★★★★☆

水域(椎名誠/講談社)

投稿日:2017年5月25日 更新日:

  • 怪しくも美しい水のディストピア
  • 椎名誠史上、最高の抒情性
  • 美しいラスト、SFファン必読
  • おススメ度:★★★★✩

この小説を読もうと思った方、それは正解だ。ハルキストがいるとすれば、私はシーナリスト。そのひいき目を差っ引いてもこの小説は面白い。かつ怖い。椎名誠はウォーターワールドを盛んに意識しているが、あんな能天気な映画とは比べ物にならないくらい、細やかな感情の起伏に満ちている。ただ、水に覆われた世界をさまようだけの物語に、これほどまでのドラマを設置できるとは。椎名誠、初期SF三部作の二作目。読みやすさ、面白さ、切なさにおいては、おそらくこの三部作では最強の一冊。

(あらまし)どことは知れぬ水に覆われた世界。その世界と、一隻の小舟――ディンギィで漂う男ハル。謎の生物、悪意ある人物、そして美しい娘との出会い。水で漂うというだけの設定を果てしなく豊かに、そしてリアリティ豊かに描く傑作SF。椎名誠史上最も美しいラストを迎える、渾身の一作。椎名誠はその経験を活かし、あくまでも読者に寄り添いながら、異世界に誘う。素人お断りのSF界において、唯一無二の存在と言っても過言でない。

出だしから感じるのは、その肌感覚のある水上生活の描写。小舟で大海をさまよった日本人は少ないと思うが、数ページ読めば、間違いなくその経験ができる。著者が実際に体験した「水の感覚」が存分に振るわれている。ただ読むだけで、異常に湿度の高い世界の冒険者として、主人公ハルと一緒に忿怒奔流を漂える。

忿怒奔流? それが第二の魅力。椎名誠は、まったく意味を説明しないにもかかわらず、豊かなイメージを読者に抱かせる高度な技術を持っている。サキシマドクタラシ、シルスイ、クチマガリ……その文字そのものがSFであるというのは稀有なイマジネーション力だ。実は椎名誠の最新SFの「ケレスの龍(Ama)」も読んではいるが、この小説のような神がかった展開はない。若く、才気に溢れた椎名誠の渾身の一作。SF三部作はどれも面白いが、物語として完成度が高いのはおそらく本作だ。

恐怖小説としても十分機能する。「死人船」や前述のサキシマドクタラシ、そして、ズーとの出会いとその顛末。椎名誠は容赦なく物語る。腰の引けた描写はしない。「このキャラクターは人気が出るから殺さないでおこう」などとさもしい思いで小説を書いていない。ただただ、水に覆われた世界を描くことだけにすべての力がそそがれている。これが面白くないなら、面白い話など紹介できそうもない。

ホラーを主眼としているサイトなので、SFというだけで★を一つ差っ引いたが、個人的には満点。何度読んでも新しい発見があるし、読むたびに切なく思う。再読性が高いのは、登場するキャラクターとの距離感が絶妙だからなのだろう。通俗的なドラマはや漫画など何するものぞ。この小説がこれほどマイナーなのは驚くばかりだ。

特にグロウとズー、ラストシーンはあまりに美しい。あなたに少しSFの世界に旅する気持ちが有れば、この小説は最適なpilotageとなろう。

(きうら)


-★★★★☆
-,

執筆者:

関連記事

夏休みにおすすめする短編〔文学〕(成城比丘太郎のコラム-04)

夏休みによんでみてほしい短編 もちろん夏休みでなくてもよい 小学生から大人まで楽しめる怖くて暗くてイヤな短編 おススメ度:★★★★☆ ラジオの「夏休み子ども科学相談」というオモシロイ番組がある。科学に …

巷説百物語(京極夏彦/角川文庫)~あらましと感想、軽いネタバレ

人工怪談とでも言うべき怪奇短編集 江戸の世を舞台に悪人を非合法(妖怪的?)に罰する 著者の博識ぶりが発揮されているが、衒学的に過ぎず読みやすい おススメ度:★★★★☆ 著者の京極夏彦氏の著作は本サイト …

絡新婦の理 (京極夏彦/講談社文庫) ~あらすじと感想、軽いネタバレ(前編)

目潰し魔と絞殺魔の事件を軸に進むシリーズ第5弾 展開が面白く、シリーズ中でも屈指の作品 これまでの京極堂の敵としては一番の難敵 おススメ度:★★★★☆ 著者の作品は結構な数を紹介しているので、恐らく私 …

黒い家(貴志裕介/角川ホラー文庫)

「やっぱり生きた人間が一番怖い」をたっぷり楽しめる リアルな設定と抑えた文章 スリリングな展開で抜群の没入感 おススメ度:★★★★☆ 保険会社に支払査定主任として勤める主人公とその顧客である不気味な登 …

魔法使いの弟子(ロード・ダンセイニ[著]・荒俣宏[訳]/ちくま文庫) ~あらましと感想、軽いネタばれ

現代ファンタジーの原点。 デュカスの交響詩『魔法使いの弟子』とは、全く関係なし。 魔法使いから影を取り戻す、ラブロマンスともいえる。 おススメ度:★★★★☆ (導入説明)<塔の岩森>の若者「ラモン・ア …

アーカイブ