★★★☆☆

空吹く風・暗黒天使と小悪魔・愛と憎しみの傷に(田中英光/講談社文芸文庫) ~作品解説と感想

投稿日:2017年8月16日 更新日:

  • 「田中英光デカダン作品集」という副題。
  • すさまじい生活の有り様。
  • まさに、無頼派中の無頼派。
  • おススメ度:★★★☆☆

田中英光は、太宰治に師事したことでよく知られています。私は太宰関連をよく読んでいた時期に、『オリンポスの果実』を読んだだけでした。無頼派とか、無茶苦茶な生活をして、最期は太宰の墓前で自死して果てたことは知っていましたが、今回本書を読んで、特に後半の作品は、そうならざるを得ないなというのがよく分かりました。

編者解説によると、「そもそもデカダンスとは、生きることの不確かさに対する不安と憂鬱のうちに胚胎し、(他者の)思考の遮断に発して、反社会的、反倫理的、反進歩的、反生産的な構えをはぐくんでゆく虚無的な傾向を指して謂う」としつつも、彼の背後には理想的な生への希求もあるとしています。この作品集には、初期の段階からその傾向の胚胎が見られるようです。では、一作ずつちょっとした紹介をしたいと思います。

「急行列車」……自殺願望のある二人の男が、急行列車内でかわす観念的な会話。破滅的な感じの若者二人のやり取りが、時にレールを外れそうで、読んでいてハラハラする。そのやり取りは、急行列車のようにとめどない。

「空吹く風」……「酒に酔っているようであるのに、神経は妙に鋭く、まるで白日夢にでもうなされているような気持」の亨吉。「女郎買いだけが唯一の目的」である彼の日々の鬱屈と、自意識の肥大が描かれる。

「曙町」……第二次大戦中の横浜にある私娼窟での話。街には「ただ金と性慾とがあるだけ」。「坂本亨吉」と「由紀子」とのやり取りが良い。街の人々のどうしようもない生活と、すこし滑稽なスケッチを冷静な目で描く。

「流されるもの」……著者の共産党運動に関わっていた時代を回顧的に綴ったもの。主人公の状況に流されるままの姿。少し作り話めいたものを感じる。

「暗黒天使と小悪魔」……作家の「坂本亨吉」が手持ちの金を「街の天使」たちとの遊びに費消する話。この作品では、当時(終戦直後)の物価や生活風俗の様が垣間見られて、少し興味深いです。ある店での「逆口安伍」との出会いはちょっと笑いました。他にも実在の作家と思われる名前がいくつか出てきます。後半は「上海リル」との再会と、彼女との一夜の遊び。彼女への愛惜あふれるまなざしが文章に感じられて良かったです。「リル」と「百合子」との二人の天使の美しいやり取り。センチメンタルな一品です。

「野狐」……「私」と「桂子」との情交が語られる。ここから三篇は、作家の「重道」と「桂子」との、すさまじい生活の様が、私小説風に描かれる。思い悩み、考えがまとまらない様子が文章にうかがえます。未来の視点から、その時は「桂子」の嘘に気付いたと書いたり、一方で彼女の言うことに何の疑念も持たなかったと書いたりと、ちょっと混乱しているようにも読めます。

「愛と憎しみの傷に」・「聖ヤクザ」……この二編は、作家の「重道」が、家族を置き去りにし、「桂子」とのすさんだ(肉体を繫がりにした)生活に陥り、やがて、身も心もボロボロになった彼が、桂子との別れを決意していく話ですが、最後に向かうにつれ、彼は破滅へと向かっていきます。彼は、日頃からアドルムなどの催眠剤を大量に服用していますが、彼(=田中英光)には、それが催眠剤としてよりも興奮剤として作用していたようです。酒を飲むときにもそれを服用し、ますます用量が増えていくに従って、彼の態度は粗暴になっていきます。その後薬物中毒で入った精神病院を退院した後も、結局アドルムの服用は止まずに、自らの周辺人物との確執(懸隔)なども深まり、暴力とその後の反省を繰り返しつつ、最後の破滅へと向かう様は、読んでいてかなしかったです。

(成城比丘太郎)



(楽天ブックス)

-★★★☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

翳りゆく夏(赤井三尋/講談社) ~概要と感想、おススメ点など

20年前の誘拐事件の謎を追う 錯綜する人間関係をスピーディに 意外性と引き替えに、ラストにも疑問も おススメ度:★★★✩✩ (あらすじ)「誘拐犯の娘が新聞社の記者に内定」という「事件」をきっかけに、2 …

日本美術とゾンビランドと化した佐賀~読書メモ(23)

『闇の日本美術』をちょこっと紹介 ゾンビランドサガについて 戦国武将・鍋島直茂について おススメ度:★★★☆☆ 【はじめに】 今回は、最近読んだ本の簡単な紹介と、現在放送中のアニメについて簡単な感想を …

船出(上)・(下)(ヴァージニア・ウルフ/岩波文庫)

ヴァージニア・ウルフ作品の中では読みやすい。 若い娘が、人との交流の中で成長していく。 <死>が作品を包み込んでいる。 おススメ度:★★★☆☆ 暗い夜の闇の中を、南米へ向けてロンドンから出港する「一隻 …

未来の年表(河合雅司/講談社現代新書)

止められない少子化(人口減少)の実情と、それへの「処方箋」。 「静かなる有事」という、人口減少による(日本)社会崩壊の危機。 日本の「おそるべき未来を時系列にそって、かつ体系的に」ときあかす。 おスス …

メメント・モリ(後藤明生/中央公論社)

「私の食道手術体験」という副題 自らの「入院雑記」を基に再構成したもの 後藤式に綴られる入院体験など おススメ度:★★★☆☆ 【私と後藤明生との出会い】 後藤明生(ごとうめいせい)は、日本の小説家で、 …

アーカイブ