★★★★☆

淫売婦・死屍(しかばね)を食う男(葉山嘉樹/ゴマブックス) ~あらましと感想、軽いネタバレ

投稿日:


  • 幻想とホラーの混じった短編。
  • 少し作り物めいているが、妙に後に残る。
  • 夏の夜のお供にどうぞ。
  • おススメ度:★★★★☆

『淫売婦』は、ある男の体験談。事実なのか幻想なのか分からないという、なんだか覚束ない口上からはじまります。男は半年の航路から帰ってきたところです。「横浜」であやしい三人組に、五十銭の「見料」で何かを見せようと声をかけられ、半ば強制的に引っ張られます(もしかしたら男の方に何か期待があったのでは、とも言えます)。連れて行かれた先は、あやしい一画にある部屋です。自分の身体が「六神丸」という漢方薬の材料にされるのではないか、という妄想にとれわれ、男は恐れを抱きます。そこで彼が見たものとは……。

その場所には悪夢のような光景が広がっていた、というのが読み始めの印象です。ひどい悪臭を放つ若い女性が寝転がっている様は、搾取されつくしたものの末路を比喩的に表したものという印象です。「あらゆる人生の惨苦と戦って来た一人の女性が、労働力の最後の残渣まで売り尽くして、愈々(いよいよ)最後に売るべからざる貞操まで売って食いつないで来たのだろう。」という説明くさい男の感想がそれをあらわしています。

男がひどい状態の女性に性的興奮を覚えることは間違っているのでは、と耐えているシーンが少し滑稽です。ここで欲情することは、金銭で身体を買うということになる、つまり資本主義のくびきにからめとられ、それに屈することになってしまうとでも思っているのでしょうか。

最初はおそろしい話のようですが、ラストは出来すぎの感動ものになってしまった感じです。

『死屍(しかばね)を食う男』は、「見たため、聞いたために命を落とす人が多くある。」話を書くという出だしで始まり、なんだか物騒な感じです。怪談か何かがはじまりそうな雰囲気です。話の内容は単純です。中学生の「安岡」が、寄宿舎で同室になった「深谷」の奇怪な行動を追跡して、「安岡」がその先に見たものとは……。この話は完全にホラーで、夏の夜に一人きりの部屋で読むと怖さが増すでしょう。ただ残念なことに、この話も少し出来すぎのような感があります。

(成城比丘太郎)

(編者追記)一応有料の本にリンクは貼っていますが、青空文庫で読めますので、そちらで試してみても全然大丈夫です。なんというか、趣味性の高いサイトなのです。



(三省堂)

-★★★★☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

ディケンズ短篇集(ディケンズ、小池滋・石塚裕子〔訳〕/岩波文庫)

ちょっと暗めの短篇集。 ホラーや幻想小説要素も混じっています。 不安や、幻想に捉われた登場人物の心理は現代人向きかも。 おススメ度:★★★★☆ ディケンズは、19世紀イギリスの作家です。有名なので、こ …

『ネクロノミコン』の物語(H・P・ラヴクラフト、森瀬繚〔訳〕/星海社)~読書メモ(40)

読書メモ(040) 「新訳クトゥルー神話コレクション・2」 超ベタなゴシックホラーとして読める おススメ度:★★★★☆ 本書は、ラヴクラフト(と、一部の作品では別の人)が書いた、クトゥルーものから『ネ …

野火(大岡昇平/新潮文庫)

極限のサバイバルを描く一級のサスペンス 洗練された読みやすい文章 哲学的な世界観に圧倒される おススメ度:★★★★☆ 敗戦間近のフィリピンの戦線で、肺病を患った下級兵卒・田村の厳しい逃走生活を描く。逃 …

カフカの父親(トンマーゾ・ランドルフィ、米川良夫・竹山博英・和田忠彦・柱本元彦[訳]/白水Uブックス)

かなり狂ってる人が登場する 奇想とユーモアとナンセンスとシュルレアリスムと 語り手の饒舌さ 奇妙さ:★★★★☆ 【はじめに】 トンマーゾ・ランドルフィ(1908-1979)は、イタリアの文学者。いつか …

ダーク・タワーII 運命の三人〈下〉 (スティーヴン・キング (著)/風間賢二/角川文庫)

相変わらずの超展開ファンタジー ロクでもない仲間ばかり集まる 物語の行方は全く見えないまま おススメ度:★★★★☆ 第1巻では、西部劇風の架空の世界を舞台に、華麗にガンマンとして活躍するローランドの姿 …

アーカイブ