★★★☆☆

波よ聞いてくれ(1) (沙村広明/アフタヌーンコミックス)

投稿日:

  • ラジオにまつわるドタバタコメディ
  • ちょっとオタク風な作風
  • 作者が伸び伸びとしている
  • おススメ度:★★★☆☆

(あらまし)繁盛しているカレー店の女性店員であるミナレは、仕事はできるが、恋人に50万持ち逃げされ、鬱憤のたまったヤケクソ状態。ある夜、バーで意識不明になるまで呑んで、初対面の髭の男に自分の愚痴をまくしたてる。実は彼は地方ラジオ局の制作者で、その時の「愚痴」がラジオ番組の一コーナーとして勝手に流され、リスナーに大うけ。勝手に録音されてたことに憤るミナレだが、それがさらに事態を混迷させ、ラジオの世界に引きづりこまれていく……。

無限の住人」の著者は、人体破損や活劇にかなりの興味と才能があるのだが、一方、一種オタク的な独自のギャグセンスを持っており、これまでも「ハルシオン・ランチ(Ama)」や「おひっこし(Ama)」でその一端を披露していたが、SF要素や不慣れな恋愛要素があって、どうにも不完全燃焼の感があった。本作はそれらの中途半端感を払しょくし、「ラブコメ」一本で勝負するという覚悟の感じられる作風だ。

とにかく、ミナレの行動が破天荒で、ストーリーの先が読めない。たぶん、作者も半分くらいしかプロットを立てず、その時のテンションで物語を動かしているのではないかと思う。「ラジオ」という一種、地味な舞台装置の上で、けっこう派手な展開が、ハイテンションで展開される。ある意味痛快で、面白いことをしているから笑えるのではなく、そのハチャメチャぶりに笑えてくるという作風だ。

一方、「無限の住人」時代からあるサブカル的というか、オタク的というか、内輪受け的な要素も残っており、全ての一般読者には薦められないある種のオーラも持っている。「無限の住人」で言えば、一番近いのは、主人公は目黒と百琳を足したようなキャラクターで、一巻の恋愛の相手との関係は、真理路を思わせる。つまり、あの漫画の戦闘要素を抜いて書かれた、純粋なギャグマンガだ。

それにしても、作者がこの舞台で楽しんで書いていることがよくわかる。キャラクターも可愛いし、エロ・グロ要素もほとんどない。それでいて、ラジオ局というノウハウモノの要素も有り、作風が合えばあと★を一つ足してもいい中々の傑作だ。実は二巻も読んだがまだまだ面白くなりそう。結構、この先の展開も期待している。ちなみにホラーと呼べる要素はないので、怖い本好きの方は、申し訳ないが今回はスルーしてください。

(きうら)



波よ聞いてくれ1巻【電子書籍】[ 沙村広明 ]

-★★★☆☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

ダーク・タワー1 ガンスリンガー (スティーブン・キング(著),‎ 風間賢二 (著)/新潮文庫)~あらましと感想

西部劇風のロードムービー風娯楽小説 ファンタジー要素が多数 キング作品の根幹となるシリーズ おススメ度:★★★☆☆ キング作品ではおなじみの長い前書きで書かれているが、この作品はJ.R.R.トールキン …

翳りゆく夏(赤井三尋/講談社) ~概要と感想、おススメ点など

20年前の誘拐事件の謎を追う 錯綜する人間関係をスピーディに 意外性と引き替えに、ラストにも疑問も おススメ度:★★★✩✩ (あらすじ)「誘拐犯の娘が新聞社の記者に内定」という「事件」をきっかけに、2 …

インキュバス(レイ・ラッセル ・著、大伴墨人・翻訳/ハヤカワ文庫) ~感想とあらまし、軽いネタバレ

あるアメリカの町を襲う強姦魔の正体とは? 強いエロ・グロ傾向あり。閲覧注意。 ミステリとしての落ちはまあまあ。 おススメ度:★★★☆☆ (あらまし)ある田舎町であるガレンで、連続強姦事件が起きる。強姦 …

ニーチェと世界と、いろんな謎 ~ニーチェ入門(清水真木/ちくま学芸文庫)/なぜ世界は存在しないのか(マルクス・ガブリエル、清水一浩〔訳〕/講談社選書メチエ)

他人の〔ニーチェ〕解釈を、自らの論文で批判しかしてこなかったという著者による初の入門書。 ニーチェという人物への入口として分かりやすい。 二人の〔かなり長い〕会話が繰り広げる、ある存在の謎。 おススメ …

悪の教典(貴志祐介/文藝春秋)~あらすじとそれに関する軽いネタバレ、感想

人気者教師のとんでもない素顔を描く学園ホラー・ミステリ 残酷描写はかなり多め。 終盤はあの小説にそっくり。 おススメ度:★★★☆☆ このブログでも何度も取り上げている貴志祐介氏の作品。発表当年は「この …

アーカイブ