評価不能

山内くんの呪禁の夏。(二宮酒匂/角川ホラー文庫)

投稿日:2018年8月28日 更新日:

  • 災難に会いやすい少年のオカルト系ジュブナイル小説
  • 色々と評価不能
  • ……コメントできない感じ
  • おススメ度:評価不能

うーむ、困った。久しぶりにコメントに困る小説を読んでしまった。このサイトではおなじみの角川ホラー文庫から出ていたので、軽い気持ちで読んでみたのだが、正直、全く物語が頭に入ってこない。表紙からジュブナイル小説(ラノベ)系の話だとは知っていたが、ここまで合わないとは。

(あらすじ・本の裏より転記)小学六年生の山内くんは生まれもっての災難体質。昔そんな彼にお守りをくれたのは、口から火を吹く不思議な子・紺だった。「おまえに見せてやるよ。あっち側の世界を。隠り世を」紺と再会した山内くんは、彼女によってこの世ならぬものが見える目にされてしまう。紺とその仲間たちと一緒に、次々奇妙な事件に遭遇する山内くん。友情、呪い、神かくし、そして恋―忘れられない夏がはじまる。青春オカルトファンタジー。

内容的には上記で間違っていない、と思う……が、一つ重大なミスというか、落ち度がある。この話は本書では完結せず、後半(山内くんの呪禁の夏。 夏の夕べに約束を)を読まないと、話の全容が分からないという状態なのだが、どこにもその表記がない。なので、最後のページで正にブツリと途切れる。続くという案内もないし、完結もしていないし、単にいきなり終わった感じでどうも納得できない。それはないよというのが、正直なところ。

とはいえ、内容を正確に把握できているかというと正直怪しい。序章で火事のシーンがあるのだが、主人公の父親が二階の窓からバイクで犬を助けて飛び出して姫路城の堀に落ちる。父親は元ヤンキーで今は喫茶店のマスターで、身長2メートルと書かれている。この時点で私の思考は停止した。以後、田舎に行って、口から火を吐く少年と見せかけた少女・紺(こん)と出会って、呪いやトラブルに巻き込まれるのだが、本当にうわべしか覚えていない。

つまりこれは、読むべき人間が読まなければ全く意味のない小説、ではないかと思う。具体的に言えば、小4の娘が、半日くらいで読破していたので、つまりはそういう年代に向けた小説であり、いい年したおっさんが読むべきものではないのだ。因みに娘に感想を聞いてみると「山内君が最初は呪いとか言ってたのに、途中から格闘ものになっていきなり終わった。最初の目的と違う」と、いう感想。これは高く評価していないのではないかと思うが、最後まで読んでいたのでそれなりに読めたのではないかとは思う。

これでも一応、萌えという概念は理解しているので、上記の紺と山内くんのやりとりに惹かれる人もいるのではないかと思うが、何しろ、人物の背景がほとんどないので「そういうキャラがいる」という段階で止まっているのではないかと思う。まあ、味のしないガムを噛んでいたようで、噛み終わったのかどうかも分からない、そんな状態でこの文章を書いている。というわけで、正確に理解できないものを評価することはできないので、評価不能としたが、断片的な感想では、あまりおススメはできない。と、思ってAmazonの評価を見てみると★5の人が二人感想を書いているではないか。

うーむ、というわけで、最初に戻ってコメントに困っている状態。読んで損したとは思わないが、普段からこのサイトのおススメを信じてくれている方は読まれない方がよかろう。もっと別にいいホラーがあるはずだ……。「が、」が多い文章で読みにくくなったのは申し訳ない。

(きうら)


-評価不能
-, , , ,

執筆者:

関連記事

君の名は。(新海誠/監督) ~今さら何を言うべきか

映画版の感想です 典型的なボーイズミーツガール うーむ、悩むなぁ おススメ度:分からん よく「勘が働く」というが、あれは自分の経験を無意識に脳が分析し、答えとしてアウトプットしていると思う。一見意外に …

はだしのゲン(中沢啓治/汐文社)

広島原爆投下前後の生活を描く とにかくトラウマ 理由はともかく、原爆は人間の所業ではない おススメ度:評価不能 最後に読んでからもう20年以上経っているが、何しろ今でもこの漫画の描くシーンを鮮明に思い …

あの世の話 (佐藤愛子・江原啓之/文春文庫)

あの世についての作家と霊能者の対談 何か述べてるようで何も現していない 何が目的か分からない不思議な内容だ オススメ度:よほどの好事家に 直木賞や菊池寛賞を受賞した作家である佐藤愛子が、霊能者である江 …

神のみぞ知るセカイ(若木民喜/少年サンデーコミックス) ~お正月限定企画「怖くない」本(成城比丘太郎)

ギャルゲーを何よりも愛する主人公。 ふたつの三角関係を含む、多角関係のラブコメ。 序盤は恋愛シミュレーションゲーム風、後半から世界の命運を決する戦いへ。 おススメ度:とくになし。 2018年最初の記事 …

小説を書いてみたりして

たまにはそんな夜もあるこっそりと告知一応ホラー要素はあるおススメ度:評価不能 日頃から人様の作品を躊躇なく批判している私ですが、流石に自分で書いたとなると、臆病になってこんな深夜にこっそり告知したりし …

アーカイブ