未分類

新編霊魂観の系譜(桜井徳太郎/ちくま学芸文庫)~読書メモ(39)

投稿日:2019年5月20日 更新日:

  • 読書メモ(039)
  • 民俗学から歴史を捉えられるか
  • 著者は柳田國男の弟子
  • おススメ度:★★★☆☆

著者は柳田國男の謦咳に接した弟子でもある民俗学者。民俗学と歴史とをどうつないでいくかに、それなりの補助線を用意してくれるかもしれない本(ちょっと書かれた時期が古いが)。シャーマニズム(巫女)や「呪いの人形(くぎ人形)」についての考察は興味深かった。それと、民間における祖霊信仰や、祖先霊についての考え方、怨霊と御霊についてなども。それに沖縄方面の宗教的な習俗についても。あと、イザナギが向かった冥界とは、古代人にとって近しいものだった。これは、冥界とは垂直的世界ではなく、平行的世界であるということを示していると思われる。

日本人は無宗教だといわれたりするが、墓参りにおける祖先の弔いとか、神社などへの参拝とか、宗教的行為は色々おこなわれている。もちろん天皇陛下という存在への何らかの尊崇の念もまた同様かもしれない。しかし、祖先をどう祀るかという意味では、これから変わってくるかもしれない。それは形が変わるだけなのか、信念としては何も変わらないのか。先日とある番組で、ある歌い手さんが、「歌いながら、亡くなった作曲家の存在を感じていました」というようなことを歌唱後に語っていたけど、それもまた死者の霊に対するひとつの態度なのだろう。それは誰にでも受け入れることのできる信憑だろう。また、非業の死を遂げた人(若くして死んだとか)という意味の「異常死者」への何らかの弔い方における想いはこれからも変わらないだろうか。

あと、著者は基本的に折口信夫の学問的方法の非科学性(?)には批判的だけど、それでもそこにはある一定程度の見るべきものはあると書いている。まあ何事も全否定するだけではいかんなぁと思った次第。

(成城比丘太郎)


-未分類
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ほぼ日の怪談。 (ほぼ日ブックス)

いつもの怪談 何となく読み飛ばしてしまった まあ、普通 おススメ度:★★☆☆☆ 久しぶりの怪談集だが、まあ、いつもの「実話怪談」系ということで間違いない。違うと言えば、「ほぼ日の」というタイトルの示す …

アイガー北壁・気象遭難 (新田次郎/新潮文庫)

硬軟織り交ぜた山岳短編14篇 古い小説だが山の怖さを実感できる 凍った世界をじっくり味わおう おススメ度:★★★★☆ 私は山岳家に対して純粋な憧れのようなものがある。特に局地登山をする方々には畏敬の念 …

蛇神 「蛇神」シリーズ (今邑 彩 /角川ホラー文庫)

古事記がらみの伝奇ホラー 蘊蓄は長いが古き良き日本の味わい 惜しむらくはインターネットの出現 オススメ度:★★★☆☆ 最初に結論を言うと「日本の奥地にはまだ我々の知らない村があって不可思議な因習が続い …

わたしたちが火の中で失くしたもの(マリアーナ・エンリケス、安藤哲行[訳]/河出書房新社)

「ホラーのプリンセス」の名を持つ著者による短篇集 文学にホラー要素を組みこんだもの 現代社会の情勢を取りこんでいる おススメ度:★★★★☆ 【はじめに】 著者は、現代アルゼンチンの作家で、本短篇集で「 …

エデン(スタニスワフ・レム/早川書房)

「ファースト・コンタクトもの」 惑星エデンに不時着した6人の探索行 SFというよりファンタジーに近い部分もある おススメ度:★★★☆☆ レムの『エデン(EDEN)』は、《未知のものとの出会い》として書 …

アーカイブ