★★★★☆

谷崎潤一郎マゾヒズム小説集(谷崎潤一郎/集英社文庫)

投稿日:2017年10月22日 更新日:

  • 谷崎のモチーフにあふれた短篇集。
  • 同工異曲のきらいもありますが。
  • 驕慢な女性に虐げられたい、そのためには女性を調教・訓育しなければ(使命感)。
  • おススメ度:★★★★☆

『少年』……「私」はある日学校で、いつも弱々しい「信一」から(彼の家で行われるという)祭りに誘われます。豪邸に住む信一の姿は普段のものとはちがっていました。家での遊びで、信一が「がき大将の荒くれ男」の「仙吉」を足蹴にしているのを見て、快感を覚えたりする「私」は、とうとう信一の遊びに蹂躙され愉快さを感ずるまでになります。そこへ信一の姉「光子」も加わり、遊びは遊びの域を越えたものとなります。子供たちのうぶでいながらおそろしい乱交に似たやりとりが繰りひろげられます。そして「私」は夢のような世界の中に新たな恍惚の闇を知るのですが…。少年期の甘酸っぱさを感じさせるところがありつつも、なんだか子供たちのおそろしき姿も。

『幇間』……太鼓持ちになった「三平」の話。誰からも下に見られることによって(人々に)歓楽を提供する三平。彼は「自分の女」が友達に寝取られても結果的に喜ぶ始末です。人生そのものが太鼓持ちのような三平です。

『麒麟』……衛の君主である霊公と、美しい妃の「南子夫人」のもとにやって来た孔子とその弟子一行。孔子の聖人ぶりに感じ入った霊公は、生活を孔子とともにするようになります。それに対抗しようとする南子夫人。はたして、両者のいずれかが霊公を取りこめるのでしょうか。

『魔術師』……どことも知れぬ国にある公園で出会った魔術師の話です。二人連れの男女が、ある国の賑わうある公園に近付くと、あらん限りの狂態をつくそうとする人々の姿を目にします。公園には絢爛たる「サアカス」のイルミネーションなどが輝き、まったく殷賑を極めた感を文章より受けます。二人はやがてさびしげな街区の果てにある魔術師の小屋に到ります。中性的な魔術師のあやしげな業に魅入られる観客たち。その二人の運命はどうなるのでしょうか。「夢を夢(ゆめみ)る」中のような一品。ぜひともアニメーションにでもしてもらいたい一編ですね。

その他の二編は、「混血児」である「ディック」が語る、一人の「露西亜の女」をめぐり、関東大震災時に起きた出来事を描いた『一と房の髪』と、英国での事件を日本国内に引きうつして、谷崎のマゾヒズム論をも語った『日本に於けるクリップン事件』の二つです。

抗いがたい魔力に組みふせられる人々が中心の話です。今読むとさすがに古くさくはありますが、文章にはあやしげな美しさもあり、かつ上品さも感じられて、ちょっと味わうのに良い一冊です。谷崎が書きたかったマゾヒズムの一端が垣間見られるでしょう。

(成城比丘太郎)



谷崎潤一郎マゾヒズム小説集 (集英社文庫) [ 谷崎潤一郎 ]

-★★★★☆
-,

執筆者:

関連記事

2666(ロベルト・ボラーニョ/白水社)

850ページを超える分量。しかも二段組。 謎の作家をめぐる、重層的なストーリー。 読書に辛抱強い人向けの本。 おススメ度:★★★★☆ (はじめに)チリ出身の作家ロベルト・ボラーニョの遺作である本書は、 …

スタンド・バイ・ミー―恐怖の四季 秋冬編(スティーブン・キング/新潮文庫) ~表題作レビュー

少年たちの冒険と挫折と矜持と 純粋な青春ものなのにホラーに思える キングの半自伝作でキング節炸裂 おススメ度:★★★★☆ 私ごとで申し訳ないが、先日、夜中の2時に猛烈な喉の痛みと渇きで目が覚めた。もと …

続巷説百物語(京極夏彦/角川文庫) ~(紹介・前編)、あらましと軽いネタバレ

江戸を舞台に怪しい面々が危ない「仕事」を行う 6つの短編集……というより分量的には中編集 前作と合わせて、一応の完結をみる おススメ度:★★★★☆ 前作(巷説百物語)をつい先日紹介したのだが、そのまま …

塔の中の部屋(E・F・ベンスン〔著〕、中野善夫・圷香織・山田蘭・金子浩〔訳〕/ナイトランド叢書)

超自然現象を、結構冷静な目線で。 オモシロ怖い怪談を含むホラー短編集。 何かを感じるということについて。 おススメ度:★★★★☆ E・F・ベンスンは、「イギリス怪奇小説の名匠」ということで、丁度100 …

むずかしい愛(カルヴィーノ/岩波文庫)

12のスナップ写真のやうな作品群。 人生や人間関係の難しさを教えてくれる、生活の中に潜むちょっとしたおかしさ、かなしさ、こわさ。 ホラー小説の要素はありません。 おススメ度:★★★★✩ 二十世紀イタリ …

アーカイブ