★★☆☆☆

自殺について 他四篇 (ショウペンハウエル/岩波文庫)

投稿日:2017年5月20日 更新日:

  • 短い自殺への考察
  • 論調は自殺の賛美
  • 特に深い示唆はない
  • おススメ度:★★✩✩✩

ショウペンハウエル(アルトゥル・ショーペンハウアー)は、Wikipediaの受け売りで書くと、ドイツの哲学者。仏教精神そのものといえる思想と、インド哲学の精髄を明晰に語り尽くした思想家であり、その哲学は多くの哲学者、芸術家、作家に重要な影響を与え、生の哲学、実存主義の先駆と見ることもできる(Wiki)

自殺に関する論稿5篇を収める短編論文集。人生とは「裏切られた希望、挫折させられた目論見、それと気づいたときにはもう遅すぎる過ちの連続にほかならない」など、冷めた洞察を分かりやすい言葉で説明されている。

表題作だけに限れば、自殺が不当に貶められているというような趣旨が述べられており、あたかも自殺を賛美しているように見える。最後の最後に、こんな皮肉めいた言葉を引いている。

自殺はまた一種の実験(中略)しかしこの実験は手際が悪い、ーー何故というに、肝心の解答を聞き問るべきはずの意思の同一性を、この実験は殺してしまうのだから

私自身も死の影が過ぎることはよくあるが、やはり諸々の関係性がそれを押しとどめる。例えば、一週間前は、不眠の為に二週間まともに眠れず、それが原因で消化不良を起こし食事がとれず、不眠を原因とする目眩が激しく、かつ想像を絶する倦怠感が覆っていた。おまけに蕁麻疹を発症し、たまに寝付けても悪夢しか見ない。故郷の川を眺めつつ、身を投じれば「何もかも解決する」と、思わないでもなかった。

ところが、私の祖母の末期の言葉を聞いてそれは止めた。もう13年も経つが、当時痴呆が入り、施設に入所していた祖母が、レナードの朝のように、時折正気に戻り、こんなことを母に言ったらしい。

このような生き恥をさらすぐらいならいっそ死んでしまったほうがマシだと心から思う。しかし、それはだめだ。私が自殺することによって子孫に多大な迷惑がかかる。自殺者を家系から出すことは、その子孫に祟るからだ。だから、天寿を全うするまで、どんなにつらくても生きることにする。

私も幸か不幸か子孫を残してしまった。彼らに「死の呪い」をかけることはできない。

考えてみれば、死ぬくらいなら適当に生きればいいのである。今のモットーはこうだ。

1.生きる

2.目一杯やらない

3.目の前の課題に淡々と答える。

それでも幸せとは程遠いが、まあ、死ななくてよかった程度の感慨はある。くれぐれもこの本に感化されないように。

(きうら)


自殺について改版 [ アルトゥル・ショーペンハウアー ]

-★★☆☆☆
-,

執筆者:

関連記事

空飛ぶタイヤ(上)(池井戸潤/講談社文庫)

きわめて真っ当な企業小説 本当に予想通りの展開 随所にいい台詞もあるが・・・・・・ オススメ度:★★☆☆☆(上巻のみの評価) 発刊当初からそのインパクトのあるタイトルからすごく気になっていた一冊。この …

ブラッドハーレーの馬車(沙村広明/太田出版)

少女趣味と人体欠損要素あり 全体的に鬱展開で救いがない 絵は作者特有の緻密な画風 おススメ度:★★☆☆☆【閲覧注意】 とある資産家のブラッドハレー家では「慈善事業」と称して、孤児院から少女を選び、養女 …

ファントム・ピークス(北林一光/角川文庫)~ネタバレなしのモヤモヤする感想

山で起こる謎の失踪事件を追う 可もなく不可もない文章 オチにはちょっとがっかり おススメ度:★★☆☆☆ 困った。ジャンル分けや詳しい感想を書くと、ネタバレに直結するという本なので、非常に扱いづらい。し …

エス(鈴木光司/角川ホラー文庫) 【ネタバレ全開】

「貞子」にまつわるアナザーストーリー 粗が多すぎて最後は本を投げたくなる 怖くはありません。 オススメ度:★★☆☆☆ 作者が鈴木光司で、本の裏に次のようなあおりがある以上、リングの関連書であるのは分か …

実録怪異録 死に姓の陸 (西浦和也/竹書房ホラー文庫)

実話短編怪談集。メインタイトルは連作 堂に入った語り口で安定して読める 実話だと思うが、霊現象そのものには「?」 おススメ度:★★☆☆☆ こういうサイトを運営していると時々読みたくなる実話怪談シリーズ …

アーカイブ