怪奇短編集 ありそうでない、古そうで古くない 有体に言えば乱歩はすごく有能な変態 おススメ度:★★★★☆ 全然関係ない話から始めてしまうのだが、江戸川乱歩は私の同郷の文人である。同郷と …

ヒトごろし(京極夏彦/講談社) 【感想編】ネタばれあり

土方歳三目線の新撰組伝の感想 「ヒトごろし」とは何か 殺人鬼が平和主義? おススメ度:★★★★☆ 「ヒトごろし」は新撰組をテーマにした京極夏彦の小説である。新撰組・副長、「鬼の」土方歳三を主人公に、一 …

エルフランドの王女(ロード・ダンセイニ〔著〕、原葵〔訳〕/沖積舎)

ダンセイニの傑作ファンタジー 人間の世界に隣り合う、もうひとつの世界がある 魔の国から見る人間世界 おススメ度:★★★★☆ 本書は、1924年発表の傑作ファンタジーで、この度復刊されました。「ファンタ …

絡新婦の理 (京極夏彦/講談社文庫) ~あらすじと感想、ネタバレあり(後編)

目潰し魔と絞殺魔の事件を繋ぐ糸とは 魅力的なキャラクターたち ネタバレありの感想 おススメ度:★★★★☆ この作品については、前編に引き続いて感想を書いていきたいと思う。前回は今まで通り概要を紹介した …

アーカイブ