★★★☆☆

鏡の前のチェス盤(ボンテンペッリ[著]・橋本勝雄[訳]/光文社古典新訳文庫)~あらすじと感想、軽いネタばれ

投稿日:2017年9月15日 更新日:

  • 全年齢向けの「異世界ファンタジー」。
  • 鏡の中に入りこんだ「ぼく」が出会う不思議なものたち。
  • 漫画的なイラスト付きで、子供でも楽しめる。
  • おススメ度:★★★☆☆

本書は、イタリアの作家ボンテンペッリの幻想小説です。イタリアの作家というと、本サイトでも取り上げたカルヴィーノ(まっぷたつの子爵/むずかしい愛)もそうですが、なかなか個性的な人が多い印象です。機会があれば、まだ読んだことのない作家もいるので、色々取り上げたいなぁと思います。

本書のあらすじは非常に簡単です。しかも短い内容なので、すぐに読めるかもしれません。しかし、内容は何度もの鑑賞に堪えうるものかともいます。まず、語り手の「ぼく」が、十歳の頃に鏡のある部屋に閉じ込められたところから話がはじまります。その鏡の前に置いてあったのはチェス盤です。鏡に映ったチェスの駒が「ぼく」に話しかけ、「ぼく」は「白の王」に導かれて鏡の中に入りこみます。この王は、チェスの駒こそ、人間より古い存在だと言います。

導かれて入った鏡の世界には、王の他の駒がいました。王が言うには、鏡に映った世界の奥にも(現実のものとは違った)世界が広がっており、一度でも鏡に映った人がそこに居るのだそうです。そこには駒たちの他に、若い頃の「ぼく」のお婆さんや、家に侵入した泥棒など色んな人たちがいたのです。しかし、彼らはその世界に映った時のままで、未来もないしすることもなくただ存在するだけのものです。ここから何か戯画化された人間の姿を読み取ることもできるでしょう。「ぼく」はこの世界の虚しい暮らしを思うとゾッとするのです。

世界の住人たちがダンスをしたり、取っ組み合いを始めたりするのをよそに、「ぼく」は一人で探検に出ますが、広がっている世界は平面で単調なもので、どこか抽象的でもあります。そんな殺風景な世界を歩くうち、「ぼく」は、籐(とう/ラタン)でできたマネキンに出会い、そいつからまた新たな世界の事実を聞きます。マネキンこそが、人間の理想像だということに関する話だったのです。その後、「ぼく」が、マネキンのもとを去り、どのようにして鏡の世界から脱出したかが描かれます。

この作品は一見児童向けかと思われるかも知れませんが、『不思議の国のアリス(Wiki)』がそうであるように、大人でも楽しめます。鏡の中がどうなっているかという想像をふくらまして創りあげた作品と捉えることもできるかもしれません。ところで、鏡という左右が別に映る性質はどうなるのでしょうか。やはり(?)、映ったその姿ではなく、自分の身体そのものが入りこむから左右別にならないのでしょうか。まあそれはいいとして、人間は完全には左右対称ではないので、だからこそマネキンが理想の(イデア的)人間像となるのも道理ということになるのでしょうか。また、ラストから推測すると、夢の中の出来事と捉えることもできるかもしれません(世界把握の手掛かりのなさなど)。それと、鏡の世界にシニカルさも感じるなどの他、色々な読解の余地がありそうで面白いです。

(追記)本書がイタリアで刊行されたのが丁度「ムッソリーニのファシズム政権が成立」した時のようですが、それがこの作品(誕生)に何か影響があったのでしょうか。今回は「~でしょうか」ばかりで申し訳ないです。

(成城比丘太郎)



(楽天ブックス)

-★★★☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

幻視(米山公啓/角川ホラー文庫)

比較的スリリングな医療系ホラー テンポが速くて読みやすい 落ちはちょっと おススメ度:★★★☆☆ (あらすじ)ライブ会場でいきなり頭から血が噴き出してロックシンガーが死亡した。同時期、同様の症状で死亡 …

幽霊たち(ポール・オースター/新潮文庫) ~中程度のネタバレ注意

新米探偵への奇妙な依頼 抽象的であり、具体的でもある不思議な世界 意図が分かるようなそうでないような…… おススメ度:★★★☆☆ このサイトで、このタイトルから直球ホラーを期待された方には申し訳ないが …

ヒロシマの人々の物語(ジョルジュ・バタイユ[著]・酒井健[訳]/景文館書店)~概要と感想

バタイユの「ヒロシマ」論。 ナガサキにも通じるものがある。 後半はバタイユの思想についてさかれている。 おススメ度:★★★☆☆ 本書は、バタイユが、ハーシーのルポルタージュ『ヒロシマ』(1946年)を …

6時間後に君は死ぬ(高野和明/講談社文庫) ~あらすじとそれに関する軽いネタバレ

未来予知ができる青年が関わる短編連作 落ちは読めるが面白い ただ、少々わきが甘い気もする おススメ度:★★★✩✩ 高野氏の著作は結構読んでいるが、失礼ながら当たり外れが激しい方で、外れると手に追えない …

苦役列車(西村賢太/新潮文庫)

赤裸々で陰鬱な青春物語 タイトルほど仕事が苦役でない 寧ろ「生まれ」についての苦悩 私はかねてより、労働の本質を描くと絶対ホラーになるのではないかという意見を持っており、それがこの本を選んだ理由だ。奇 …

アーカイブ