★★☆☆☆

牛家 (岩城裕明/角川ホラー文庫)

投稿日:2018年11月8日 更新日:

  • ゴミ屋敷の清掃員が体験する恐怖
  • リアルな出だし、シュールな結末
  • ゾンビ物「瓶人」収録。長さは同量。
  • オススメ度:★★☆☆☆

このところ、別の世界を覗きたいという欲求から、自分が詳しく知らない職業を扱ったホラーを探して読んでいる。この作品もその系譜の一つ、と言いたいところだが、思ってた内容とは大分違った。

(あらすじ)主人公(俺・コバさん)は、あるゴミ屋敷を彼女マリと一緒に目撃する。数年後、特殊清掃員として主人公は特殊清掃員としてそのゴミ屋敷を担当することになる。相棒は先輩のジンさんと新入りのコバ君。凄まじい様子ではあるが、順調に作業は進むかに見えたのだが、ゴミ屋敷の怪と夫婦の不幸が交錯して……(牛家)。ゾンビ化した父親と暮らす少年が、青年として成長するまでに経験する汚い大人の世界による悲哀(瓶人)。

表題作の出だしは好調だ。不気味なゴミ屋敷とその住人の姿が描かれた後、その清掃に当たる主人公の奮闘はなかなか興味深い。当然のようにその住人は亡くなっている訳で、ある種の「魔境」に突入する様は、好奇心をそそられる内容だ。ちょっとした冒険気分を味わえる。とはいえ、描写のディテールが甘いなと思うことも。

例えば、ゴミ屋敷につきものの「例の虫」について台詞では言及されるのだが、実際に詳しい描写はなく、もっとエキセントリックな生物が出てくる。この辺で読者は少し違和感を覚えるはず。取材が甘いなどと偉そうには言えないが、この辺の詰めが甘いのはもったいない。

しかし、後半に突入すると、実はそんな些細なことはどうでも良くなる。ネタバレはしないが、展開がリアル路線を離れ、幻想系に突入する。まあ幻想といっても悪夢そのもので、ご存知かどうか知らないがCyriak(スィリアック※)氏の動画のようなシュールかつグロテスクな様子が展開する。

賛否はあるだろうが、個人的にはあまり好みではない。心霊系でもないのだが、モヤモヤする。もっと明確なオチがある方が良かった。作風もど真ん中のモダンホラーを書こうとしたというよりは、後半のコメディ的な展開を、猟奇的描写でホラーに持ってきた感じ。グロい描写は多いのに、妙にコミカルなのである。個性的な作風とも言えるので、興味があればご一読を。

もう一つの中編「瓶人」も、その作風がまんま反映された作品で、フルーツと瓶に詰められ(?)ゾンビとして復活したロボットのような優しい父親と暮らす少年の苦悩……何を言っているのか分からないと思うが、とにかく、作品の概要を書くとこうなる。

少々ありきたりなゾンビものとは言え、こちらの方が力が抜けていて、読みやすい。表題作より作者の嗜好が明確に反映されているような気がする。ラノベ要素っぽいものまである。とは言え、やはり随所に感じるリアリティの喪失は、何らかのパロディのようだ。キングのように無茶な設定を剛腕の筆力で読ませるほどではない。だんだんこの作風に麻痺してきて楽しめるようにはなっては来るが、母親との関係など現実的に考えて「これはないな」と感じた。

ただ、ラストは明確なオチがあって、スプラッター風味のサスペンスドラマを見終わったような、やっぱり全てギャグだったと納得させられるような、何となくオモロ悲しいような、変に清々しい気分になる。こちらだけなら珍しいホラーとして★3にしたい。

長くもなく読みやすい文章なので、ホラーを読んで何とも言えない不思議な気分を味わいたい方にはオススメ。ちなみに生理的に嫌なグロさもあるのでご注意を。

(きうら)

※Cyriak……サイケデリックなPVで知る人ぞ知るクリエーター(電気グルーヴのPVも手掛けている)。以下、公式リンク。私は素晴らしくクリエイティブだと思うが、一応、閲覧注意。サムネイルがすでにヤバい。



-★★☆☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

家(栗本薫/角川ホラー文庫) ~感想と軽いネタバレ

新築の家と、家族にまつわる恐怖。 一人の主婦を襲う怪奇現象。 たいして怖くはない。 おススメ度:★★☆☆☆ 専業主婦の「規子」が、念願のマイホームを、郊外の新興住宅地に新築し(資金は夫が出したものだが …

夏の滴(桐生祐狩/角川ホラー文庫)

少年少女の日常生活が壊れる系のホラー かなりのトンデモ結末 読むのを勧めるかどうかは非常に迷う おススメ度:★★☆☆☆ 本の帯に書いてある導入部の紹介を引用すると「藤山真介。徳田と河合、そして転校して …

厭結び オチが最凶の怖い話 (竹書房文庫)

怪談サイト入賞作品の短編集 作者が違うのでクオリティはまちまち 多彩とも言えるが、まあ、ソコソコ おススメ度:★★☆☆☆ この怪談集の扉を開くと書いてある煽り文句がいい感じ。引用する。 最後の最後に笑 …

ゴジラが来る夜に 「思考をせまる怪獣」の現代史(高橋敏夫/集英社文庫)

ゴジラの存在意義を問う評論本 ゴジラによって変容する評論というもの 怪獣好きなら読んで退屈しないが…… おススメ度:★★☆☆☆ 今月、新作「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」を観た。その出来には正直 …

死国 (坂東真砂子/角川文庫)

オカルト要素ありの愛憎劇 四国の文化についてはあまり深く突っ込んでいない 女性視点の性的なモノローグなどの描写あり おススメ度:★★☆☆☆ 【ネタバレあり注意】 四国にある八十八ケ所の霊場を死んだ者の …

アーカイブ