★★☆☆☆

怪奇博物館(赤川次郎/角川文庫) ~あらましと感想、軽いネタバレ

投稿日:

  • 非常に軽い内容のホラー風短編
  • 大学教授と助手のコンビ連作と独立した短編
  • 肩透かし、あるいは息抜き?
  • おススメ度:★★☆☆☆

(あらまし)ドラキュラや謎の箱、呪いなどにテーマを取った7つの短編を収録。同じコンビを主役に据えた連作の間に独立したストーリーが挟まる構成。とにもかくにも赤川次郎。酒で言うなら非常に軽い食前酒のようなもの。

巻末にはホラー小説とあるが、半分はホラー風ミステリで純粋なホラーではない。基本は怪奇現象を理詰めで解説する謎解きの形を取る話も多いが、最終的に超常現象を認めて決着する話もあり、どうも座りが悪い。

文体はもう赤川次郎以外にないと言う文体で、知らずに読んでも多分「赤川次郎か素人が書いたもの」と思うだろう。軽妙洒脱と言えば聞こえがいいが、良くも悪くも何も残らない小説だ。オチもトリックも強引で、なるほど、力が入っていないのがよくわかる。

途中の娘を亡くした母親の話はそれなりに感慨もあったが、あとはもう「赤川次郎だから」で押し切る凡作、駄作揃い。決して嫌いではないのだが、これが著者の最良の仕事とは思えない。どうしても、暇なら、軽い気持ちで、と三重の前置きをしてから読まれた方がいいだろう。

多作で知られる著者であるから、こういう話もよく混ざるのかも知れないが、20年前に文芸雑誌に載っていたら、損も得も感じずに読み終わる、という所では無いだろうか。つまり、オススメしない。

(きうら)



(ネットオフ)

-★★☆☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

慈恩保の怪談話(慈恩保/Kindle版)~感想と軽いネタバレ

いわゆる実話ベースの現代怪談 20編の短編集。ラスト3話は連作 全話ほぼパターンが一緒 おススメ度:★★☆☆☆ こんなことを書いては著者に失礼だが、時々、気軽に「よくある怪談」を読みたくなる。技巧を凝 …

川を覆う闇(桐生祐狩/角川ホラー文庫)

不潔と清潔とのたたかい とにかくお下劣ばんざい でも、文章(文体)は、まとも おススメ度:★★☆☆☆ 【まえおき】 一か月に15冊くらいの本を読んでいる。図書館で借りてきて部分的に読む(見る)ものを含 …

牛家 (岩城裕明/角川ホラー文庫)

ゴミ屋敷の清掃員が体験する恐怖 リアルな出だし、シュールな結末 ゾンビ物「瓶人」収録。長さは同量。 オススメ度:★★☆☆☆ このところ、別の世界を覗きたいという欲求から、自分が詳しく知らない職業を扱っ …

ゴジラが来る夜に 「思考をせまる怪獣」の現代史(高橋敏夫/集英社文庫)

ゴジラの存在意義を問う評論本 ゴジラによって変容する評論というもの 怪獣好きなら読んで退屈しないが…… おススメ度:★★☆☆☆ 今月、新作「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」を観た。その出来には正直 …

岡山女(岩井志麻子/角川ホラー文庫) ※ネタバレなし

霊が見られる霊能士の短編小説集 幻想的な作風で怖くない 読後感は爽やかだが求めてたものとは違う おススメ度:★★☆☆☆ 日本人の皮膚感覚を逆なでするようなデビュー作「ぼっけえ、きょうてえ」が、極めてよ …

アーカイブ