★★★☆☆

翳りゆく夏(赤井三尋/講談社) ~概要と感想、おススメ点など

投稿日:2017年5月10日 更新日:

  • 20年前の誘拐事件の謎を追う
  • 錯綜する人間関係をスピーディに
  • 意外性と引き替えに、ラストにも疑問も
  • おススメ度:★★★✩✩

(あらすじ)「誘拐犯の娘が新聞社の記者に内定」という「事件」をきっかけに、20年前の誘拐事件が再び動き出す。社命を受けたのは、今や閑職に追いやられた元敏腕記者・梶。犯人はなぜ、両親ではなく、病院をターゲットにしたのか。誘拐犯を父に持つ朝倉比呂子の運命は?

という非常に手堅いストーリーラインと、その期待を裏切らない地に足のついた展開をするドラマ。独特のリズムがあるが、重すぎず軽すぎない文体で、徐々に真実に近づいていく。他のミステリと比べて特段派手というわけではないが、読み進むには十分に興味深い事実が少しずつ明かされる。

登場人物全体にリアリティがあるのもプラス点。特に千代という武藤家のお手伝いさんがいい味を出している。彼女と比呂子が出会うシーンはある意味この小説を象徴している光景だといってもいいだろう。

ここまで上げ調子で書いてきたが、この小説の難しいところは、やはりその「堅実さ」と「リアリティ」にある。両方とももちろん、誉め言葉なのだが、すでに無数の先達の作品があふれかえる現代、その二つが「没個性」を呼び、他の作品に埋没させる要因となっている。

しかし、派手でトリッキーな作品があふれる現在、却って「安心して楽しめる」特異な存在と言えるかもしれないだろう。この辺、評価が難しいのだが、俗な言い方が、いわゆる良くできた「二時間ドラマ」を期待されるのであれば、十分に期待に応える一冊だろう。

(きうら)

翳りゆく夏【電子書籍】[ 赤井三尋 ]

-★★★☆☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

恐怖箱 厭鬼 恐怖箱シリーズ (つくね乱蔵/竹書房文庫)

厭な後味がテーマの実録系怪談集 幽霊・呪いなどがバンバン登場する直球怪談 オチが割と明確なので、小説的な楽しみ方もできる おススメ度:★★★☆☆ 連続で当ブログを閲覧されている方には久々のジャンルとな …

東京震災記(田山花袋/河出文庫)

花袋の目で見て、肌で感じた震災の模様。 様々な人たちの体験談を聴く花袋。 ルポでありながら小説でもある。 おススメ度:★★★☆☆ 宮崎駿監督作品『風立ちぬ』の序盤で一番印象的なのは、関東大震災の描写で …

瞬殺怪談 業(複数著者/竹書房)~短すぎて紹介がネタバレに

現代怪談のショートショート 短いものは一行のものも まあ、いつものやつです おススメ度:★★★☆☆ 夏といえば怪談、などと月並みはことは言わないが、毎度毎度懲りずに怪談集を探してきたので、ご紹介したい …

古井由吉「木曜日に」を読む

円陣を組む女たち(古井由吉/中公文庫) 古井由吉の処女作「木曜日に」を読んでみる。 はじめの頃から「古井由吉」は「古井由吉」だった。 分明と不分明をかきわけながら確かめる存在のありどころ。 おススメ度 …

覘き小平次 (京極夏彦/角川文庫) ~あらすじとおススメ度、ネタバレなし

「嗤う伊右衛門」に続く古典怪談の京極風リメイク インパクトはないが、ダメな主人公を魅力たっぷりに描く 残酷描写は軽めで読みやすい おススメ度:★★★☆☆ 四谷怪談を再構築した「嗤う伊右衛門」に続いて、 …

アーカイブ