★★★☆☆

幻視(米山公啓/角川ホラー文庫)

投稿日:2018年9月1日 更新日:

  • 比較的スリリングな医療系ホラー
  • テンポが速くて読みやすい
  • 落ちはちょっと
  • おススメ度:★★★☆☆

(あらすじ)ライブ会場でいきなり頭から血が噴き出してロックシンガーが死亡した。同時期、同様の症状で死亡する人間があらわれる。主人公は民間の医療研究センターに勤める若勢。女所長の南田と共に、警視庁から依頼を受けて、新種のウイルスではないかと原因を追うが、手掛かりは全くつかめない。そんな中、不思議なものが見えるという男が現れる。それはあのライブ会場にいたらしい……。

冒頭にグロテスクなシーンがあるが、全体の構成的に「起爆剤」として必要だった印象で、以後は結構地味な調査が続く。なので、グロテスクなシーンは比較的少ない。どちらかというと、医療系の知識を駆使して、新種のウイルスを追うという医療ミステリの雰囲気もある。その医療知識が正しいかどうかは、私には分からないが、少なくとも荒唐無稽とは感じなかった。

特筆すべきは展開の早さ。多分、作者の特徴なのではないかと思うが、細かく章割りされていて、一つの章の中に何らかの興味を引く題材を入れてくる。地味な展開と書いたが、グイグイ読める面白さがある。これはサスペンス的手法で、一度読み始めるとついつい次の一章も読んでしまう(短いのもあるし)。そういう訳で、中盤までは非常に楽しく読めた。ただ、主人公の恋人がいるのだが、その存在意義がイマイチ分からないというのはあったが……。

雰囲気が怪しくなってくるのは後半から。「このあと、このページ数で終わるのか」という疑問が湧いてくる。ウイルスの謎は全く解けず、登場人物は増え、ページ数は減ってくる。「ああ、これは」と、本に読みなれた方なら予感がしてくる。そう「投げっぱなし」の予感である。展開が早いだけに、余計にそう思える。では、結末はどうだったかというと、流石にそれは書かないでおこうと思う。それを書いてしまうと、読む価値がなくなってしまう。

ただ、抽象的に表現するなら「これまでの展開を全て吹っ飛ばし、最初に考えた『面白い落ち』をぶち込んできた」という感じ。ただ、この落ちはまあ、いかがなものかと。そこまでが(比較的)科学的だっただけに違和感がすごい。時代はこの小説の設定を追い抜かしているような気がする。この小説の設定が当てはまるなら、今頃全人類の頭が爆発しているだろう。

と、注文を付けてみたが、軽い読書としては読みやすいし、なかなか楽しかった。ラストは問わないで、経過を楽しめる人であれば、そこそこおススメ。

(きうら)


-★★★☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

人生を変えるアニメ(河出書房新社〔編〕/河出書房新社)~読書メモ(016)

読書メモ(16) 中学生以上の人に向けて、著名人がアニメをお薦めするという内容 基本的に、無難な選定 おススメ度:★★★☆☆ 【おわびと訂正】 はじめにおわびから。以前の記事で、『君の名は。』の主役の …

火花(又吉直樹/文春文庫)~ベストセラーを読む(2)、あらすじと感想、軽いネタばれ

ある芸人と師匠の実質二人劇で進行 非常に読みやすい文章とハッとするフレーズ このエンディングの先が読みたい おススメ度:★★★☆☆ (あらすじ)売れない駆け出しの芸人の徳永は、熱海で行われた花火大会で …

未来の年表2(河合雅司/講談社現代新書)

「人口減少日本」で起きること 前著の二番煎じでないわけではないが 高齢の方向けの本になっている おススメ度:★★★☆☆ 本書は、昨年度ベストセラーになったとされる『未来の年表』の続編。去年それを読んだ …

山岡鉄舟と月岡芳年について《1》~あるふたりの会話から

   山岡鉄舟-決定版(小島英記/日本経済新聞出版社) 月岡芳年伝(菅原真弓/中央公論美術出版) とあるふたりの暇にまかせた会話 幕末明治を生き抜いたふたりの人物から 江戸で生まれたふたりに、ニアミス …

百年前のバルセロナで何が起こっていたのか

悪女(マルク・パストル、白川貴子〔訳〕/創元推理文庫) カタルーニャを知る事典(田澤耕/平凡社新書) 死体泥棒(スティーヴンソン、吉野由起〔訳〕/集英社文庫ヘリテージシリーズ『スティーヴンソン』より) …

アーカイブ