★★★★☆

引き潮(R・L・スティーヴンスン&ロイド・オズボーン[著]、駒月雅子[訳]/国書刊行会)~あらすじと感想

投稿日:2017年9月13日 更新日:

  • タヒチにくすぶる三人組。
  • 海に出た三人組のとある計画。
  • ある島で彼らが出会う強大な人物。
  • おススメ度:★★★★☆

著者のスティーヴンスンは、先日紹介した『ジーキル博士とハイド氏』の作者で、ロイド・オズボーンとは、スティーヴンスンの継子です。一応本書は二人の合作となっていますが、訳者あとがきによると、実質スティーヴンスンだけで書いたもののようです。晩年の著者自身は南洋のサモアに住居を構えていたようです。だからでしょうか、本書には南洋の綺麗な風景が瑞々しく描かれています。

(簡単なあらすじ)タヒチに流れ着いた三人の白人(「タヒチで最もみじめな英語圏の三人組」)が、ある機会を得て、タヒチから出港します。三人の構成は、生真面目でちょっと心が弱いところがあるヘリック、元船長のデイヴィス、元店員のヒュイッシュです。彼らは、ある計画を立て、南米を目指して船を向けたのですが、予期しないアクシデントに見舞われます。行く手の見えなくなった彼らの目の前に、とある島が現れるのですが……。

第一部は、タヒチの浜辺での切羽詰まった生活からはじまり、うまく乗り込んだ船の中での話です。気弱な面もあるヘリックは、自分たちのしでかそうとする行為に気が咎めて逡巡するのですが、タヒチでの身に迫った危機を考え、仕方なくデイヴィスの計画にのります。一方、デイヴィスとヒュイッシュの二人は、乗船した時から、積み荷の酒を飲んだりして、急にいい加減な感じになります。この辺りで、ヘリックと二人の間に悶着が起こったりしますが、本当の懸念は、この後に三人に襲いかかるのです。

第二部では、行く当てのない彼らが到達した島での話です。そこで彼らを待っていたのは、大柄で活力あふれるおそろしい人物でした。この人物の登場のせいで、第一部の三人が、まるで何か悪事を働こうと企む不良の少年たちのように(かわいく)見えてしまいました。三人の不良たちが(ヘリックは、自分はそうとは思っていないでしょうが)、本当の悪を秘めもった大人に軽く掣肘されるような感じです。特にヘリックの気持は、この人物により、潮の満ち引きのように揺れ動きます(後にデイヴィスも)。それは心理の満ち引きのようなものです。

この小説は、特に(ホラー小説のような)怖い所はないです。スティーヴンスン自身が「これは非常に残忍かつ陰惨な話だ」と手紙に書いたようですが、そこが読み取れるかどうかでしょうか。怖い本をオススメするこのサイトの基準にあわせると、決して星4つではないでしょう。肝が冷えるようなものを期待すると肩透かしをくうかもしれません。あくまで、私が個人的に面白く読んだというだけの評価ですので、そこのところご了承ください。

(成城比丘太郎)



(楽天ブックス)

-★★★★☆
-, , , ,

執筆者:

関連記事

ヒトごろし(京極夏彦/講談社) 【感想編】ネタばれあり

土方歳三目線の新撰組伝の感想 「ヒトごろし」とは何か 殺人鬼が平和主義? おススメ度:★★★★☆ 「ヒトごろし」は新撰組をテーマにした京極夏彦の小説である。新撰組・副長、「鬼の」土方歳三を主人公に、一 …

もっと厭な物語 (文春文庫)~あらすじとそれに関する軽いネタバレ、感想

読後の厭な気分を味わうM系短編集 合わない話もあるが、基本面白い 不思議系、グロ系、寓話系なんでもあり おススメ度:★★★★☆ これも店員さんに薦めてもらったので、店員さんというタグをつくってしまった …

方形の円(ギョルゲ・ササルマン、住谷春也〔訳〕/東京創元社)

「偽説・都市生成論」という副題。 「36」もの都市像が、雪崩をうつように現象する。 それぞれがひとつの宇宙観を凝縮した都市。 おススメ度:★★★★☆ 【まえおき】 著者はルーマニア出身で、現在はドイツ …

塔の中の部屋(E・F・ベンスン〔著〕、中野善夫・圷香織・山田蘭・金子浩〔訳〕/ナイトランド叢書)

超自然現象を、結構冷静な目線で。 オモシロ怖い怪談を含むホラー短編集。 何かを感じるということについて。 おススメ度:★★★★☆ E・F・ベンスンは、「イギリス怪奇小説の名匠」ということで、丁度100 …

続巷説百物語(京極夏彦/角川文庫) ~(紹介・前編)、あらましと軽いネタバレ

江戸を舞台に怪しい面々が危ない「仕事」を行う 6つの短編集……というより分量的には中編集 前作と合わせて、一応の完結をみる おススメ度:★★★★☆ 前作(巷説百物語)をつい先日紹介したのだが、そのまま …

アーカイブ