★★★★☆

妖怪ハンター 1 地の巻(諸星大二郎/ヤングジャンプコミックス) ~あらましと感想

投稿日:2017年7月10日 更新日:

  • 独自の世界観と画風のホラー漫画
  • 民俗学的知識が下敷きになっている
  • ホラーにとどまらない深みのあるストーリー
  • おススメ度:★★★★☆

かの「漫画の神様」手塚治虫が「僕は誰の絵もまねて書くことができるが、君の絵だけは難しい」と言わしめたという諸星大二郎氏の代表作。嘘か真かは分からないが、確かに本文を読めばその理由はよくわかる。どこかにありそうで絶対にまねて描くことができない絵だ。多分、デッサンの感覚が通常の人間とは大きく変わっているからだろう。古い本だが、丁寧に作画されているので、古さは感じない。

(あらまし)新進の考古学者である稗田礼次郎は、考古学に名を借りて、各地の奇妙な事件を調査していた。謎の古墳の調査や、古くから続く祭りの禁断の儀式から、スケバンにとりついた謎の怪現象の正体まで、研究対象は様々だ。稗田はクールな長髪姿で冷静な視点で事件の真相と解決に迫っていく。絵だけ見ると小学生でも読めそうだが、中身はかなり大人向けに書かれていて、グロい表現やある種のエロティシズムなどもあるので、小学生にはあまり勧められる内容ではない。

テーマもきわどいネタを結構扱っていて「生命の木」というエピソードでは、基督教の日本での普及に鋭く踏み込んでいるが、知的障碍者を扱っていることもあり、現在の漫画のコードから言えば、完全にアウトっぽいネタだ。それだけにオチはインパクト十分。この「地の章」では、最も評価の高いエピソードで、その不気味な雰囲気と言い難解なストーリーと言い、少年漫画の域を完全に超えている。

個人的には、怪獣漫画の要素を持つ「闇の客人(まろうど)」が一番面白い。ある地方で、観光の目玉として古い祭りを復活させようと試みるのだが、そのやり方を間違ってしまい、福の神ではなく、悪魔を召喚してしまう。この過程が実にダイナミック。大技、小技取り混ぜてホラー漫画の神髄を味わえる傑作で、ラストの虚無感といい、素晴らしい作品と言える。

テーマがテーマだけに上記の手塚治虫や藤子不二雄、水木しげるなどの作家ほど、一般には知られていないが、その面白さはむしろ大人の方が楽しめるだろう。ディティールに手抜きがないので、何度か読み返しても新しい発見があるのもいい漫画の証拠だ。他の代表作品「西遊妖猿伝 大唐篇(1)」もぜひ読んでみたいと思う。大人のホラー漫画ファンにおススメしたい上品で上質な作品だ。

(きうら)

 



妖怪ハンター 1 地の巻【電子書籍】[ 諸星大二郎 ]

-★★★★☆
-, ,

執筆者:

関連記事

玉藻の前 岡本綺堂伝奇小説集(岡本綺堂 /原書房)

妖怪をテーマにした悲恋 古典調だが読みやすい 予想以上に二転三転する物語 おススメ度:★★★★☆ 玉藻の前といえば、妖怪ファンにはお馴染みの九尾の狐、そして那須の殺生石。文学全集にも名を連ねる岡本綺堂 …

白鳥の王子(野の白鳥) ~世界のメルヘン〈3〉(ハンス C.アンデルセン/講談社/挿絵は池田浩彰氏のもので)より ~あらすじと感想

残酷且つ美しい童話 継母によって追い出された王女の復活譚 エロティシズム溢れる挿絵。子供が「見て」いいのか? おススメ度:★★★★☆ 最近のアンデルセンの評価はどうなっているのか知らないが、せいぜい「 …

アーカム計画(ロバート・ブロック/創元推理文庫)

クトゥルー神話の傑作長編 クトゥルー復活の陰謀に巻き込まれた一組の夫婦 ラヴクラフト作品へのオマージュ おススメ度:★★★★☆ 先日取り上げた『クトゥルー(2)――永劫の探究』では、ダーレスによる人間 …

世界の終わりの天文台(リリー・ブルックス=ダルトン〔著〕佐田千織〔訳〕/東京創元社)

世界は終末をむかえたらしいが、はっきりしない 地上の老人と、宇宙船内部の状況を交互に描く アイリスという少女は何者なのか おススメ度:★★★★☆ 【あらすじ】 北極圏にある天文台に、研究者として就任し …

ダーク・タワーII 運命の三人〈下〉 (スティーヴン・キング (著)/風間賢二/角川文庫)

相変わらずの超展開ファンタジー ロクでもない仲間ばかり集まる 物語の行方は全く見えないまま おススメ度:★★★★☆ 第1巻では、西部劇風の架空の世界を舞台に、華麗にガンマンとして活躍するローランドの姿 …

アーカイブ