★★☆☆☆

首都消失 (小松左京/ハルキ文庫)  ~概要と感想、かなりのネタバレ

投稿日:2017年5月22日 更新日:

  • タイトルが全てのがっかりSF小説
  • 首都は消失する、するが……
  • 読みたいテーマと微妙に違う
  • おススメ度:★★✩✩✩

(あらまし)首都圏に突如発生する正体不明の異変。都心を半径30㎞、高さ1000mにもなる巨大な雲が覆ってしまった。都心とは完全に通信や交通が遮断されてしまう。閉じ込められた人々の運命はどうなるのか。この異常事態に政府はどのような対応をするのか。第6回(1985年) 日本SF大賞受賞のディザスター小説。

はっきり言ってこの本を読むことはおススメしない。迂遠な表現をすると、痒い所に全く手が届かないまま小説が終わるからだ。分かりにくいのでネタバレ覚悟ではっきり書く。これから読もうと思う人は間にCMを挟むので、そのまま読み飛ばしてほしい。この小説の欠点は……


雲の正体が最後まで分からないことだ!

何なんだこのラストは。人がせっかく期待して長編小説に付き合ったのに「雲の中は謎に包まれているのであった」みたいな終わり方をするのは、ずるい。同じような設定のスティーブン・キングの「ミスト(闇の展覧会 霧 (Ama))」はちゃんと霧の説明と、霧が晴れた後の説明を明確に示している(それがいいかどうかはまた別の話)。こんなモヤモヤしたラストは、そうないと言っても過言ではない。

多方面で評価の高い小松左京氏だが、この作品を見る限り、はっきり言って私は全く評価していない。思わせぶりな描写ばかり重ねて、話の中心から逃げているように思える。もちろん、描きたかったのは謎の雲の正体ではなく、それに右往左往する社会と人間の群像だったのだろう。それはわかる。でも、文学作品じゃないんだから、ちゃんと落としてもらわないと読み手は大変困る。何を面白がっていいのかよくわからないのだ。

どうせ謎のまま終わらせるなら、いっそ霧は晴れず、どんどん広がっていくほうがまだ面白い。解決の糸口だけつかんだような状態で終わるのは、汚い言葉いえば無意味な美人局そのもの。この娼窟には、怖いお兄さんは出てこないが、美しいお姉さんもいない。誰もいない。

結局、お話も結論もこの小説の面白さも「霧の中」のまま。SF好きの方がいれば、後学のためにお勧めするくらいの作品だ。

(きうら)


首都消失(上)


首都消失(下)

-★★☆☆☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

日本〔論〕についての会話

死者と先祖の話 (山折哲雄/角川選書) 日本論(石川九楊/講談社選書メチエ) 日本と日本文化を規定するものとは 宗教観と日本語から見る日本論 どちらも中途半端なかんじです おススメ度:★★☆☆☆ 【登 …

世界の中心で、愛をさけぶ(片山恭一/小学館文庫) ~ベストセラーを読む

シンプルなラブストーリー 恐ろしく早く読める なぜ売れたのか、一応分析してみる おススメ度:★★☆☆☆ 久しぶりの「ベストセラーを読む」はずいぶん古い。2001年に発刊され、2003年に一気に売れたと …

狐火の家 (貴志祐介/角川文庫) ~簡単なあらすじの紹介と感想

作者の前作「硝子のハンマー」に続く短編集 前作を読んでいることが前提なので注意。 作者の持ち味と作品のテーマがずれている気がする おススメ度:★★☆☆☆ 前作・密室の謎を解く正統派ミステリー「硝子のハ …

鬼(高橋克彦/ハルキ・ホラー文庫)

陰陽師を扱った連作短編集 平安時代の怪奇事件簿という趣(おもむき) 地味と言うか渋いというか…… おススメ度:★★☆☆☆ (あらすじ・紹介文より)平安の都で起こる怪事件の影で跋扈する道鏡、菅原道真らの …

星の王子さま(サン=テグジュペリ[作]・内藤濯[訳]/岩波文庫) ~ベストセラーを読む(3)、紹介と感想

「岩波文庫版」としての評価です。 作者のキャッチ―なイラストが効果的。 王子がいろんな人(動物・もの)に出会っていくという流れ。 おススメ度:★★☆☆☆ 「ベストセラーを読む」第三弾は、言わずと知れた …

アーカイブ