★★☆☆☆

怪奇博物館(赤川次郎/角川文庫) ~あらましと感想、軽いネタバレ

投稿日:

  • 非常に軽い内容のホラー風短編
  • 大学教授と助手のコンビ連作と独立した短編
  • 肩透かし、あるいは息抜き?
  • おススメ度:★★☆☆☆

(あらまし)ドラキュラや謎の箱、呪いなどにテーマを取った7つの短編を収録。同じコンビを主役に据えた連作の間に独立したストーリーが挟まる構成。とにもかくにも赤川次郎。酒で言うなら非常に軽い食前酒のようなもの。

巻末にはホラー小説とあるが、半分はホラー風ミステリで純粋なホラーではない。基本は怪奇現象を理詰めで解説する謎解きの形を取る話も多いが、最終的に超常現象を認めて決着する話もあり、どうも座りが悪い。

文体はもう赤川次郎以外にないと言う文体で、知らずに読んでも多分「赤川次郎か素人が書いたもの」と思うだろう。軽妙洒脱と言えば聞こえがいいが、良くも悪くも何も残らない小説だ。オチもトリックも強引で、なるほど、力が入っていないのがよくわかる。

途中の娘を亡くした母親の話はそれなりに感慨もあったが、あとはもう「赤川次郎だから」で押し切る凡作、駄作揃い。決して嫌いではないのだが、これが著者の最良の仕事とは思えない。どうしても、暇なら、軽い気持ちで、と三重の前置きをしてから読まれた方がいいだろう。

多作で知られる著者であるから、こういう話もよく混ざるのかも知れないが、20年前に文芸雑誌に載っていたら、損も得も感じずに読み終わる、という所では無いだろうか。つまり、オススメしない。

(きうら)



(ネットオフ)

-★★☆☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

プロメテウス(リドリー・スコット監督)~あらましと感想、散々なネタバレ評価

エイリアンの前日譚(のような)映画 初代の荘厳さはなく、ハチャメチャな内容 エイリアンシリーズを見て爆笑するとは思わなかった…… おススメ度:★★☆☆☆ 普段、一部の例外を除き、世間の時間の流れとは、 …

恐怖箱 袋小路(神沼三平太/竹の子書房)~概要と軽いネタバレ、感想 ※Kindle Unlimited対応

実話の短編エピソードを100話収録 玉石混交の内容で、軽い話も多い バラエティ豊か。気軽な読書に おススメ度:★★☆☆☆ 百物語(参加者が順番に怖い話を披露する会)を開催している著者が実際に聞いた話を …

グルーム (ジャン・ヴォートラン (著) /高野優 (翻訳)/文春文庫) ~感想と概要

心を病んだ青年ハイムの妄想と犯罪 ノワール小説の鬼才の作品(紹介文より) 面白いような、そうでないような おススメ度:★★☆☆☆ 松の内も明けない内にこんな不気味な作品を紹介するのは気が引けないでもな …

首都消失 (小松左京/ハルキ文庫)  ~概要と感想、かなりのネタバレ

タイトルが全てのがっかりSF小説 首都は消失する、するが…… 読みたいテーマと微妙に違う おススメ度:★★✩✩✩ (あらまし)首都圏に突如発生する正体不明の異変。都心を半径30㎞、高さ1000mにもな …

夏の滴(桐生祐狩/角川ホラー文庫)

少年少女の日常生活が壊れる系のホラー かなりのトンデモ結末 読むのを勧めるかどうかは非常に迷う おススメ度:★★☆☆☆ 本の帯に書いてある導入部の紹介を引用すると「藤山真介。徳田と河合、そして転校して …

アーカイブ