★★★☆☆

絲的サバイバル(絲山秋子/講談社文庫)

投稿日:

  • 本当に、簡単に読めるエッセイ。
  • 一人キャンプの、絲山的堪能法。
  • これを読んだ後には、酒と、旨いメシが食いたくなる。
  • おススメ度:★★★☆☆

芥川賞作家絲山秋子、このエッセイ連載当時、40歳になったところ。雑誌の連載名目のため、サバイバルの旅に出た。こう書くと、何か、格好いい感じがするが、実質は(主に)一人でキャンプ場へ行き、その様子を報告したもの。行く場所は、関東近郊の山奥にあるキャンプ場から、出版社の社屋内から、時には海外へと及ぶ。果して彼女を待っているものは何か。何かあるのか。

サバイバルというと、あるいは自然に立ち向かい、あるいは自然の恵みを受け、極力自分の力で、生き延びることに、主眼が置かれるものだろうが、そのような要素は、この本には基本的にはない(キノコ採集したり、日帰りキャンプでワカサギ釣りしたりとかはしますけどね)。ましてや、山奥で熊とたたかうなんてこともなく、無人島でロビンソン的生活をおくるなんてこともなく、ただ単に、車でキャンプ場に向かい、火をおこし、旨いメシをかっ食らい、酒を飲み、最終的には「眠剤」を呑んで、テントの中でぐーすか寝るだけ。

まだ「嫁入り前」のアラフォー女性が、一人で、時には他に誰もいないキャンプ場において、一夜を過ごすので、何らかの危険を感じているんじゃないかと思いきや、本人はそれほど気にしている様子はない。熊出没地帯もあるので、それは気をつけているようなのだが、山賊的な輩に襲われることを、警戒している節はなさそう。

何にも怖いものは(熊以外)なさそうなのだが、一度だけ、本当に恐ろしい目にあう。「躁鬱病を発症してはや九年」で、幻聴は怖くないという絲山であるが、とある河原でキャンプしていた夜、様々な幻聴と、何かしらの気配を「びんびん感じ」車へと逃げ出すのだ。その場所は、とある航空機事故の現場に近く、そういう予備知識があったからなのか知らないが、そりゃあんた、そんなとこで夜に一人で滞在していたら、何か起きるやろう、と私は思った。この箇所だけちょっとした怪談になっていて、怖い話大会にでも出たら、充分通用するものになっている。

本書は、キャンプ時の、ちょっとした心構えや、役に立つ情報が得られるとともに、食事前に読むと、いい具合に、食欲が出てくるかもしれません。また、役所などの公共施設で、長時間の待機が予想される時、(いらいらした状態で)暇を潰さなければならない場合などに、携行するには最適な一冊といえるでしょう。

(成城比丘太郎)

(編者注)内容的には、椎名誠の「怪しい探検隊」シリーズの女性・一人版といったところか。ちなみに怪しい探検隊を読むなら、一冊目の「わしらは怪しい探険隊 (Ama)」に限る。それ以降は実はそれほど名著ではないが、最初の一冊は間違いなく、エッセイ至上最高の作品であり、昭和軽薄体の完成形でもある。


【楽天・電子書籍】

-★★★☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

ブルックリンの少女 (ギヨーム ミュッソ (著), 吉田恒雄 (翻訳)/集英社文庫)

恋人の衝撃の告白から始まるスピード感のあるサスペンス 連続少女監禁殺害事件が核となっている 前半は素晴らしい出来、後半は賛否の分かれるところ おススメ度:★★★☆☆ 結婚を決めた美しい恋人との運命の夜 …

生ける屍(ピーター・ディキンスン[著]・神鳥統夫[訳]/ちくま文庫) ~印象と感想

ある島(国家)で行われる実験と、それに携わる男の行末。 ミステリーの要素が付け加わっている、社会派小説のよう。 紹介文というより、印象と感想を。 おススメ度:★★★☆☆ 私は、ディキンスンの作品は一度 …

怒る技術(中島義道/PHP研究所・角川文庫)

中島流「怒る(いかる)」技術の伝授。 怒り方の倫理学ともいえる。 不必要に怒ると、怖いことになる。 おススメ度:★★★☆☆ 怒る(おこる)人を客観的に見ると、怖いものがあります。誰かを恫喝するかのよう …

孤狼の血(柚月裕子/角川文庫)

ダークヒーローを描く警察小説の一種 ステロタイプと見るか完成度が高いと見るか 熱い大衆小説である おススメ度:★★★☆☆ 昭和63年、広島県の架空の都市を舞台として、暴力団と癒着しながらも独自の倫理観 …

殺人鬼-覚醒篇 (綾辻行人/角川文庫)

タイトル通りの残虐スプラッター・ミステリ オチは意外だが、少々わかりにくい 残酷描写が苦手な方は読まない方がよいだろう おススメ度:★★★☆☆ 著名なミステリ作家である綾辻行人が仕掛けるスプラッター・ …

アーカイブ