★★☆☆☆

結ぶ(皆川博子/創元推理文庫) ~あらましと感想、軽いネタバレ

投稿日:2017年5月28日 更新日:

  • 18の短編からなる幻想小説集。
  • 特に怖いところなし。
  • 幻想小説初心者向け。
  • おススメ度:★★☆☆☆

まず表題作の「結ぶ」だが、これはなんか思考実験のような短編。身体が縫われることから着想し、球体へと至るまでにどのようなイメージが湧いてくるか、その過程を小説にしたような、なんか(素人にもできる)マジックの裏側を見せられたようなかんじがした(悪い意味ではない)。球体に縫われていくところと、身体を刃物で薄く切り開き無限に身体が拡がっていく想像との対比は、少し面白かった。できればもうちょっと分量があればよかったが。

「湖底」は、ある画集に魅せられた「わたし」が、それに触発されて過去の光景を幻視する。見たことのないはずのfaxの文面が混信して、現実へ侵食した幻像に沈み込む。過去の「わたし」と今の「わたし」との混在。ホテルで出会えなかった男性との再会と自らの過去像は、湖の底に映った鏡像のごとく揺らめいて見えて、かなしい。どこか切ない一品。

その他は特にこれといって書くこともない短編が続くだけ。その中で、「空の果て」と「心臓売り」はまあまあ良かった。全体に怖いところはあまりなく、ホラーとしてはおススメするほどのものはなかった。個人的に胸に残るものもこれといってなかったが、ただ、読んでいる時、たまに小中学生時におぼえた感情(←名前が付けられない)がよみがえってきたのが、唯一良かった点。

本書は、今まで幻想小説の類を読んだことがない人や、小学生高学年になって児童書などに飽きた人向けの読み物としては、いいのではないかと思う。

(成城比丘太郎)

(編者注)二日続けて、本をススメない書評サイトというのは、アフェリエイトサイトとしての自覚を失っている気がする。まあいいか。面白くないものは面白くない。上の書評にある「たまに小中学生時におぼえた感情」を私なりに表現すると、「大人の感覚が理解できた気がする優越感」ではないだろうか。次は面白い本を紹介しようぞ!(きうら)


結ぶ [ 皆川博子 ]

-★★☆☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

狐火の家 (貴志祐介/角川文庫) ~簡単なあらすじの紹介と感想

作者の前作「硝子のハンマー」に続く短編集 前作を読んでいることが前提なので注意。 作者の持ち味と作品のテーマがずれている気がする おススメ度:★★☆☆☆ 前作・密室の謎を解く正統派ミステリー「硝子のハ …

自殺について 他四篇 (ショウペンハウエル/岩波文庫)

短い自殺への考察 論調は自殺の賛美 特に深い示唆はない おススメ度:★★✩✩✩ ショウペンハウエル(アルトゥル・ショーペンハウアー)は、Wikipediaの受け売りで書くと、ドイツの哲学者。仏教精神そ …

ここから先はどうするの: 禁断のエロス (新潮文庫)

5人の作家によるエロスがテーマのアンソロジー 性的に興奮するというより後味の悪い話が多い イマイチこの本を読むシチュエーションが分からない おススメ度:★★☆☆☆ 新年早々「禁断のエロス」はないと思う …

家(栗本薫/角川ホラー文庫) ~感想と軽いネタバレ

新築の家と、家族にまつわる恐怖。 一人の主婦を襲う怪奇現象。 たいして怖くはない。 おススメ度:★★☆☆☆ 専業主婦の「規子」が、念願のマイホームを、郊外の新興住宅地に新築し(資金は夫が出したものだが …

墓地を見おろす家 (小池真理子/角川文庫) ~あらすじ、感想、軽いネタバレ

訳ありマンションに引っ越してきた一家に襲い掛かる怪異 直球型心霊系ホラー小説。怪しい雰囲気は楽しめる。 余り整合性を重視していないので、オチ重視の方は注意。 おススメ度:★★☆☆☆ 都心に位置する新築 …

アーカイブ