お知らせ 評価不能

小説を書いてみたりして

投稿日:

  • たまにはそんな夜もある
  • こっそりと告知
  • 一応ホラー要素はある
  • おススメ度:評価不能

日頃から人様の作品を躊躇なく批判している私ですが、流石に自分で書いたとなると、臆病になってこんな深夜にこっそり告知したりして……。

読んでもらいたいのとは思いますが、実は某大賞に応募して、箸にも棒にもかからなかったという曰く付きの作品。

高校、恋愛、異能者、ラノベ、一応ホラー要素もあると言えばあります。
まあ、そんな所です。タイトルは「フェイクソウル」。

~Relight Ver. と付けたのは、ちょっとした意地です。ところで、小説って読むより書く方が面白いですね。

と、書評サイトにあるまじき発言をもって終わります。いやあ、宣伝は書きにくいな、本当にね。

(きうら)

-お知らせ, 評価不能
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

本は、これから(池澤夏樹[編]/岩波新書) ~本の未来を巡るいくつかのお話

7年前に出版された、「本」についての短文集。 私が当時(2010年)考えたことを中心に。 電子書籍の未来については、きうら氏に。 おススメ度:特になし。 今回取り上げるこの本を2010年に読んで、私が …

今更自己紹介と宣伝を少し

このブログもおよそ7か月間に渡って毎日更新し続けている。最初の4か月ほどは私「きうら」だけだったが、その後、高校時代からの親友「成城比丘太郎」氏を巻き込んで、現在では、ほぼ交互に更新している。 私自身 …

【告知&お知らせ&宣伝】今日は昼過ぎの更新を予定

・独自サーバーへの移行を検討中 ・当社組織の紹介と宣伝 ・本更新は昼過ぎです 【告知】 大変お世話になっている「Seesaa」ブログさんですが、モバイルで見た時にどうしても意図しない広告が入ってしまう …

はだしのゲン(中沢啓治/汐文社)

広島原爆投下前後の生活を描く とにかくトラウマ 理由はともかく、原爆は人間の所業ではない おススメ度:評価不能 最後に読んでからもう20年以上経っているが、何しろ今でもこの漫画の描くシーンを鮮明に思い …

あの世の話 (佐藤愛子・江原啓之/文春文庫)

あの世についての作家と霊能者の対談 何か述べてるようで何も現していない 何が目的か分からない不思議な内容だ オススメ度:よほどの好事家に 直木賞や菊池寛賞を受賞した作家である佐藤愛子が、霊能者である江 …

アーカイブ