★★★☆☆

<ひとり死>時代のお葬式とお墓(小谷みどり/岩波新書)

投稿日:

  • 葬式のありようが変わる。
  • お墓(埋葬)の多様化。
  • <ひとり死>の弔いをどうするのか。
  • おススメ度:★★★☆☆

<死>のことを、まず、自分が死んだらどうなるのかという実存的な問題として考えたことのある人も多いでしょう。幼少期に死の観念が身につくとともに、自分が死んだら一体どうなるのか、どこへいくのかという、切迫した問題として捉える人もいたことでしょう。しかし、長ずるにつれて、そんな哲学的な問題は忘却の淵に沈められて、死者を弔うということ、つまり簡単に言うと葬式や埋葬のことと、その後の供養の事がまず念頭に浮かぶようになります。<死>を直に経験するのは、自分である個人のはずなのですが、そういう考えは脇に置かれて、<死>は別の意味の《死》となって、人々に死者の葬送儀礼という社会的宗教的な次元を要請するようになります。

昔なら、《死》の処置、つまり死者(遺体)の扱いから弔いまで、親族や自治的組織が共同で担ってきたことが多かったでしょうが、現在では、個人単位でも考えなければならなくなっています。これは、社会紐帯の弱化(無化)があるとともに、平均余命の上昇などによる部分もあります。そこから、どういった最期を迎えるのかということを自分で考えるという「終活」の余地が出てくるのでしょう。自らに(ある程度)頼れる身内や友人などがいるかどうか、経済的に余裕があるかどうかで、この「終活」の内容は大きく変わってきます。

ありていに言うと、この余裕がなければないほど、「つながり」のない最期になるということです。「死んでいく人」に対して「見送る残される人」や「故人を大切に思う人(あるいは故人を共同的に弔う場-引用者)」が全くいなければ、著者が言う「お葬式やお墓の無形化」がさらに先鋭化するでしょう。葬祭は宗教的儀式にも関することであるので、もし<自分は無宗教だし、縁者は誰もいないし、誰にも弔われたくない>、という人がいるなら、著者が「つながり」を強調しようが、どうしようもないでしょう。結局最後は、即物的ですが、遺体と遺骨の処置をどうするかという問題が残るだけでしょう。しかし、そんな極端な人はそういないと思うので、何らかの形で《死》は身近なものだと考えておいた方が良いということです。

本書の内容(とくに葬式と埋葬について)は、よくある類書と比べてもそれほど違いはないと思います。日本社会のありようの変化に伴って、葬式と埋葬とその後の弔いがどう変化してきて、現在ではどうなっているのかが簡単に書かれています。『未来の年表』という本では、東京の火葬場が足りなくなるという危機が煽られていましたが、本書によると、「人気のある時間帯がとりづらい」という現況であって、近い将来に火葬場が足りなくなるとは書かれていませんでした。それと、大都市圏では、一基あたりのお墓の面積が地方のものに比べて小さいので、金銭面で安くなっているものもあるようです。

海外での現状紹介も面白いです。台湾や東南アジアでの葬儀・お墓がどうなっているかとか、スウェーデンで「葬式税」が徴収されているとか。この「葬式税」は日本でも導入できそうですが、日本ではどうなんでしょうか(無縁者が増えればわかりませんが)。とはいえ、どんどん葬式が「簡素化」する現在では、そんな税金はいらないでしょうねぇ。

いつかやってくる、すぐにやってくるかもしれない《死》について、考えてみても良いのではないでしょうか。ちなみに、私は、両親の実家にある墓をこれからどうするか(その地での弔いを継続するのか、お墓を移動せざるを得なくなるのか、それとも放置するのか……)を、これを読んで考えました。まだ結論は出そうにないですが。

(成城比丘太郎)


-★★★☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

暗い暗い森の中で(ルース・ウェア[著]・宇佐川晶子[訳]/ハヤカワ文庫) ~感想と軽いネタバレ

あるパーティーの夜に起こった事件。 一人の女性の視点から解かれていく謎。 人間関係(特に女性同士のもの)の怖さ。 おススメ度:★★★☆☆ ストーリーは、作家である「わたし」こと「ノーラ」のもとに、一通 …

深海のYrr〈上〉(フランク・シェッツィング(著)、北川和代(訳)/ハヤカワ文庫)~概略と軽いネタバレ感想

世界の海で起こる異常事態を描くSF海洋ディザスター系 謎のゴカイ、人を襲うクジラなど「海」が人を襲う 3分冊の第1冊目なので、全体のプロローグに過ぎない内容 おススメ度:★★★☆☆ 結構前に上巻と中巻 …

あくむ(井上夢人/集英社)※電子書籍版

悪夢をテーマにした短編集 興味深い設定で文章も読みやすい 話のオチには物足りなさを感じる おススメ度:★★★☆☆ 目が覚めると、全身が動かず、おまけに目も見えない。医者の説明によると、全身複雑骨折で、 …

ヴェトナム戦場の殺人 (デイヴィッド・K・ハーフォード(著)、松本 剛史(翻訳)/扶桑社ミステリー)

ヴェトナム戦争の米軍の内部犯罪物 実にまっとうなミステリ ヴェトナムへの掘り下げ度は浅い おススメ度:★★★☆☆ 霊能者や呪いに少々食傷気味な気分で、タイトルだけで選んだ一冊。ミステリは数あれど、ヴェ …

婚礼、葬礼、その他(津村記久子/文藝春秋) ~あらすじ、感想と、ドラマの感想。

披露宴と通夜とのブッキング。 面倒なことをどう乗り切るか。 簡単に読める。 おススメ度:★★★☆☆ 本書の紹介に入る前に、4/22で紹介した『この世にたやすい仕事はない』がテレビドラマ化されていたので …

アーカイブ