★★★☆☆

最近読み終えた作品(2018年4月) ~黄色い雨/戦う操縦士

投稿日:


黄色い雨(フリオ・リャマサーレス、木村榮一〔訳)/河出文庫)

戦う操縦士(サン=テグジュペリ、鈴木雅生〔訳〕/光文社古典新訳文庫)

  • 最近読んだ海外文学の感想です。
  • 朽ちていく村と運命を共にする「私」(『黄色い雨』)。
  • サン=テグジュペリのマニフェスト(『戦う操縦士』)
  • おススメ度:★★★☆☆

【『黄色い雨』についての変な感想】
少し大袈裟かもしれませんが、それを読んだ後に、何も話したくないし何も書きたくない、読後の雰囲気にずっとひたっていたい、そういう感想を抱く作品があります。本作の読後感にはそれに近いものがありました。

実際にあったといわれるスペインの山村から村人が次々に出ていくという、過疎化していく村にとうとう独り残されることになった「私」。滅びゆく村と運命を共にする孤独と狂的な幻想への過程が、すばらしい翻訳によって、まるで雨の粒が時間と空間を穿つように読み手の心にしみいるのです。

あらゆる死を見届けた後、「死と荒廃に支配された」村で独りのこされた「私」は、孤独と狂気につながる不安を追いやるための心理的な壁をつくる。しかし、黄色い雨が村を崩壊させていくのと同時に、「私」の状態変化とともに現れる幻影のような亡霊によって、記憶は黄色い雨のスクリーンに映し出されてしまう。時間は、執拗に振り続ける黄色い葉のようにすべての物質と精神を消し去ろうとするが、燠火のような記憶は深層からわきあがる。
すべては錆びつき、死にゆき、何ひとつどうしようもないまま、村の抱える滅びへの傾斜は夢幻としての村人を取り込み、痛切な最期への予兆をはらみながら、透明化のかなしさを帯びた「私」の瞳は、「私」の亡骸を発見するものを見つめるその時まで、何も映りこむことのないその光彩を輝かせて、もう還ることのない混迷さを織りこまれた記憶とともに、棺が開かれるのを、永遠の遮断の中で待ち続けることだろう。

おそらく、本作品は、人によっては何の感興ももよおさないだろう、そういう作品です。

本文庫に収録されているのは、他にふたつの短編。鉄道が閉鎖になり、踏切小屋での仕事を奪われた男のかなしくもユーモラスな抵抗を描いた「遮断機のない踏切」。もうひとつは、作者の小説観がみられる「不滅の小説」。いずれもおもしろいです。

【『戦う操縦士』の曲解的な感想
第二次世界大戦が勃発し、軍用機パイロットとなったサン=テグジュペリ。彼が、「私」という語り手に仮託して、己の「信条」を述べていったのが、この作品です。ドイツ軍がフランスへと侵攻するなか、偵察飛行に赴くことになった「私」は、敵の勢力範囲内である上空で危険に見舞われつつも、戦闘機と一体化になったという感覚を伴いながら任務を果たしていくことになるのですが、戦闘のことだけがメインに据えられるわけではなく、ときに「私」は上空で回想にふけったり、地上を逃げる避難民におもいをよせたりします。
戦闘場面に重きを置かない描写は、かえって戦争というものをくっきりと浮かびあがらせる効果を持っています。また、「私」はこの戦争に何らかのアクションを起こすことによって、当時の読むものの連帯を訴えようとします。その「行動」と、時折挟まれる「思索」の軌跡を含む、上空での緊迫感のある搭乗員とのやり取りが、この作品に流れを生んでいるようです。

「私」の考えは、「肉体」の危機により、「死」への見方が変わるところまでいく。「人は死ぬのではない。これまでずっと死を怖れていると思いこんできた。しかし、実際に怖れているのは不測の事態、爆発だ。自分自身を怖れているのだ。死は?いや、怖れていない。死に出くわすときには、もはや死は存在していないのだ。」というとき、人が死ぬときにはもうそこには死への怖れが消え去ってしまうように、本当に怖れるべきものは、「(肉体を失うという)死」そのものではなくなる。死が完全に人へと訪れるときには、「(意識の)死」そのものはもはや現前することはないのだから。自分自身の「(肉体の)死」を経験できない時に、その者の前に残るのは、爆発を体感したときの、自分が「生命」を宿している瞬間を知ったという、昂揚に繋がる。
このことを伝えて、人々と「交流」するために、そのマニフェストとして書かれたのが、本書ではないだろうか。最終的には、「個々の人間の総体」というものを揚棄した果てにある、「《人間》」としての連帯を訴えかけるものになっている。本書の後半は、この「《人間》」になることへの呼びかけが、述べられていくことになる。

(成城比丘太郎)



-★★★☆☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

魔法使いの弟子 (ジョルジュ・バタイユ[著]・酒井健[訳]/景文館書店) ~紹介と考察

バタイユの「恋愛論」についての感想。 失われた実存の総合性を回復させるものとは。 デュカスの同名交響詩に少し触れられている。ちなみにダンセイニの小説とは関係ない。 おススメ度:★★★☆☆ (編者注)本 …

絶景本棚(本の雑誌編集部〔編〕/本の雑誌社)

作家・エッセイストから、編集者など、いろんな人の本棚〔写真〕 いずれ劣らぬ蔵書(自慢) この中のいずれかに理想の本棚がある、かも おススメ度:★★★☆☆ もう15年以上前にもなるが、私は、『書斎曼荼羅 …

古井由吉「木曜日に」を読む

円陣を組む女たち(古井由吉/中公文庫) 古井由吉の処女作「木曜日に」を読んでみる。 はじめの頃から「古井由吉」は「古井由吉」だった。 分明と不分明をかきわけながら確かめる存在のありどころ。 おススメ度 …

ヴェトナム戦場の殺人 (デイヴィッド・K・ハーフォード(著)、松本 剛史(翻訳)/扶桑社ミステリー)

ヴェトナム戦争の米軍の内部犯罪物 実にまっとうなミステリ ヴェトナムへの掘り下げ度は浅い おススメ度:★★★☆☆ 霊能者や呪いに少々食傷気味な気分で、タイトルだけで選んだ一冊。ミステリは数あれど、ヴェ …

テロリストの処方(久坂部羊/集英社)~あらすじとそれに関する軽いネタバレ、感想

「医療破綻」&「連続テロ」を巡るサスペンス 医療知識は豊富。謎解きは普通のレベル。 作品のテーマにあれば一読の価値あり。CTスキャンの現実にビビる おススメ度:★★★☆☆ 富裕層の医師を狙った連続テロ …

アーカイブ