★★★★☆

魔法使いの弟子(ロード・ダンセイニ[著]・荒俣宏[訳]/ちくま文庫) ~あらましと感想、軽いネタばれ

投稿日:

  • 現代ファンタジーの原点。
  • デュカスの交響詩『魔法使いの弟子』とは、全く関係なし。
  • 魔法使いから影を取り戻す、ラブロマンスともいえる。
  • おススメ度:★★★★☆

(導入説明)<塔の岩森>の若者「ラモン・アロンソ」は、彼の城の財政難をたすけるため、森に棲む魔法使いのもとへ向かいます。魔法使いと彼の祖父とはある約束を交わしていました。彼はその約束を果たすために、詳しくいうと錬金術を教えてもらうために、森へと赴いたのですが……。

もう10年以上前に、河出文庫からダンセイニの作品集が立て続けに出版されて、そのうち本書なども文庫化(再々文庫化)されるだろうと思っている間に、10年以上経っても(どこからも)出版される気配もなく、読む機会を逸して、仕方なく今回の紹介のために古本を取り出しました。ここまでくると、もう文庫の新刊では出ないだろうなぁ。

さて、ダンセイニというと、トールキンやラヴクラフトや稲垣足穂などなどに影響を与えて、『夢見る人の物語 (河出文庫/Ama)』の文庫帯には、「『指輪物語』も『ゲド戦記』もここから生まれた」とあります(ちょっと大げさか)。ラヴクラフトには、ダンセイニ風の作品もあります。しかし、言語学者のトールキンは、ダンセイニの(思いつきな)名前の選び方に批判的だったようですが(『時と神々の物語』「訳者あとがき」)、私は『ペガーナの神々』に出てくる様々な名前の響きには、不可思議さを感じて好きです。

訳者の荒俣宏は、本書のことを「これを読まずしてファンタジーは語れない」(『別世界通信』)と紹介していますが、実際に読んだみたところ、確かにファンタジーを専門的に語ろうとする際には読んでいなければいけないでしょうが、普通の(現代の)ファンタジー好きは、別に読んでいなくてもいいんじゃないかというのが率直な感想です。とはいえ、面白くないわけではなく、現代の映画ファンが昔の映画を観るような感じで、昔のファンタジーとして楽しめます。私としては、ダンセイニの他の幻想作品の方が、不思議で奇想な感覚を味わえます。

この本の原題は、「The Charwoman’s
Shadow(掃除女の影)」というもので、「影」が重要なファクターです。魔法使いが集めているのも人の影で、それらを空の遥か先の世界への連絡役として使ったりしているのですが、そもそもこの魔法使いは「邪悪」なものというより、自らが追究することと、その意志に忠実であるという感じです。それに巻きこまれた人たちは不幸なのですが。この影をめぐる物語は、シャミッソーの『影をなくした男』を思いださせます。また、『ゲド戦記』の「影との戦い」にどれだけ影響を与えたか分かりませんが、『ゲド戦記』のような影のおそろしさはそれほど感じません。

魔法使いのある呪いを打ち破るのが、神父であるのというのが、興味深いところです。魔法使いと、その弟子である「ラモン」の駆け引きもさることながら、城に住むラモンの妹の縁談話と、ラモン自身のロマンスと、美しい光景の描写と、これらも読みどころです。

(成城比丘太郎)


-★★★★☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

オイディプス王(ソポクレス、河合祥一郎[訳]/光文社古典新訳文庫) ~ネタバレありのあらすじ・印象・感想

世界で一番有名なギリシャ悲劇。 オイディプス王自らが背負った運命とは。 ラストに向けて階段をあがるように衝撃が迫る。 おススメ度:★★★★☆ 『オイディプス王』は、おそらく世界で最も有名な演劇です。な …

2666(ロベルト・ボラーニョ/白水社)

850ページを超える分量。しかも二段組。 謎の作家をめぐる、重層的なストーリー。 読書に辛抱強い人向けの本。 おススメ度:★★★★☆ (はじめに)チリ出身の作家ロベルト・ボラーニョの遺作である本書は、 …

献灯使(多和田葉子/講談社)

読後感に何も残らない。 ディストピア風だが、ちゃちな感じしかしない。 なぜこんなものを著したのだろうか。 おススメ度:★★☆☆☆ (あらすじ)何らかの「災厄」に見舞われた後、鎖国状態の日本で、死を奪わ …

黒い森の記憶(赤川次郎/角川ホラー文庫)

田舎に隠棲した元医者と少女連続殺人事件 老人の謎めいた過去と行動 ミステリよりもサイコホラーっぽい おススメ度:★★★★☆ 時代は昭和50年前後。元医者の老人は、娘婿夫婦に病院を任せ、田舎に質素なコテ …

洞爺丸はなぜ沈んだか(上前淳一郎/文春文庫) ~あらましと感想、阪神淡路大震災の記憶

日本史上最大の海難事故の記録 冷静で客体化された文章 極限状態での人間の本性を垣間見る おススメ度:★★★★☆ (あらまし)洞爺丸の事故(wiki)と言えば、昭和29年(1954年)に起こった死者・行 …

アーカイブ