お知らせ 評価不能

小説を書いてみたりして

投稿日:

  • たまにはそんな夜もある
  • こっそりと告知
  • 一応ホラー要素はある
  • おススメ度:評価不能

日頃から人様の作品を躊躇なく批判している私ですが、流石に自分で書いたとなると、臆病になってこんな深夜にこっそり告知したりして……。

読んでもらいたいのとは思いますが、実は某大賞に応募して、箸にも棒にもかからなかったという曰く付きの作品。

高校、恋愛、異能者、ラノベ、一応ホラー要素もあると言えばあります。
まあ、そんな所です。タイトルは「フェイクソウル」。

~Relight Ver. と付けたのは、ちょっとした意地です。ところで、小説って読むより書く方が面白いですね。

と、書評サイトにあるまじき発言をもって終わります。いやあ、宣伝は書きにくいな、本当にね。

(きうら)

-お知らせ, 評価不能
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カテゴリーの整理について

カテゴリーの分類法則がバラバラだったので、おススメ度での分類に変更しました。 一応、当サイトの評価の評価の開設は以下の通り。 ★★★★★ … これぞ怖い本。ぜひ読んで頂きたい一冊。 ★★★★☆ … 完 …

お知らせ:助っ人登場の巻

忙しいので助っ人を頼んだ 私より本をよく読んでいる 紹介の形式は同じ。文体は違う。 私の仕事が変わることもあり、これまでの頻度で更新のめどが立たないので、強力な助っ人をスカウトしてきました。 私の親友 …

図書館島(ソフィア・サマター、市田泉〔訳〕/東京創元社)

《ものがたり》が織りなす物語。 「<文字>」による秩序と、「<声>」のもつ豊饒さとの角逐。 病に冒された人の話ともいえる。 おススメ度:評価不能 【おことわり】 著者のソフィア・サマターは、本書が初長 …

怖い本をススメてください ~「恐怖の大王大賞」&「こんな本を買った自分が一番怖い大賞」開催予告

当ブログも昨年12月に開始し、早四カ月余り。正月は休みましたが、その間に書き溜めた記事は130本以上。今も毎日更新していますが、6月には目出度く200本近い本が紹介されているでしょう。 そこで、その時 …

はだしのゲン(中沢啓治/汐文社)

広島原爆投下前後の生活を描く とにかくトラウマ 理由はともかく、原爆は人間の所業ではない おススメ度:評価不能 最後に読んでからもう20年以上経っているが、何しろ今でもこの漫画の描くシーンを鮮明に思い …

アーカイブ