★★★☆☆

縄文の思想(瀬川拓郎/講談社現代新書)

投稿日:2017年12月13日 更新日:

  • アイヌと古代海民との共通性
  • 近現代までにいきのこる縄文の思想
  • おおまかなまとめ
  • おススメ度:★★★☆☆

著者は、考古学者でアイヌの研究者です。これまでの著書ではアイヌの歴史などを(主に)追ってきましたが、本書ではアイヌと古代海民との共通性をみて、そこから縄文的思想を「立体的に浮かびあがらせ」ようとしています。縄文と弥生をはさんで存在した古代海民。彼らは日本列島(あるいは大陸沿岸)を北から南へ行き来して交易などに従事しました。海民はまた「非モノカルチャー」の文化を継承していて、そのことも本書で強調されるところです。

「海民とは、弥生文化という新たな時代状況のもとで、各地に偏在する高度な縄文伝統の漁猟文化を導入しながら、列島全体で専業的な海洋適応の暮らしを構築していった海辺の人びと」と著者は定義したうえで、日本各地にのこる海民由来の縄文文化のあとをみていきます。とくに北海道にのこしたと思われる海民の足跡を遺跡からみていく流れは著者の面目躍如といったところです。ここからうかがえるのは、グローバルな交易を行った「海民という縄文性を帯びた人びとのネットワーク」があったということです。個人的には出雲弁と東北北部の方言との近縁性に、海民かどう関わったのかに興味があります。

また、アイヌと古代海民とに共通する伝説をとりあげます。それは「海の神が山頂の女神のもとへ往還する物語」であり、海辺にある洞窟が他界への入り口となり、出口である山頂が他界的な場であったという構造をもちます。単純化したものではあるものの、縄文的世界観とは、このような二元的な世界をベースにもっていたようです。ここでいう海民の伝説とは、例えば各地の『風土記』や『古事記』に記された海辺の人びとのものと思われる神話的物語から読みとったものです。

本書では、はっきりと縄文の思想がみえるわけではなく、その輪郭がおぼろげにうかぶだけです。海民と占いのことや、縄文性をのこした人の呪能や性能を王権がとりこんでいったことや、まれびとのことや、アイヌの交易にみる贈与など幅広くみていくので、かなり射程が広く懐も深そうなので、思想として剔出するには骨の折れそうな印象です。ひとまず古代海民からつづく縄文性を身に帯びた人びとは、縄文の思想によって彼らの生活を律していたといえそうです。その思想とは「自由・自治・平和・平等に彩られていた」ようで、そのなかでも平等は「才能と野心をもつ若者を排除して」成り立つものであり、だからこそ外部(モノカルチャーとしての農耕民)からは「剥き出しの欲望・暴力」とみえたようです。しかしそこからは何か生き生きとした世界が垣間見えるかもしれないというのは魅力的です。まだ端緒についたかんじの「縄文の思想」素描ですが、ここから(現代人が)何を読みとるかは個人の自由でしょう。

本書は怖い本というわけではないですが、興味深い本ではあるので、そういった意味ではおススメです。

(成城比丘太郎)


-★★★☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

蔵書一代(紀田順一郎/松籟社)

「なぜ蔵書は増え、そして散逸するのか」という副題 いつのまにか集まってしまう、それが蔵書 蔵書が散逸するのは、日本の文化レベルの低下のせいか おススメ度:★★★☆☆ 2018年明けましたが、とくになん …

空吹く風・暗黒天使と小悪魔・愛と憎しみの傷に(田中英光/講談社文芸文庫) ~作品解説と感想

「田中英光デカダン作品集」という副題。 すさまじい生活の有り様。 まさに、無頼派中の無頼派。 おススメ度:★★★☆☆ 田中英光は、太宰治に師事したことでよく知られています。私は太宰関連をよく読んでいた …

ジーキル博士とハイド氏(スティーヴンスン[著]・村上博基[訳]/光文社古典新訳文庫) ~概略と感想、ネタバレあり

超有名な架空の人物。 何も知らずに読むと、ミステリーとして読めます。 怖いというより、暗い感じの悲劇。 おススメ度:★★★☆☆ 「ジキル(ジーキル)とハイド」は、その名前だけはベストセラーの域にあるほ …

怒る技術(中島義道/PHP研究所・角川文庫)

中島流「怒る(いかる)」技術の伝授。 怒り方の倫理学ともいえる。 不必要に怒ると、怖いことになる。 おススメ度:★★★☆☆ 怒る(おこる)人を客観的に見ると、怖いものがあります。誰かを恫喝するかのよう …

絶滅危惧の地味な虫たち(小松貴/ちくま新書)

失われゆく自然と虫たち 虫探索のために全国を飛び回る著者の熱意 少しは虫が好きになるかも おススメ度:★★★☆☆ 【はじめに】 先日、図書館から『目からウロコの自然観察』(唐沢孝一/中公新書(Ama) …

アーカイブ